お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

テレビ番組もサーチされるようになるのか

2004/11/10 13:36
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

渡辺聡

インターネット/IT分野で事業開発に携わる渡辺聡さんが、注目ニュースなどを題材に、そのニュースの背後にある本質的な変化とその先行きを、経済や社会との関わりの中で考えていきます。
ブログ管理

最近のエントリー

テレビのコンテンツはデジタル化されて、検索と統合される。プラットホームとして最有力なのはTivoだ。

これはSearchblogの書き手であるJohn Battelleが以前から掲げている予言的なビジョンである。しばらく前の「Friday Sketching: TV and Search Merge」というタイトルエントリで論を進めているので探ってみたい。

話をちらっと先取りする形になるが、John Battelleの言いたいことを時折思い出すように考えていたのだが、Googleのデスクトップ検索サービスとぶつかる。両者は同じビジョン、サービスとしてまとめられていくことになるのかもしれない。などと思いつつ読んでいたら冒頭から同じ問題意識で始められている。

So this post will be a bit longer than usual, but I'm trying to imagine a scenario where search's business model infects television, and for whatever reason the Google Desktop application gave me an idea as to how. So here goes (remember, this is a *future* scenario)....

コンテンツがローカルなりに置かれていてindexファイルのみが外部のサーチシステムに置かれているのはデスクトップサーチ、というか検索サービスの仕組みそのものとなる。ローカルPCのファイルをindexに取り込むのがデスクトップサーチであるが、同様にHDDレコーダーの中にある映像コンテンツのindexを作った上にAPIを実装すれば検索サービスと統合出来る。というところで、

Clearly, there is room for both kinds of advertising – intent-based (search), and content-based (TV). But what if the two were to merge?

技術的には出来るのだろうが、どういう風になるのだ?
 
 
地ならし
 
論を急ぐ前に、環境条件の整理を。

Before you dismiss the idea as mere speculation, let me lay out a scenario in which such a beast exists. First, imagine that a majority of households have a digital video recorder of one kind or another (such an event is predicted to occur by the year 2009, according to Forrestor).

まず、HDDレコーダー、DVRの類は家庭で普通に使われるようになっていっているだろう。フォレスターリサーチは2009年を普及の一区切りを見ている様子である。日本でもオリンピック商戦の前後から市場に出回っているのはHDDレコーダー一色になり、テープ式のビデオは見なくなってきている。あとは買い替えサイクルということになるが、その内入れ替わっていくだろうという状況は米国に同じとなる。

次に、録画履歴、参照履歴を蓄積することが出来、嗜好分析が行える。

Further, imagine that this DVR has a “search history” of everything you’ve watched and are planning to watch

Further still, imagine that this history is – with your tacit approval - blended with an edited profile of your online searching habits, forging a marketing precise of your likes and dislikes, your wants and needs (doing this is a matter of a marketing deal between DVR providers and search engines).

これはもうパーソナライズサーチの世界で起きていることそのままと言える。サーチの領域を拡大しようとしている考察なので当然ではあるが、検索の世界のシナリオと同等の動きが語られている。
 
 
このあと、「こうなるんじゃないか」という語りになるわけであるが、一旦区切ってエントリを。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社