お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

パナソニック、BluetoothもMP3も高音質化するスリムコンポ

2016/01/19 18:33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月19日、約10cmのスリムボディを実現したシステムステレオ「SC-HC395/HC295」(想定税別価格:2万7000円前後/2万円前後を発表した。CD、ラジオ、スマートフォンの音楽などを1台で聴くことができる。発売は2月19日。


「SC-HC395」。ボディカラーはシルバー、ブラック、ホワイトの3色

「SC-HC295」。ボディカラーはレッド、ホワイトの2色

 SC-HC395/HC295は、スピーカとCD、チューナー、アンプ部が1つになったワンボディタイプ。CDのほか、ワイドFMに対応したFM/AMチューナ、Bluetoothによるスマートフォン内の音源のワイヤレス再生などができる。

 独自の「Bluetooth リ.マスター」により、送信時の信号圧縮で失われた高域信号を演算処理して補正することで、高音質で再生を追求。圧縮音源で失われた高域信号を演算処理して補正する「MP3 リ.マスター」も備え、より自然な高音質を再現する。

 上位機となるHC395には、高音域から可聴限界以下の超低音域までのジッターを最小にする「クロック再生成技術」を内蔵した高性能アンプを搭載し、臨場感あふれる音を再現。重低音をより効果的に再生する「XBS Master」も備える。

 サイズはHC395が高さ205mm×幅500mm×奥行き92mmで、重量約2.5kg、HC295が高さ197mm×幅400mm×奥行き107mmで、重量約1.9kgになる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社