お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

「オンラインミュージックは儲からない」と競合を牽制するスティーブ・ジョブズ

2004/06/22 09:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

今日は久しぶりに、スティーブ・ジョブズ節をお楽しみください。英ガーディアンの「Pump up the volume」は、サブタイトルが

「The iTunes Music Store in the US has been a huge success. As Apple launches its UK store, Neil McIntosh looks at the prospect of a repeat performance」

となっているように、iTunes Music Store(iTMS)の英国展開についての記事だ。

「In that first year, iTMS has sold 80m songs and taken 70% of the market share of digital music sales in the US. But while it has been a soar away success in the US, iTMS has been slow to get moving on its world tour.」

「米国では8000万曲を売り、デジタル・ミュージック市場の70%を獲得したiTMSも、そのグローバル展開のスピードは遅く、ようやく、欧州展開が始まった」というテーマのこの記事を書くために、記事の筆者Neil McIntoshがジョブズにインタビューしたわけだが、「そのインタビュー内容を記事に十分反映できなかったから」という理由で、ジョブズとのやり取りを別途、「More on Steve Jobs」として公開している。記事よりもこちらのほうが面白い。

アップル・ファンで一杯の会場でのスピーチだったら、拍手喝采が起こるだろうな、というようなジョブズ節が、いたるところに見られる。

競合を牽制するジョブズ

このインタビューは、ローリングストーン誌がやった半年前のインタビューと比べて、競争やプラットフォーム論についての議論が少し多い。

「The thing to keep in mind is there's not a lot of money to be made running an online music store. Most of the money goes to the record labels. I've always wondered why small companies would want to do it. We're the largest, and we're breaking even, making a very small profit, but the other guys must be losing money. And they don't have an iPod business.

If you're not selling iPods, and you have a tiny market share, you must be losing a lot of money. Why would a small company like Napster or OD2 want to be in this business? But that's their business, not ours. I'm sure they have their reasons."」

という冒頭の部分。「ひとつ覚えておいたほうがいいのは、オンライン・ミュージック・ストアなんてあんまり儲からないということだよ」で始まるこの部分では、音楽をネット上でいくら売ったってそのほとんどはレコード会社に行ってしまう。だからiPodビジネスを持たない小さい会社が、なぜそんなこと(ネットで音楽を売る)をやりたいのか理解に苦しむ。iPodを売らないんだったら、そしてしかも市場シェアをほとんど持っていないんだったら、絶対に損するぞ。こうジョブズは牽制する。最後の「But that's their business, not ours. I'm sure they have their reasons.」というあたりがジョブズ節で、どっと笑いが起きる部分だろう。

そして、iPodとMacの関係についての「When the iPod was launched, you said it might lead people to the Mac platform. Does you still believe that?」という質問には「No」と答え、

「We brought the iPod to Windows. That was a big decision. That was basically a decision not to use the iPod to drive people to Macs. We're going to use it as a music device, and we're going to put it on Windows. The majority of iPods we sell are used on Windows.」

大きなデシジョンだったけれど、iPodをマック・ユーザを増やすためには使わないことに決めたから、大半のユーザはWindows上で使っている。

iPodとiTMSの垂直統合

そして、インタビューの後半部分で、iPodとiTMSの垂直統合性について聞かれたジョブズの答が彼らしい。「競争者はそのサービスがiPod以外のプレイヤーでも動くと主張するが・・・」という問いに、ジョブズはこう答える。

「Right, but nobody buys those. iPod has over 50% market share. And, more than that, if you look at the market share of in use players – and there's no data on this – but we guess the share is closer to 75% because that 50% includes comparing iPod with the $50 MP3 players that only hold 16 songs. When you get one of those as a gift, you don't use it.」

「With iTunes, we decided to work with the most popular music player – and that's by far the iPod. Rather than support all these other guys, we'd rather use the engineering to innovate. So far the customers have said that's what they want.」

「Right, but nobody buys those.」。こういうところがジョブズ節。iPodは50%以上の市場シェアを持っているけれど、本当に使われているプレイヤーという意味では、iPodの本当のシェアは75%くらいだ。「16曲しか入らない50ドルのMP3プレイヤーなんて、贈り物でもらったって誰も使わないだろ」。「最初はほとんどのプレイヤーをサポートしようと思ったけれど、iPodに比べてえらく遅れたものばっかりだったので、そんなものをサポートするよりも、自らイノベーションに専念することにした。だから顧客は、これぞ欲しかったものだ、と言ってくれているんだよ」。勝っていて勢いのあるときのジョブズ節は楽しい。この人は良くも悪くも、その思想が全くぶれない人である。

音楽配信の事業モデル

ガーディアンの記事のほうでは、このあたりのジョブズとのやり取りをもとに、やや予定調和的なこんな文章にまとめている。

「A brewing standards war may yet derail the progress of digital music, or end Apple's dominance of the market. Apple finds itself - just as it did in the PC business - offering a proprietary solution with its iPod and iTunes combo. This is ranged against a variety of opponents and a huge selection of music players, all settled on a common, more open platform built by Microsoft - in this case, the Windows Media format.

As Calum Chace, a partner at KPMG who specialises in the media business, remarks: "It's never particularly wise to bet against Microsoft. Open systems do tend to win, eventually."

And, despite Jobs' certainty about what he wants iTunes to offer, there are still plenty of unknowns in the fledgling digital downloads business. iTunes does not, for instance, offer a subscription service - unlike Napster or OD2 - or stream complete songs over the internet, like its two rivals.」

しかし、ジョブズもそんな一般論は百も承知で勝負しているのである。その証拠に、Streamingについての質問に対して、

「"It's not something the customers seem interested in doing. We haven't seen a lot of interest."」

それは顧客が望むものではないと、こんなふうに一蹴し、Subscription serviceは失敗すると信じている。ここは1月14日「スティーブ・ジョブズ、コンテンツ産業の未来を語る」でご紹介したローリングストーン誌のインタビューから一貫した考え方である。

その他、iPodの成功にレコード会社も大喜びしているよとか、欧州展開で面倒なのは音楽の権利関係だとか、インディーズ・レーベルのこととか、音楽の聴き方(Listening Habit)がiPodで変わるという話とかが、インタビューの話題として触れられている。

1月14日にご紹介した「Steve Jobs: The Rolling Stone Interview」も、「原文を読んだらとても面白かった」という感想をたくさんいただいたが、興味のある方は、ぜひこちらのインタビューの原文もどうぞ。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社