お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

新CEOエド・ザンダーのショック療法でモトローラは変わるか

2004/07/30 09:49
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

今日は、Motorolaの新CEO、Ed Zanderについて取り上げようと思っていたら、ちょうどいいタイミングでMotorolaとApple ComputerのiPodをめぐる提携話が飛び込んできた。

Motorolaの携帯がiTunesを搭載

Apple to Make Music Player for Motorola Phones」が元ネタだが、すぐにこのニュースをピックアップしたSotto Voceの「iPod + Phone?」の解説がわかりやすい。

「Motorolaが今度出す電話は、iTunesから音楽をダウンロード・再生できるものになる」

「近年のMotorola、「ぱっとしない」製品ばかり出していたのでノキアやSamsung、LG、そして日本製の携帯電話に押されまくっていたが、昨日画像が流出していた新作電話の"V3"(なんと$700)といい、今日のこの発表といい、まだまだしぶとく「おお」と思わせるものを作っている。

ただ、アップル側としては対応ハードウェアの増加によるiTunesの利用者ベースの増加は嬉しいが、iPodのカニバリは避けたいので、この「音楽電話」にiPod並みの容量・機能を持たせるつもりはないようである。」

Mac Observerの「Analyst: Apple Could be "Microsoft of music"」によれば、

「Merrill Lynch analyst Steven Milunovich told clients Tuesday he believes the recently announced alliance between Apple and Motorola could turn Apple into the "Microsoft of music" and make the iPod the "defacto standard in digital music."

Mr. Milunovich said the Motorola alliance is a "net positive for the iPod"

"Although we expect Motorola music phones to have 0.5GB of memory for songs by the end of the year, this is a different market from the 4GB iPod mini or 20 and 40GB fourth-generation iPods," he said. "Getting users to try iTunes on their cell phone introduces them to portable music the Apple way."」

Merrill Lynchのアナリストは、この提携がiPodを「音楽世界のMicrosoft」へと押し上げるだろうと言っているらしいが、それはちょっと過大評価だろう。

さて前置きはこのくらいにして本題に入る。

Motorolaの新CEO、Ed Zander

今日の本題は、新しいCEOを迎えてのMotorolaの変化である。

Ed ZanderがMotorolaの会長兼CEOに就任したのは約半年前のことである。ZanderはSun Microsystemsの元COOである

「Ed Zander is chairman and chief executive officer of Motorola, Inc. He joined Motorola in this capacity on January 5, 2004.

Zander brings more than 25 years of experience in technology companies. Most recently, he was a managing director of Silver Lake Partners, a leading private equity fund focused on investments in technology industries.」

直前は、本欄でもたびたびご紹介しているPrivate EquityのSilver Lake Partnersにいた。Sliver LakeがSunをバイアウトする構想を持っていたことは、Roger McNameeも認めていたわけだが、そういう含みでEd Zander は、Silver Lakeのmanaging directorになったものと思われる。その構想が消えたのが先か、Motorolaからのオファーが先だったかはわからないが、結局はMotorolaからのオファーを受諾して、半年前にCEOに就任したわけだ。

やはりCEOが変わると、会社は大きく変わる。今回のAppleとの提携がどのくらいの意味を持つかはまだわからないが、新しいことに対して他社に先駆けて取り組むという姿勢は、明らかな変化の兆しとして評価できる。特に、前CEOのGalvinが控えめで育ちのいい上品な紳士然とした人物だっただけに、シリコンバレースタイルの激しい性格のEd Zanderが来て、社員はきっとショックを受けただろう。日本の大手総合電機メーカーに、シリコンバレーから急に粗っぽいのが社長として乗り込んできたみたいなものだ。

官僚的な縦割り企業文化を壊す

BusinessWeek誌最新号の「Reinventing Motorola」と、Online Extraの「For Motorola's Zander, "It's Execution"」が面白いので、読んでみようと思う。

「He gathered his top 20 execs in the company's downtown Chicago offices, some 30 miles from the Schaumburg, Ill., headquarters, for a two-day brainstorming session on how to improve Motorola's lackluster execution. His message: Employees will be held accountable for customer satisfaction, product quality, and even collaboration among business units. "If you don't cooperate and work together, I will kill you," he said. Today, Zander laughs: "That's surviving-and-growing-up-in-Brooklyn talk. It was my way of saying, 'We're going to fix this thing."」

就任してしばらくしてEd Zanderが20人のトップを集めて合宿。部門間の連携のない幹部たちに向かって、「お前ら、みんなで協力して一緒に働かないんなら、ぶっ殺すぞ」と言ったとある。Zanderは「surviving-and-growing-up-in-Brooklyn英語」なのだと、あとで笑っていたそうだが。

この言葉にもあるように、Zanderがまず変えようとしているのは、Motorolaの官僚主義と、部門間が対立するMotorolaの文化だ。

「His most dramatic effort to date is a plan to dismantle Motorola's debilitating bureaucracy and end a culture of internecine rivalries so intense that Motorola's own employees have referred to its business units as "warring tribes." And he's not leaving it to chance: He has made cooperation a key factor in determining raises and bonuses. "It's a damn different place," says Patrick J. Canavan, a 24-year veteran and Motorola's director for global governance. "Everyone is looking out for everyone else."」

この話も、日本のコンピュータ、エレクトロニクス企業のここ十年の変身努力と重なり合って見える。Zanderは、大きな組織変更をこれから行おうとしているそうだ。でも組織を変えて何を達成しようと言うのか。

「The reorganization will help Zander deliver on several new initiatives. Perhaps the most important is what the chief executive calls "seamless mobility." The idea is that Motorola should make it easy for consumers to transport any digital information -- music, video, e-mail, phone calls -- from the house to the car to the workplace.」

これがMotorolaの新しいビジョン仮説のようである。シームレスモビリティ。消費者が、音楽でもビデオでもeメールでも電話でも、そういうデジタル情報を、家から車の中から仕事場へ、シームレスに運ぶのを容易にすること。

経営次第で大きく飛躍する可能性がある

なるほど、そういう観点から見れば、Appleとの提携も、そのビジョンに向けての小さな一歩だということがわかる。

「Mastering that technology would do more than boost cell-phone sales. It also could make Motorola a key player in the digital home, helping it sell flat-panel TVs and broadband modems, home wireless networks, and gateways to manage digital content.」

携帯電話の売上を伸ばすばかりでなく、フラットパネルTV、ホーム・ワイヤレス・ネットワーク、コンテンツ管理用ゲートウェイなどを押さえて、デジタルホームのキープレイヤーになりたい。Motorolaの潜在能力を生かせば、やれることは山のようにある。これこそ、ZanderがCEO職を引き受けたときの胸算用だったろう。日本企業にも全く同じことが言えるのだが、Motorolaだって、経営次第で大きく飛躍する可能性がある。

ちょっと長くなってきた。続きはまた来週に。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社