お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Google Desktop Searchにコンピューティングの近未来を見る

2004/10/15 11:58
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

渡辺聡

インターネット/IT分野で事業開発に携わる渡辺聡さんが、注目ニュースなどを題材に、そのニュースの背後にある本質的な変化とその先行きを、経済や社会との関わりの中で考えていきます。
ブログ管理

最近のエントリー

最近、情報を捕まえる速度に完全にエントリ速度が追いつかなくなっている。筆が遅いのか、書く範囲の定義の問題なのかは定かではないが、スタイルもしくはメディアの設計を再考する必要を感じつつある。個人のBlogとの境界設定の再定義や、一時期テスト的に発行していたメルマガを復活などを行うかもしれません。もしくは、レッシグスタイルのように、ショートエントリにシフトさせるか。
 
 
Google Desktop Search
 
さて、既に各所でレポートされているGoogle Desktop SearchCNETの記事にもなっているが、便利そうな反面、細かいトラブルを間違いなく引き起こしそうである。そちらは追い追い動きが出てくるだろうこととして、blog.bulknews.netで紹介されていたO'Reilly NetworkのGoogle Your Desktopから幾つか。

本サービスを一言でようやくすると、「Googleのパワーをあなたのコンピューターでも」といったところだろう。

The Google Desktop is your own private little Google server. It sits in the background, slogging through your files and folders, indexing your incoming and outgoing email messages, listening in on your instant messenger chats, and browsing the Web right along with you. Just about anything you see and summarily forget, the Google Desktop sees and memorizes for you.

ローカルにあるファイルデータをインデックス化させることで、検索対象に含めることが出来る。対象は、メールやファイルに加えて、今のところAOLが想定になっているが、チャットの履歴やブラウザのキャッシュを任意で加えることが出来る。Googleのウェブサーチを組み合わせると、ローカルとウェブをシームレスに検索して情報を探すことが可能になる。散々指摘されてきた領域だが、MSよりも一歩先に陣地を築いたことになる。

プライバシーの問題を考えると、インデックス化する対象を個々人で設定出来る機能は必須だろう。ファイルタイプ、ディレクトリ範囲など様々な方法はあろうが、「ここは範囲外としたい」として、機密性の高い情報やちょっと気恥ずかしいものまでを放り込んでいくくらいは出来るようにして欲しい。今のところあるのは、主なファイルタイプと「Don't Search These Items」ということで、対象外のURLリストの登録と対象パスの登録。

c:\Documents and Settings\username\Private
http://www.domain.com/

設定値そのままという感じで、一般ユーザーを考えるとここは改善余地ありである。また、検索結果を見ながら個別に対象外設定も可能となっている。

Click the "Remove Results" link next to the Search Desktop button on the top right of any results page, and you'll be able to go through and remove particular items from Google Desktop index. Do note that if you open or view any of these items again, they'll once again be indexed and start showing up in search results.

現在β版なので、その内こういった細かいところも改善されていくことだろう。右クリックで参照中のページはファイルを対象外に登録するなどだと実装そのものはそんなに難しくない。
 
 
コンピューティングの中心はどこに?
 
機能的なところは以上として、少々マクロ視点から。

マイクロソフトの開発方針を見ていると、ローカルを中心にして、ウェブを取り込んでいくというアプローチが表現として近い。立場としては、「デスクトップからウェブも検索出来る」と表現出来る。

しかし、Googleはコンピューティングの中心をデスクトップから引き剥がしつつある。ウェブ上にコントロールの中心があり、外付けのドライブとして自分のローカルPCがある、手元のPCはウェブアプリへのアクセス端末であると同時に自分専用のストレージとしても機能しているという見方が成立している。

例えば、適切にセキュリティ管理をすれば、リモート環境から自分のローカルPC内を検索するといった使い方も可能になる。更には、ローカルファイルをウェブ経由で引渡しする機能をダウンロードしたアプリケーションに追加すると、ローカルOSを半ば骨抜き出来る。何でも良いから手元で使っているPCにアプリケーションさえ入っていれば(そしてバージョンさえ違ってなければ)、ユーザーはどこからでも良いからGoogleにアクセスしてユーザー認証を行い、各種作業を行える。アクセス先はオフィスのPCでも、何らかの形で普及が予想されるホームサーバーでも良い。

以上は、状況証拠からの推論であるが、Googleの計画に含まれていてもおかしくないことだろう。データやアプリケーションではなく、「ファイルへのアクセス権」という市場定義である。
 
 
最後に、日本語で良くまとまっている関連エントリとしてこちら二つを。
 ・NDO::Weblog「Google Desktop Search BETA 公開
 ・[SEM-R]「Google、「Google Desktop Search」をリリース

追記:
SearchblogでGoogleのディレクター、 Marissa Mayerへのインタビューが掲載されている。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社