お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

インフォテリア株式会社

ンフォテリア株式会社は、1998年に日本で最初のXML専業ソフトウェア・メーカーとして設立されました。その後、2007年には東証マザーズに株式公開を果たし、現在では世界に向けた「つなぐ」ソフトウェア製品を開発・販売しています。

主力製品は、XML技術をベースとしてデータ連携を行うミドルウェア「ASTERIA」で、その導入社数は、現在2000社を超え、外資系および国内データ連携ソフト(※1) 市場において、シェアNo.1(※2) の実績を誇っています。
さらに、スマートフォンをはじめとしたスマートデバイスが仕事の現場で当たり前に使われる時代を予見し新たに展開している、スマートフォン用の企業向け情報配信・共有サービス「Handbook」は、多くの企業や学校で導入が進んでいます。

その他、クラウド時代の世界に向けた新たなサービスとして、スマートフォン専用カレンダー「SnapCal」を7ヶ国語で展開するなど、新分野へも意欲的に展開しています。

インフォテリアは創業時から目指している「ソフトウェアで世界をつなぐ」の実現のために、これからも挑戦を続けます。

※1:データ連携ソフト=EAI(Enterprise Application Integration)/ESB(Enterprise Service Bus)/BPM(Business Process Management)の合計

※2:富士キメラ総研「2008~2010 パッケージソリューション・マーケティング便覧」および「 ソフトウェアビジネス新市場 2011年版」

関連記事

  • IT企業の年頭所感(5)--クラウドコンピューティングに関する5つの予測

    (ZDNet Japan)ベリタステクノロジーズ、F5ネットワークス、クリックテック・ジャパン、インフォテリア、ブロックチェーン推進協会の年頭所感を紹介する。

    2017-01-13 11:29:00
  • インフォテリア、IoT活用モバイルクラウド基盤を発表

    (ZDNet Japan)インフォテリアは10月27日、IoTソフトウェア基盤事業の第1弾として、IoT機器の現場業務での活用を実現するモバイルクラウド基盤「Platio(プラティオ)」を2017年1月下旬から提供開始すると発表した。

    2016-11-04 16:50:00
  • ブロックチェーンの実用性--金融本番環境で実験

    (ZDNet Japan)インフォテリアとテックビューロは6月、ミャンマーのマイクロファイナンス機関「BC Finance」において同社の融資・貯金の基幹システムの勘定データをミドルウェア「ASTERIA WARP」を使い、PaaS「Microsoft Azure」上に配置したプライベートブロックチェーン「mijin」に移行する実証実験に成功したと発表。並行運用実験をこの8月まで実施していた。この実証実験を担当したインフォテリアの東京R&Dセンター長 田村 健氏に話を聞いた。

    2016-10-11 07:00:00
  • インフォテリアがブロックチェーンに注力する理由

    (ZDNet Japan)インフォテリアは4月28日、国産初となるプライベート・ブロックチェーン技術を有するテックビューロへの出資契約の締結を完了したと発表した。同社がなぜブロックチェーンに注力するのか。

    2016-05-11 07:00:00
  • インフォテリア、米データ接続ドライバ企業と提携--ASTERIA接続先が60以上増加

    (ZDNet Japan)インフォテリアは、異なるシステム同士をデータ連携させるソフト「ASTERIA WARP」の強化策として、CData Softwareと事業提携する。ASTERIA WARPから接続できるシステムが一気に60種類以上増える。

    2016-03-29 12:14:00
インフォテリア株式会社の関連記事一覧

関連製品

プレスリリース

インフォテリア株式会社のプレスリリース一覧へ

イベント情報

インフォテリア株式会社のイベント情報一覧へ

製品比較 from ZDNet Japan

インフォテリア株式会社 の製品比較一覧へ
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社