お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

ソニー、重低音を強化したBluetoothスピーカ--防水対応も

2016/01/27 15:44
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月27日、Bluetoothによるワイヤレス再生に対応したスピーカ2機種「SRS-XB3/XB2」(想定税別価格:1万8000円前後/1万3000円前後)を発表した。独自の高音質オーディオコーデック「LDAC」を備える。発売は2月13日。

左から「SRS-XB3/XB2」
左から「SRS-XB3/XB2」

 LDACは、一般的なBluetoothのオーディオコーデックであるSBCに比べ、約3倍となる990kbpsを実現する高音質オーディオコーデック。ワイヤレス環境においても高音質再生をサポートする。

 XB3は、48mmのフルレンジスピーカユニットとデュアルパッシブラジエータを搭載。強力なマグネットと軽量な振動板を採用したスピーカユニットは力強い低音と高い音圧を実現する。

 本体には8800mAh相当の大容量バッテリを備え、最大約24時間の使用が可能。USB経由でスマートフォンなどに充電ができる「おすそわけ充電」機能も搭載する。

 サイズは高さ80mm×幅211mm×奥行き83mmで、重量約930g。再生周波数帯域は60~2万Hzで、ハイレゾ再生には対応しない。ステレオミニ端子も備え、有線での接続も可能だ。

  • 「SRS-XB3」。ボディカラーはオレンジレッド、ブラック、ブルー

  • 上面に操作ボタンを集約。「EXTRA BASS」ボタンも備える

  • USBケーブル経由で、スマートフォンなどへの「おすそわけ充電」も

 XB2は、42mmのスピーカユニットとパッシブラジエータを搭載したエントリーモデル。ラウンドデザインを採用し、スピーカのアングルを上向きに変更することで、広がり感のある音を再現できる。

 サイズは高さ62mm×幅191mm×奥行き65mmで、重量約480g。リチウムイオン充電池を内蔵し、約4時間の充電で約12時間の再生が可能だ。

 両機種ともに、デジタルオーディオプレーヤーなどとオーディオケーブルで接続ができるステレオミニ端子を装備。IPX5相当の防水性能も備える。「Speaker Add」機能を使用すれば、もう1台のXB3/XB2と組み合わせて、ステレオ再生にも対応する。

  • 「SRS-XB2」。ボディカラーはオレンジレッド、ブルー、ブラック、カーキイエロー

  • ラウンドデザインを採用。XB3同様に操作ボタンは上面に集約

  • ステレオミニ端子を装備し、有線接続もできる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社