お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

政治学者から見たオープンソース成功の秘密

2004/05/18 09:33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

The Success of the Open Source」という本が出版された。このサイトに紹介文があり、PDFファイルで、目次とまえがきと第一章の最初の11ページが公開されている。

著者はSteven Weber。Professor of Political Science at UC Berkeley。UCバークレイの政治学の教授である。プログラマでもなく、IT産業の専門家でもなく、ジャーナリストでもなく、オープンソース提唱者でもなく、政治学者が書いたオープンソースの本である。

「Weber argues that the success of open source is not a freakish exception to economic principles. The open source community is guided by standards, rules, decisionmaking procedures, and sanctioning mechanisms. Weber explains the political and economic dynamics of this mysterious but important market development.」

紹介文の最後はこんな文章で締めくくられている。オープンソースの成功は、経済原則の気紛れな例外ではなく、オープンソース・コミュニティは、きっちりとした標準やルールによってガイドされたものだという認識を著者が持っていることがわかる。ただこれだけの文章では、どういう本かわからない。この本についての感覚を掴むには、ACM Ubiquityでの著者インタビュー記事をまず読むのがいいと思う。

「Author Steven Weber looks beyond the hype on Open Source. More than a self-governing utopia, it's a practical, sustainable way of organizing and innovating. Its methods may soon be applied successfully in other sectors.」

が冒頭のサマリーで、これに似たことを話している肉声部分は

「Many people don't understand what the open source movement is really about, so I'd like to get folks past the hype so they can see more clearly the profound innovation at play. Another purpose is to tweak people into thinking about what are the bigger implications of this phenomenon for the IT market as well as other sectors of the economy.」

だが、著者の関心はオープンソースの「a practical, sustainable way of organizing and innovating」というところにある。

Steven Weberは、もともとはスタンフォードで医学部に進んだが、政治学に転向したという人だ。

「So I switched out of the hard sciences and went into political science. It felt more intellectually challenging for me.」

そちらの方がずっと知的にチャレンジングだったと言っている。そして政治学では、

「I've always been interested in the circumstances under which non-authoritative environments can reach and sustain collaborative equilibrium, which is a fancy way of saying, "How do people work together when there's no authority around?" I've looked at large-scale non-hierarchical collective action problems in a number of settings.」

権威のない環境で人々がどう一緒に働くことができるのか、それも持続的に。というのが彼の関心だった。そして、UCバークレイというシリコンバレーに近い「地の利」を活かして、自然にオープンソース研究に進んでいったのであろう。4-5年前、彼がオープンソース・コミュニティを知ったとき、

「I was interested in the question, how does the community govern itself? How do the members set up rules? How do they maintain norms? How do they sustain collaboration over time? And most important, why would individuals contribute to this joint product from which they don't get any directly controllable economic reward? That is the first question that many people ask. Why do programmers contribute their time and mind space and energy to this thing?」

こんなKey Questionsを頭に浮かべたという。オープンソースの世界についてはずいぶんたくさんのことが書かれ、何となく皆わかったようなつもりになっているが、こうした基本的な質問に答えるのは、現在でも難しい。

「伽藍とバザール」の功罪

オープンソースといえば、まず我々が思い浮かべるのは、エリック・レイモンドの「伽藍とバザール("The Cathedral and the Bazaar")」という論文である。Weberは、この論文についてこう言う。

「When Eric Raymond wrote that very well known paper, "The Cathedral and the Bazaar" he did something extremely important and he also did something misleading. The extremely important thing he did was to create a self-conscience statement to the open source developer community. "Here's what we are. Here's what we're doing collectively." That was important because it made explicit among this group a sense that they were doing something unusual.」

エリック・レイモンドは、この論文で素晴らしく重要なことと、やや誤解を招くことの両方をした。素晴らしく重要なこととは、オープンソース開発者コミュニティに対して、自分たちがやっていることについての理論的基盤を与えたこと。そして、誤解を招く部分と著者が主張するのは、

「What I think he did that was misleading was to use the image of a bazaar. If you read the paper carefully, he describes a magic bubbling cauldron that somehow comes together into a complex operating system called Linux. He didn't have a good powerful explanation for how the community holds itself together. People saw in that what they wanted to see. That's why it became a kind of Rorschach test.」

バザールというメタファーをエリック・レイモンドが使ったところだという。バザールというメタファーを使い、オープンソース・コミュニティが実際にどう仕事をし、どういうふうにそのコミュニティが持続・発展して仕事を続けるのかの詳細の記述がなかったから、ロールシャッハ・テストのように、人々は自分が見たいと思うものをオープンソース世界の中に勝手に見るようになってしまった。そう著者は言う。

