お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

Astell&Kern、ボディ素材に純度99.9%の銅を採用した「AK380 Copper」

2016/01/30 08:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アユートは1月29日、Astell&Kernブランドから、ボディ素材に銅を採用したハイレゾプレーヤー「Astell&Kern AK380 Copper」を発表した。発売は2月12日。想定税込価格は54万9980円で、数量限定で販売する。

「Astell&Kern AK380 Copper」
「Astell&Kern AK380 Copper」

 AK380は、Astell&Kernが展開するハイレゾプレーヤーの最上位モデル。リニアPCM32bit/384kHz、DSD 11.2MHz/1bitのネイティブ再生機能を備える。旭化成エレクトロニクス製のDAC「VERITA AK4490」を、LR独立して1基ずつ搭載したデュアルDAC構成を採用する。

 ボディに採用された銅は、優れた導電性と比重を併せ持つ素材。純度99.9%のものを使用することで、外来ノイズを防ぐシールド効果、優れたバランスのサウンドを実現するとしている。

 ボディシャーシは、無垢の銅ブロックから1台あたり約4時間かけて切削しており、仕上げは職人が1つ1つ加工しているとのこと。4段階に渡るコーティング処理を施すことで、酸化を防止する。

 本体には256Gバイトのフラッシュメモリを備え、microSDカードスロットも装備。充電とデータ転送に対応するUSB microB端子のほか、出力端子は、イヤホン、光デジタル、バランス出力を備える。

 サイズは高さ112.4mm×幅79.8mm×奥行き17.9mmで、重量約350g。直販サイト「アキハバラe市場」のほか、家電量販店、オーディオ専門店などで販売する。

  • サイド

  • 背面プレートはカーボングレーとブルーのツートンカラー

  • パッケージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社