お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

RSSとWeb2.0

2005/05/20 10:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

渡辺聡

インターネット/IT分野で事業開発に携わる渡辺聡さんが、注目ニュースなどを題材に、そのニュースの背後にある本質的な変化とその先行きを、経済や社会との関わりの中で考えていきます。
ブログ管理

最近のエントリー

広報の方からメールを頂いて知ったのだが、アスクジーブスが社のBlog「ジーブスのつぶやき」を立ち上げている。

社長Blog、社員Blogというのではなく企業全社のPR機能として提供されており、かつ経営陣から社内のキーマンまで書いているケースは日本ではそんなに多くは無い。特に大手になればなるほど少ない。ページ左に表示されているブログロールにしても、肩肘張った様子が無く一般的なBloggerとフラットにやり取りがされているような感覚を受ける。

先日のパーティの様子も「アスクジーブス ジャパン主催、プライベートパーティ」として早速エントリされている。戦略については、記事リンク集が「5月10日 Ask.jpオフィシャルカンファレンス開催!」としてまとめられている。マーケットの定義やポジションの理解など市場動向を押さえるにはなかなか面白い。

肩肘張ってないと言えば、CEO塩川氏やCOO樋口氏もエントリされているが、いかにも広報チェックしました、という文章ではなく普通の口語で書かれている。トラックバックが打てず、CMSとしてのみ使われているのが個人的には残念なところか。
 

 
さて、パーティ当日のテーマでもあり、先日お会いしたある企業のトップの方とも話題に挙がったのだが、インターネットの基本構造が変わってるのではないかという議論が日本でもだいぶされ始めている。Web2.0と一言書いた方が早い方もいらっしゃるか。塩川氏のサマライズを「Ask.jp 社長のつぶやき」からお借りすると、

今はWeb2.0と称されるインターネットの第2世代の発展段階にあり、RSSが先導役を果たしながら、BlogやSNS、CGM等々のムーブメントが一つに融合されて、真の意味で個々人のパーソナライゼーションニーズとエンパワーメントを具現化する方向に向かいつつある。

こうまとめられる。

このサマリは一年前だと微妙に異なっていたはずである。「RSSが先導役を果たしながら」ではなく、サーチを中心にイメージする人が多かったとそこかしこの議論を追っていて感じている。

更に、この議論を追っていると、当事者の生の声もそうなのだが、今市場で良いポジションを取っている企業が本当にこのままのポジションを維持し続けるのか、それとも構造変化とともにポジションの入れ替えが起こるのかといった話に繋がっていく。マネジメント層では相当議論されている様子であり、前回のNew Industry Leaders Summitでも話題になっていたとのことである。
 

 
Web2.0という単語が出始めた頃、Blog、SNS周辺のコンテンツをユーザーが生成するサービスプラットホームとサーチがどう絡むかという議論、XMLを含めて裏側にデータを持った状態でブラウザ側もしくはサーバー側のコンテンツをどうコントロールしてパーソナライズして見せていくかといった議論が良く語られていた。サーチセントリックな見方である。

サーバー側はシンクライアントや、いわゆる、「あちら側」「向こう側」のコンピューティング観の話であり、加えて最近は、Ajaxという言葉のフレームを得てブラウザ側の技術開発に注目が集まっているのは各所で触れられている通り。

そこから、RSSの話が多く聞かれるようになってきたのは、Bloglinesをはじめとして大きな資本の動きがあったこと、米YahooのRSS標準サポートの開始から日本を含めてポータルサイトが続々とサービス対応し始めたことともう一点。転換点としてはLongTail論が出てきたことを挙げたい。初期はサーチとSEOの議論として受け止められていたが、途中からシンジケーションとRSSにフォーカスが当たり始めた。そして更に現在ではRSSとサーチの統合がサービスの実装レベルで進められている。

ちょうどニューヨークでシンジケーションのカンファレンスが開催されているが、LongTail論も並行させつつ、RSS周辺の事業開発、サービス開発は単なる広告媒体という認識を超えて真剣に検討されているのが最近の動向と言える。

※サーチや周辺領域も絡めての動向整理を行った特集が「ネットのエマージングサービス 検索・RSS・ブログの現在に迫る」されている。上で触れた、構造変化と市場ポジションの変化についてもBlog、RSSを事例にコンパクトにまとめられている。同テーマでのカンファレンスも開催される様子である。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社