お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

愛されるがゆえに心配されるアップルの経営

2004/07/15 08:45
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

iPodやiTMSがうまくいっているのは認めるけど、Apple Computerって会社として本当に大丈夫なの?

7月1日にAppleがiMacの発売遅延を発表して以来、そんなことがあちこちで書かれている。今日はそんな記事をいくつかご紹介しよう。

Appleといえば、昔から「Open Letter to John Sculley」「Open Letter to Steve Jobs」みたいな記事を書かれやすい。誰もが思わず、好きなことを言いたくなるほど脇の甘い「愛すべき会社」だからである。

依然としてコンピュータ製品に依存するApple

さて、まずはBusinessWeek誌の「Why Apple Needs To Shine Up iMac」から。

「It was a stark reminder that Apple does more than make the iPod. Given the ubiquity of the elegant little music player, it's easy to forget that Apple is still at heart a computer company. While commanding just 2.8% of the global PC market, the company's line of Macintosh PCs -- including the iMac, PowerBook, and PowerMac G5 -- still accounts for 58% of its overall revenues. By focusing so hard on the iPod and the iTunes Music Store, has CEO Steven P. Jobs taken his eye off the Macintosh franchise?」

「グローバル市場の2.8%しか持っていないとはいえ、売上高全体の58%を占めるAppleは、依然としてコンピュータメーカーだ」として挙げているこの記事の数字は少しミスリーディングだ。「コンピュータ比率が58%しかない」というのは、ちょっと僕の直感からずれている。もっとコンピュータ比率は高いはずだ。SECに提出された10-Qを見て、正確な数字を押さえておこう。

まず、Appleの2004年1-3月期の会社全体の売上高は、19億900万ドルである。うち、「Power Macintosh(サーバ含)」が3億4900万ドル、「PowerBook」が3億3600万ドル、「iMac」が2億5200万ドル、「iBook」が2億2300万ドル。この4つのMacintosh製品ラインがトータルで11億6000万ドルの売上だ。この数字で、売上高全体の61%である。これはピュアなコンピュータ売上である。では残りの39%はと言えば、「Peripherals and other hardware」(ここにiPodが含まれる)が5億3600万ドル。「Software」が1億2700万ドル。「Service and other sales」 (ここにiTMSが含まれる) が8600万ドルである。

「Software」はコンピュータ周辺事業だし、「Peripherals and other hardware」は、iPodばかりではなく、

「The Company sells certain associated Apple-branded computer hardware peripherals, including iPod® digital music players, iSight™ digital video cameras, and a range of high quality flat panel TFT active-matrix digital color displays. The Company also sells a variety of third-party Macintosh compatible hardware products directly to end users through both its retail and online stores, including computer printers and printing supplies, storage devices, computer memory, digital video and still cameras, personal digital assistants, and various other computing products and supplies.」

とコンピュータ周辺事業ととらえるべき部分がたくさん混ざっている。こんなことを全部総合すると、Appleのコンピュータ依存度は60%前後と言うよりも、80%前後と言うべきであろう。相変わらず、Appleの生命線はMacintoshにあるのだ。

シェアを取るべきか利益を取るべきかそれが問題だ

そこで、Appleの「依然として全社売上の80%を占めるコンピュータ事業」をどうすべきか、というところに、皆が好き勝手コメントしているわけ。中でも、最大の論点は、シェア対利益のトレードオフである。

「What's more, having evidently made peace with its meager market share, Apple is now clearly milking the Mac for profits. After all, its PowerMac and PowerBook models reap fatter margins than the iPod, especially when loaded with Apple's iLife suite of software. The company also is charging higher premiums for its PCs than are rivals. Two years ago, says First Albany Capital Inc. analyst Joel Wagonfeld, the average selling price of a Mac was $154 higher than that of a Windows PC. Now it's about $400 higher.」

今のところAppleの路線は、シェアよりも利益である。Windows PCよりも高くてもいいと買ってくれる人だけを対象に商売をするのが、Jobsの基本戦略である。この記事は、

「If the new iMac is a hit, Jobs's focus on innovation will again be vindicated. It's instructive that investors didn't hammer the stock harder upon learning of the iMac delay: Shares are still up 42% for the year, compared with Dell's 2.7% rise. Rather than demand Microsoft-style market share or Dell-like operational consistency, investors value Apple's cool products. When you build concept cars for the industry, there are bound to be some crashes. This one won't be fatal.」

新しいiMacがヒットしさえすれば、少々の発売遅延などは問題にならないだろうと、Appleの基本戦略に理解を示している。

さて、同じくBusinessWeek誌の「A Six-Step Plan for Apple」は、異なる見解を披瀝している。Appleはもっと値下げして、

「Give us a really cheap, really cool PC, and watch them fly off the shelves.」

安くて最高にクールなPCを作って、それを飛ぶように売れるようにしてくれよ、そして、

「Dell (DELL ) had an interesting marketing ploy with its offer to pay a $100 bounty for any iPod brought in by a customer buying Dell's own digital music player, the DJ. Steve, you can top that. Offer a $200 bounty on a PC exchanged for a new iMac or iBook.」

DellがiPodに対して仕掛けた競争のように、PCからiMacやiBookへの乗り換えに200ドルのディスカウントを出せ、そうやってでもシェアを高めよ、というのがこの記事の意見。まぁ、よくも悪くも、今のAppleには、こういう戦略を志向する気持ちも執行能力もないだろう。

今後5年間に訪れる試練

さて、では長期的にはどうなんだ?ということについては、「A Midsummer's Mac Death Match, Round One: Enderle vs. Chaffin」のRob Enderle(TechNewsWorld columnist, Principal Analyst for the Enderle Group)の考えを、最後にご紹介しておこう。

「Over the next 5 years Apple will face several critical tests.」

Appleは、次の5年間に、いくつかのクリティカルな試練に直面するだろうと、彼は言う。その試練は4つ。

(1) iPodとiTMSの成功に対して産業全体が反応する。つまり競争が激化する。

「First will be the response to the company's success with iTunes and the iPod. Big hardware players like Sony, Thompson Electronics, LG Electronics, Matsushita and Dell are increasingly focused on this segment. Moreover, the content owners are taking a more active roll, with Microsoft developing a cross-platform solution, codenamed "Janus," in conjunction with partners like Time Warner, that will offer a unique rental option.」

(2) 2006年のLonghornの登場が、Windows 95登場時と同じようにAppleに打撃となる。

(3) Linux Desktopの台頭。2009年には、MacOSを模倣したLinux Desktopでかなりいいものが、世の中に出てくる。

「Meanwhile, both Novell and Red Hat are designing Linux user interfaces that use the Mac OS as a design template. By the end of 2009, at least one of these products should be mature and supported by the major hardware OEMs.」

(4) いまAppleはCPUをIBMに依存しているが、そのIBMの半導体事業に不確実性がある。

しかし、Appleはこの4つの試練を乗り切ってサバイブするだろう、というのがRobの結論。そのための但し書きが次の通り。

「I think Apple will survive, but I know it can't survive unchanged. During this period Jobs is going to have to choose which company to run. Both companies are going to be under heavy stress, but Apple will probably need him more. I'm going to bet that this is where Jobs will move.」

Jobsは次の5年間の間に、PixarとAppleのいずれを経営するかの選択を迫られるだろうが、AppleのほうがよりJobsを必要としている。だから、AppleをJobsが経営し続けることに賭けて、自分はこう予測するのだと。そして最後に、Jobsがいなくってしまえば、Appleは5年もたないと結論づけている。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社