お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

アレそっくり!?の携帯音楽プレーヤー DIGITAL COWBOY「DCT-SDMP3/U」

2006/04/13 19:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手持ちのSDカードを有効活用できる音楽プレイヤー

  • 製品のパッケージ。本体のほか、USBケーブルと電池、イヤホンが同梱される。

 DIGITAL COWBOYから発売されている「DCT-SDMP3/U」は、iPodをほうふつとさせるデザインとカラーリングの携帯音楽プレイヤーだ。新たに登場した「大陸志向」ブランドの第一弾製品という位置づけである。

 本体にメモリは内蔵されておらず、SDカードを挿して利用する。手元に余っているSDカードを転用してもよいし、昨今急激に価格が下落している大容量のSDカードを購入して使用するのもよい。ただし、本稿執筆時点では1GB以上のSDカードに対応していないため、事実上、512MBが最大容量ということになる。電源は単4電池を採用しており、電池1本あたり約8時間の再生が可能とされている。

  • 製品本体。iPodの液晶部分をばっさりカットしたかのようなデザインだ。

 製品を実際に手にとって感じるのは、何よりもその軽さだ。メーカーの公称値は26gとなっており、HDDタイプの携帯プレイヤーに慣れてしまった筆者からすると、まさに異次元の軽さだ。電池とSDカードを挿すと約50gになるとはいえ、圧倒的な軽さは変わらない。胸ポケットに入れていても、ほとんど存在を感じさせないのは大きなメリットだ。

直感的に分かりやすい操作体系。使い勝手は価格相応

 では、実際の使い方をざっと見ていこう。曲の転送は、USBケーブルでパソコンと直結して行う。転送ソフトは用意されておらず、エクスプローラ上でドラッグ&ドロップするだけだ。曲の置き場所はルートフォルダでなくても構わないので、アルバム単位で作成したフォルダごとコピーするとよいだろう。音楽ファイルのフォーマットはMP3とWMAにのみ対応する。

 再生機能は至ってシンプルで、再生/早送り/巻戻しのみ。再生順序は曲もしくはフォルダをコピーした順となり、シャッフル機能などは搭載されていない。イコライザーモードも装備されているが、液晶画面はないので、現在どのモードなのかは説明書を見ながら確認するしかない。

 ボタンの操作体系は、中央ボタンが電源/再生/一時停止、円形ボタンの左右が早送り/巻き戻しと、iPodとほぼ同じだ。クリックホイールではないため、音量の大小は円形ボタンの上下に割り当てられている。このあたりのインターフェースは直感的に分かりやすく、わざわざ説明書をダウンロードしなくても問題なく使い始められる。

 中央ボタンを数秒間押しっぱなしにすると電源が入り、SDカードスロット上部のLEDが青く点灯する。もう一度押すと曲の再生が開始され、LEDが点滅状態に変わる。ただ、ボタンの感度はあまりよくなく、カコッという音がするのに反応しないこともある。このあたりは価格相応といった印象だ。

 本製品には曲の「停止」という概念がなく、一時停止か、電源OFFかのいずれかで曲の再生がストップする。一時停止のまま約3分間放置しておくと電源がOFFになるのだが、本製品にはレジューム機能がないため、電源がOFFになると曲の再生位置やイコライザーの設定がすべて初期化され、次に電源を投入した際は再び1曲目に戻って再生がスタートする。この価格帯の製品に多くを望むのは酷だが、さすがにレジューム機能は欲しかった気がする。

  • サイズは56×59mmと、手のひらにすっぽり収まるサイズ。

  • 本家iPodと比較したところ。そっくりと見るか、だいぶ違うと見るかは人それぞれだろう。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社