お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ソーシャルネットワーキング2社が創業者を解任

2004/05/11 09:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

いったんリスクマネーを調達したあとのベンチャー創業者の運命は、実に脆弱なものである。「創業したから」という理由だけでずっと「経営陣に残れる」という保証は全くない。圧倒的な実力と存在感で、技術開発に、営業に、資金調達に、優秀な人材の採用に、複雑怪奇な問題解決に、社風作りに、等々、経営の日常のあらゆる局面において、「あいつはやるな、凄いな、並じゃないな」と、日々投資家を含む関係者をうならせ続けて初めて、創業者が長期的に経営者として存続できる。それがシリコンバレーのルールである(その意味では、Google創業者たちが、創業以来関係者を圧倒し続けてきた程度、というのは物凄かったのだろう)。

さて今日のテーマは、ベンチャー創業者問題である。

VC changes hit Friendster, Plaxo leaders」(要無料登録)によれば、ソーシャルネットワーキングのFriendsterとPlaxoの創業者が2人とも、時を同じくして、リプレイスされたとのことである。

「The first victim was Jonathan Abrams, 34, of Sunnyvale's Friendster, the networking company which allows millions of users to hook up online with friends of their friends.

The second was Sean Parker, the 24-year-old founder and chief executive of Mountain View's Plaxo, a company that allows users to instantly update their computer's address book.」

Friendsterは昨年秋に、Googleからの「3000万ドルでの買収提案」を蹴ったわけだが、それから半年もたたないうちに創業者をCEOから下ろして、新しい経営体制づくりに入った。記事によれば、Plaxoの24歳の創業者Sean Parkerは、あまりhappyでないまま、会社を去ったようである。

VCが創業者を解任するとき

ではVCが創業者を下ろした理由は何か。

「Over the past few weeks, VCs dropped the blade on two young entrepreneurs of local companies Friendster and Plaxo. They apparently did so for similar reasons: The companies are not making money fast enough.」

公式には「not making money fast enough」なんて言っているが、実際には、その時点でのその会社の目指す方向にリードしていくだけの実力と経験が創業者にあるかVCが値踏みして決める。理由はいくらでもつけられる。

Friendsterの場合は、

「He'll remain founder at the company, working with interim Chief Executive Tim Koogle to find a full-time replacement, according to Friendster spokeswoman Lisa Kopp.」

暫定CEOに、YahooのCEOだったTim Koogleを持ってきた。YahooがFriendsterを買収するという可能性は、理論的にはベストフィットなので、あまり深く考えずとも誰もが思いつく話なのだが、Friendsterが露骨にTim Koogleを持ってきたとなると、今後の動きには目が離せなくなってきた。昨年秋には、「Googleに3000万ドルで売るよりも、あと1年頑張ればもう1桁大きい金額で売れるぞ」というような皮算用が話し合われたに違いなく、Friendsterは売り時と売る相手を探りながら、売却条件を少しでもよくするような事業開発の手を打っていくのだろう。そういう「大人の世界」の話をリードするために、創業者では力不足という判断が下されたのだと思う。

VCがみるのは動機付けとコミットメント

さて、BeyondVCは、そのBlog「Founder transition」で、この2社の創業者交代に刺激されて、VCの立場で、こんなことを書いている。

「As a VC, we always like to have an open and honest discussion pre-investment about what the entrepreneur expects from us, and what we expect from the founding team. When discussing the idea of transition and building the right team, we learn a lot about the founders and what drives them. This does not necessarily mean we will replace the founder with a new CEO, but it is a great way to understand what motivates the founder and how committed they are to creating a successful company, not a one-man show. Some simply want to be CEO come hell or high water-we take a pass on those opportunities. Some tell us what we want to hear, but their body language tells us otherwise-they tense up and there is no positive feeling behind their words. Others like Ross tell us what we want to hear and internalize it. They know the drill and want to be given the opportunity to run the show and prove that they can do the job but at the same time understand that change may happen. These are the founders in which we like to invest.」

VCが創業者の特質について、「what motivates the founder」(何が創業者を動機付けしているのか) と「how committed they are to creating a successful company」(成功する企業を創ることにどうコミットしているか)という2点から理解することが重要だとしている。口先だけでいくら奇麗事を言っても「body language tells us otherwise」ということもあるからね、なんて言っているが、そういう例は枚挙に暇がない。彼が投資したいと思うのは、十分な実力を伴い、自ら経営したいという意思を持ちつつも、変化を受容する柔軟性を持つ創業者に対してである。「Others like Ross tell us what we want to hear and internalize it.」と書いているが、このRossはRoss Mayfield、Rossが言うようなことを聞きたいのだと言う。

Rossが語ることとは、RossのBlog「Foundership」の内容である。興味のある方は原文をどうぞ。ワンパラグラフだけ引用して終ることにしよう。

「As a CEO and Founder of an early stage company, I know new stages will come. I constantly question myself if I'm the best person for the job, because the company is more than just me. Its a source of livelihood, investor return and customer bliss -- all of which improve over time. I am really darn good at this stage of the company and have proven it in the past. I hope to test my capabilities at latter stages, but also recognize that the day may come where regardless of my ability to lead, manage and deliver -- environmental forces may call for the new.」

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社