お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ビジネスにとって最もよい場所とは

2004/05/12 09:17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

今日は、4月22日「地域差を利用した米国ナレッジワーカーの新しい生き方」の続きといえば続きかな。ここのところ重い話が続いたので今日は軽めのネタで。

Forbes誌が、今年の「Best Places For Business」(アメリカ国内)を発表した。

「The best metro areas to launch a business or a career often revolve around universities that offer a diverse, educated work force and, especially when they are far from big cities, relatively low costs. Such regions--Raleigh, Austin and Ann Arbor among them--are also attractive places to live, judging by the patterns of migration.」

とあるように、「大学がある都市」「educated work force」「relatively low costs」がキーワード。この特集を編集したKurt Badenhausenは「Closer to Home」の中で、このサーベイの手法について、詳しくこう語っている。

「For our sixth annual survey of Best Places for Business and Careers, we turned to Economy.com, the West Chester, Pa.-based economic and financial research firm. The resulting business cost index weighs expenses related to labor, energy, taxes and office space. To assess the qualifications of the work force we took into account the concentration of college graduates and Ph.D.s in an area. We also factored in job and income growth, migration patterns and crime rates. This year we added a culture and leisure index to the rankings. Compiled by Portland, Ore. consultant Bertrand Sperling, the index considers such amenities as museums, theaters, golf courses and sports teams.」

ビジネスコスト・インデックスは、労賃、エネルギー、税金から算出。労働者の質については、大卒者や博士号を持つものの率から算出。また、雇用や平均賃金の増加や推移パターン、犯罪発生率、カルチャーやレジャーの充実も加味して、ランキングを作った。

ビジネスコスト・インデックス、ベスト3

結果として、ベスト3はこんなふうになった。

「1. Madison, Wis.

Population: 443,000. Job Growth: 1.5%.

Income Growth: 4.3%. Big Employers: University of Wisconsin, University Hospital & Clinics, American Family Insurance, Meriter Health Services, Mutual Group.」

「2. Raleigh-Durham, N.C.

Population: 1,268,000. Job Growth: 1.1%.

Income Growth: 2.4%. Big Employers: Duke University & Medical Center, University of North Carolina at Chapel Hill, IBM, North Carolina State University, Health Care.」

「3. Austin, Tex.

Population: 1,349,000. Job Growth: 1.7%.

Income Growth: 3.5%. Big Employers: University of Texas, Dell, Motorola, IBM, Seton Healthcare Network.」

第1位に輝いたウィスコンシン州のマディソンは、

「In Madison 41% of the adult population has a college degree--almost twice the national average. Per capita income is growing quickly. All that helps create a tight labor market: At 2.7%, unemployment is the lowest of any of the 150 largest metro areas.」

収入の増加、地域での教育レベルの高さ、雇用の充実が物を言い、Raleigh-Durham、Austin, Texを押さえてトップについた。

「Outsourcing may be all the rage these days. But many companies are still looking homeward--with good reason: low business costs and an educated work force.」

インドや中国へのアウトソーシングが進むといっても、やはり地域が小さく(Madisonは人口44万人)、そこでビジネスが発展すれば、地域雇用は盛り上がってくる。ちなみに今年のベスト10は、「Madison, WI , Raleigh-Durham, NC , Austin, TX , Washington, DC , Atlanta, GA , Provo, UT , Boise, ID , Huntsville, AL , Lexington, KY , Richmond, VA」だ。

住む場所と幸せの関係

Rich Karlgaardはコラム「The Where of Happiness」(要無料登録)の冒頭で、

「Philosophers since Plato have penned millions of words attempting to define happiness. This is well-traveled turf. Countless more millions have been written on how to achieve this desirable end. Think of all those how-to books on money, career, health, diet, fitness, self-esteem, inner peace, six-pack abs, sexual pleasure.

But for some reason, the where of happiness is rarely considered. When you think about it, asking where makes sense.」

と書いている。幸福についてはこれまで百万言費やされてきたが、WHERE(どこに住むか)という要素はあまり考えられて来なかったと。確かに、我々が流動的になったのはつい最近のことだからかもしれない。

「America offers by far the richest selection of places to think, work and live--to pursue dreams.」

「We can choose our cities by size; weather; political tenor (Portland, Ore. is very liberal, while Cincinnati, Ohio is very conservative); industry; tax and regulatory schemes; schools; the type of art scene; acceptance of minorities and immigrants; the cost of living. We can dwell in the mountains, put down next to the beach, reside on a farm or repair to the high desert. Within one city alone, Los Angeles, we can find a richer array of culture than is offered in most countries.」

ここがアメリカの都市の多様性を語っている部分。都市を考える上での要素として、(1) size (2) weather (3) political tenor (4) industry (5) tax and regulatory schemes (6) schools (7) the type of art scene (8) acceptance of minorities and immigrants (9) the cost of living、こう9項目を挙げている。

シリコンバレーは田舎だが、仕事はエキサイティング

シリコンバレーの場合、(1)人口250万人くらいだからアメリカでは中規模だが実はものすごい田舎、(2)天気は最高、(3) 政治的傾向はリベラル、(4)インダストリーはハイテク、(5)税金は高い、(6)学校は全米でもトップクラス、(7) アートについてはニューヨークには劣るがアメリカの中ではそこそこいい方、(8)移民やマイノリティ許容度は高い、(9)生活コストはメチャクチャに高い、というトレードオフになる。渡辺千賀Blog「シリコンバレーの暮らし」では、シリコンバレーがいかに田舎であるかが、

「シリコンバレーというのはこのようにド田舎なのである。海と湾に囲まれ、空気は澄み切っており、車で10分も行けば、豹サイズの山猫や鹿が闊歩する大自然。(略) ところが、その田舎町に世界最先端の技術産業が栄えている。人口密度が低くて、自然が一杯なのにエキサイティングな仕事ができる、というのは世界でも中々得がたいコンビネーションであろう。大自然という意味では例えばハワイなんかも結構いけてるが、観光と農業以外の産業がほとんどない。」

「東京・ニューヨーク・香港が大好き、という都会好きの人たちには超がつく退屈な場所かも知れないが、田舎好きにはたまらない場所がシリコンバレーなのである。仕事はきちんとしたいけど田舎が好き、というみなさん、諦めることなかれ。「田舎」と「エキサイティングな仕事」が両立する、シリコンバレーのような場所も世の中にはあるのだ。」

こんなふうに書かれている。また、同じく最近の渡辺千賀Blog「ヤギ・はやぶさ・クーガー」と、Sotto Voce「Mountain Lion Alert!」も合わせてご参照。ともにシリコンバレーでのクーガーによる被害についての話で、シリコンバレーの田舎感覚がつかめる。

僕は東京生れで、20代までを東京で過ごした。当時はまだ独身だったこともあり、大都市以外に住むなんて想像もできなかった。それが今やすっかりこの地での田舎暮らし以外、考えられない身体になってしまった。Richのいう「The Where of Happiness」を身にしみて感じている。「何をやっているか」ということ以上に「この場所に住んでいること」のほうが、いつのまにか自分の幸福にとって重要な要素になってしまったのだ。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社