お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

サイボウズ株式会社

ウェブベースのグループウエア製品を中心に、企業向けソフトウエアを提供。主力商品であるグループウエア「サイボウズ Office」シリーズは、国内2万社を超える企業に導入されている。現在は第二創業期に入り、グループウエア製品の提供だけでなく、新しいソフトウエアとインターネットサービスの提供に力を入れている。現在の事業内容は、(1)ビジネスソフト事業、(2)ビジネスポータル事業の2分野に大別される。ビジネスソフト事業においては企業向けのビジネスソフトウエアの開発とライセンス販売を行なう。グループウェアとしては200人規模までの情報共有に最適な「サイボウズOFFICE6」やポータル型グループウエア「サイボウズ ガルーン2」、グループワーク支援ソフトとしては「サイボウズ デジエ」「サイボウズ メールワイズ」がある。ビジネスポータル事業ではビジネスパーソンの情報収集を支援するポータルサイト「cybozu.net」、RSSフィードとソーシャル・タギングを利用したWeb2.0型ネットサービス「feedpath」などを運営し、インターネットのポータルサイトを通じて情報サービスを提供している。

関連記事

  • サイボウズ、副業として働く人を採用する「複業採用」開始

    サイボウズは1月17日、副業として働く人を募集する新しい採用方法「複業採用」を開始すると発表した。

    2017-01-18 17:33:00
  • 2017年のIT企業カレンダーまとめ--仕事で役立つ「便利」編

    CNET Japanでは、関係各社様からたくさんの2017年カレンダーをいただきました。そこで、いただいたカレンダーの中から、特にデザインや仕掛けがユニークだったものを編集部でセレクトして毎日紹介していきます。

    2016-12-30 08:00:00
  • 「kintone」を使った小学生向けワークショップ、ジョイゾーが開催

    (ZDNet Japan)kintoneを使った小学生向けのワークショップがサイボウズ本社で開催された。業務システムの開発基盤のイメージが強いkintoneだが、業務向けに用意された機能を子どもたちが自由に組み合わせるとどのようなアプリケーションができあがるのか、ワークショップの様子をレポートする。

    2016-09-05 15:25:00
  • 仕様書を用意しない「対面開発」のメリットと課題

    (ZDNet Japan)こんにちは。サイボウズの伊佐です。仕様書を用意せず、利用ユーザーを巻き込んで開発をすすめる「対面開発」の手法、本当にユーザーの満足を集めているのでしょうか。今回は対面開発によって社内の業務改革に挑まれている企業のお話を紹介しながら、その実態を追っていきたいと思います。

    2016-08-05 07:00:00
  • サイボウズ「kintone」がUI刷新、“仕様書のない”デザイン設計の裏側

    (ZDNet Japan)サイボウズは8月に「kintone」のアプリ作成画面のデザイン刷新を予定している。kintoneといえば、仕様書を用意せずにユーザーと開発者が一緒にシステムをつくる「対面開発」の基盤として認知度が高まっているが、kintoneそのもののUIも、“仕様書を用意しない”プロセスでデザイン設計がなされているという。

    2016-08-03 15:41:00
サイボウズ株式会社の関連記事一覧

プレスリリース

サイボウズ株式会社のプレスリリース一覧へ
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社