そして、オープンソース・コミュニティにおける持続可能性については、

「One of the reasons I wanted to call my book, "The Success of Open Source" is because I think the challenge to the community has always been, can you sustain the level of collaboration that exists in a big project over time and scale? Many folks inside the community have been surprised by the degree to which the Linux system has demonstrated sustainability over time and the ability to scale to involve large numbers of people — although, of course, at different levels of effort.」

と言い、オープンソースの成功、特にLinuxの成功についてはこうサマライズする。

「It's not easy. It requires organizational innovation. In particular, Linux has innovated in interesting ways that help to sustain it over time. There have been many failures and that's fine, too. I see these folks as developing a new way of organizing. They're figuring out the governance structures over time through a process of trial and error.」

オープンソースの成功は組織的なイノベーションによる。Linuxコミュニティも時間をかけた試行錯誤の末に、新しい組織化の方法を身につけた。その試行錯誤の末に彼らは「the governance structures」(統治構造)を見出したのだ。だから、いまだにLinuxがあまりにうまくやっていることについて、コミュニティ自身が感慨を持つのである。これが著者の論点のコアであろう。

オープンソースのコアはGPL

そしてインタビュアーが、「What is the core of the open-source idea in your opinion?」と聞いた答として

「The core of the open-source idea is the GPL, the General Public License.」

と端的に話している部分が、ライセンスについては素人の僕にはとても面白かった。著者のSteven Weberもソフトウェアの専門家ではないが、研究のために虚心坦懐に、オープンソース・コミュニティがなぜワークしているのかを、ゼロベースで徹底的に考えたのだろうと思う。彼が研究を始めたときに、GPLライセンスこそがオープンソースのコアだ、という仮説は持っていなかったはずだ。しかし結果として行き着いたのが、GPLライセンスの重要性だったのだと思う。

「It says, essentially, that we're going to put an intellectual product out for people to use, improve, customize, fuse with and do whatever they want. The single effective restraint is that anything they do with it, they need to give back to everybody so that as a whole, the community can select and incorporate the innovations, changes, and modifications that upgrade the common product in such a way that nobody can individually benefit without everybody benefiting. There are twists and turns, details that change the precise implementation of that core idea, but the core is there.」

そしてこの部分が、その解説部分。ライセンスに詳しい方には当たり前のことかもしれないが、ライセンスの解説という文脈ではなく、オープンソースの成功要因をいろいろな仮説を持ちつつ研究した研究者が行き着いた「これこそがオープンソースの肝の部分なのだ」という判断としてこの文章を読むと、違った意味合いで、オープンソースへの理解がより進むかもしれない。

統治構造の存在がオープンソースの強さ

そしてこのあとは、オープンソースとWikiPediaはずいぶん違うという話が続くのだが、Wikipediaを引き合いに出して、

「Open-source has a governance structure and an editing function so that the code, over time, works together. That's what things such as Wikipedia lack. It is a naive version of open-source, which in some cases works. It's more like barn raising. If you get enough people together, you can all lift the barn but if you get enough people together, you can't blow away a complex operating system for a modern microprocessor. Unless, of course, you organize their work in an extremely sophisticated fashion.」

オープンソースは統治構造と編集機能を持つが、WikiPediaにはそれがない(だから内容が玉石混淆になる)と比較する。Wikipediaはオープンソースのナイーブな(経験が少ない、認識の甘い、単純な、素朴な、楽観的な・・・、辞書を引くとナイーブという言葉には、ずいぶんたくさんの日本語が割り当てられているものですね)バージョンで、そういうやり方だとうまくいく場合といかない場合がある。WikiPediaは、barn raisingみたいなものだ。

ところで、Burn-raisingは、村の皆が協力して農家の納屋の棟上げをすることで、個の利害を越えた共同体精神のメタファーとしてよく使われる。オープンソースを議論するときに、よく出てくる例で、「オープンソース的コラボレーションが社会を変える」の中でも出てきたので、そちらもご参照を。

著者Steven Weberは、いやそんな「納屋の棟上げ」程度の協力の仕方では、現代におけるものすごく複雑な構築物であるOS(Windows)を凌駕するような代物(Linux)を作り上げるための協力体制は簡単に作れるわけがない、と言う。実は現代のオープンソース・コミュニティは、おそろしく洗練された方法で仕事を組織化しているのだと、そしてその組織化のあり方をきちんとarticulateできれば、他分野でも活用可能になるはずだと、著者はこの本で主張しているのである。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社