お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ソーシャルネットワーキングはどこへ行くのか

2004/06/23 09:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

米国のソーシャルネットワーキングに関する最新記事が、先週、2回にわたって、Salon.comに掲載された。

You are who you know」と「You are who you know: Part 2」である。ウェブ上でトータル7ページ。かなり長いが、とても面白い。今日はその一部をご紹介しよう。

PC以外に広がるソーシャルネットワーキング・サービス

まずは、前編の1ページ目に、こんな総括がある。

「Social networking has arrived on your PC, and is coming to your phone, your favorite computer game, your chat program and anywhere else you might consider tapping into the Net. Depending on how you define the term, there are already at least 250 social networking sites or companies, and the mergers-and-acquisition crowd is eyeing them all hungrily. (On May 24, in the most recent such move, Monster.com bought Tickle, a site that includes social networking and boasts millions of users. On June 3, Friendster brought in NBC Entertainment veteran Scott Sassa to run the company.)」

この文章の「Phone」からは、dodgeball.comというサイトへリンクされ(「Tell us where you are, and we'll broadcast your location to all your friends and let you know if any friends-of-friends are within 10 blocks.」がサービスの説明)、「favorite computer game」からは、Xfireというサイトへリンクされ(「Ultimate Arena, Inc., the leading tournament platform for multiplayer online gamers, today announced the release of Xfire(TM), a free service that lets gamers track, alert, and connect easily with friends online.」がサービスの説明)、「chat program」からは、ICQのソーシャルネットワーキング・サービスについての記事へリンクされている。こうしたものも含めれば、定義にもよるが、最低でも250のソーシャルネットワーキング・サイト(または会社)がある。その一覧表はこちらをご参照。そしてソーシャル・ネットワーキング関係の最新ニュースとして、5月24日に、Monster.comがTickleを買収。また、フレンドスターが新CEOを迎えた話が取り上げられている。

驚異的なユーザー数の増加

また後編の冒頭にはこんな数字も出てくる。

「But as I watch my Orkut network jump by 10 percent a week without my lifting a hand, and listen to the clamor of people begging for a test Gmail account, I wonder just who is being frightened. Seven million people have accounts on Friendster, and 200,000 new users are reportedly joining every week. Two million are registered to MySpace. A whopping 16 million are supposed to have registered on Tickle for a chance to take a personality test.」

Orkutでつながる人の数は週に10%ずつ増え、フレンドスターのアカウント数は700万人になり、毎週20万人ずつの勢いで増えている。フレンドスターの700万人って、本当なのかなぁ。あとMySpaceが200万人。Tickleが160万人。ちなみに、Monsterに買収されたTickleについてはこちらをご参照。どの程度実際に活用されているか、そこにビジネスが生れるのかという懐疑は当然あるものの、会員数の増加スピードは尋常ではない。

緩いネットワークの価値と緩いプライバシー

さてそれでは、この長文記事の中から、気になった箇所をいくつか取り上げてみることにしよう。まず、気になった1つ目は、

「As Mark Granovetter explained, for what must have been the thousandth time this year, the counterintuitive key to social networking is that its value doesn't inhere in linking up to your best friends and soul mates. You are far more likely, argued Granovetter, to find leads on a good job or a prospective date from the networks of people you don't know very well.」

「You are already probably familiar with the friends of your best friend, or spouse, or close office colleague. There's no fresh territory to plunder there. It's those people with whom you have "weak ties" -- the vague acquaintances, that guy or gal you once kind of knew, a little bit -- who offer a path into possibility that you didn't know was there. The essence of social software networks is that they are a clever way to organize access to the networks of people you aren't actually friends with.」

ソーシャルネットワーキングは、親友やソールメイトをリンクすることによって得られる価値ではなく、あんまりよく知らない人たち、曖昧な知り合いのネットワークから得られる価値にこそ、その本質があるという指摘だ。これは最近日本で流行っているGREEやMixiにも共通するポイントなのであろうか。

次に、気になった2つ目は、後編の中のこの部分。

「The growth of social networking brings to light a contradiction inherent in the structure of the Internet. The geeks who built the Net tend to be among the more privacy-obsessed individuals in our society. But the network they have constructed is inexorably abolishing every last scrap of privacy that we may have once enjoyed. And yet the masses of people who use that network do not appear to share the values of the people who designed it.」

インターネットの構造を作ったギークたちというのは、実は普通の人に比べてうんと「privacy-obsessed individuals」(プライバシーということに取りつかれた人々)で、膨大な量の普通のユーザたちは、その設計者が信ずる「プライバシーの価値」など全く意に介さないのだ、という指摘である。この記事の筆者(たぶん、うんと若い人ではなさそう)は、むろんその反動はいずれあるだろうと書きつつも、フレンドスターなどに自らのプライバシーをどんどん露出する人々を見て、世代的断絶を感じているようだ。

ソーシャルネットワーキング・サイトが人を評価

さて、気になった3つ目(後編の2ページ目)、そしてここがいちばん面白かった箇所でもあるのだが、結局ソーシャルネットワーキングは、「人の評価」という問題に行き着くという話だ。

「Virtually all social networking systems offer, or plan to offer, some way of rating your friends or acquaintances.」

というわけで、今のソーシャルネットワーキングのシステムは大なり小なり「人の評価」を考慮しているという話が続くのだが、

「But what if the sound of e-mail coming in rang with a chime that told us it was a good e-mail? And what if we don't even need to bother to do the ratings of our friends ourselves? Can't the network take care of that by itself? Our behavior on the Net, who we send e-mail to, what communities we join, what blogs we read, all add up to a data trail that will permit reputations to be derived automatically. We don't need to do anything but be ourselves.」

そういう評価ということも、明示的に意識的に1人1人が「誰かを、何かを評価する」ということなどしなくても、インターネット自身がすべて判断してくれる時代が来るのではないか、という指摘だ。

ある人が、ネット上でどう振る舞っているか、誰とメールのやり取りをしているか、どういうコミュニティに属しているか、誰のBlogを読んでいるのか、そういう情報がすべて積みあがった結果、自動的にその人の評判がネットワークによって(あるいはソーシャルネットワーキング・サービス提供者)によって決定されてしまう世界。我々はただ気の向くままに振る舞っていたら、ネットがその評判を決めてしまう、という怖い話だ。RSSアグリゲーション、分散レーティングシステムなどのインターネットソフト世界のさまざまな開発動向が、ソーシャルネットワーキングという名のもとに集約されて、そんな世界が実現されるイメージがここでは語られている。怖い話だが、確実に向かっている未来についての話のようにも思う。読者の皆さんはこの箇所についてどんな感想を持たれるであろうか。

その他、企業内のeメールのやり取りの分析から社員の人間関係などを理解する話(前編の最後)や、ソーシャルネットワーキング全体のビジネスモデルの話(後編の後半)など、盛りだくさんの記事なので、この分野に興味のある方は是非原文をお読みください。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社