お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

オープンソース的手法で交通渋滞を解消する

2004/04/09 08:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

今日は軽いネタであるが、人気BlogのTechdirtから「Open Source Traffic Engineering - Help Fix Your Own Commute」を取り上げよう。

ソフトウェア以外に広がるオープンソース的手法

Open Sourceといっても、ソフトウェア世界の話ではない。本欄昨年11月7日「オープンソース的コラボレーションが社会を変える」のような、オープンソース的な事象の紹介である。以前どこかのサイトか、あるいは何かの記事へのコメントで、「本当のオープンソース以外のことを、軽々にオープンソースなんて言うな」というようなオープンソース・プログラマーからの意見を見たことがあるが、そう言われてしまえば身も蓋もない話なのではあるが、軽くご紹介しておこう。

「The internet certainly makes it easy for people to participate in a process that is normally done behind closed doors by "experts".」

インターネットは、これまで密室の中で「専門家たち」がごく当たり前に行なってきたプロセスに、人々が簡単に参加できる道を開く。

「Here's an interesting example: up in the Puget Sound area, they're working on a project to let anyone help them figure out how to solve traffic problems.」

Puget Sound areaというのは、ワシントン州。シアトルの近く。この地区の交通渋滞問題を、住民参加型で解決しようというプロジェクトが今日の主題。だから「Open Source Traffic Engineering - Help Fix Your Own Commute」というわけだ。

交通渋滞解消のための意見をネットで募集

このプロジェクトの始まりについては、まず、2003年8月のCyberjournalist.netの「Converging to fix commutes」から、読んでみよう。

「Two newspapers and a television station in the Seattle area combined to create an innovative, interactive and converged project to help educate local residents about communiting issues and help solve the region's problems. The (Tacoma) News Tribune, The (Everett) Herald and KIRO-TV partnered on "Fix Your Commute," which features an interactive online map that lets commuters choose the areas they think need the greatest traffic relief -- in other words, a very fancy unscientific online survey. You can see the interactive map survey here. You can see the results here -- about 2,500 users voted.」

シアトルの2つの新聞社とテレビ局が、interactive online mapをネット上に用意し、交通渋滞解消にはどういう手立てを打てばよいかについての意見を集めるところから始まり、その結果、2500人からの意見が集まった。

そして同じくCyberjournalist.netの4月2日「Fix Your Commute: Phase II」によれば、

「More than 1,000 people have already submitted plans to ease gridlock in the Puget Sound region in Phase II of the interactive “Fix Your Commute” project, a joint effort between The (Tacoma) News Tribune, The (Everett) Herald and KIRO-TV. Phase I (which CyberJournalist.net wrote about last year) featured an interactive online map that let commuters choose the areas they think need the greatest traffic relief. After about 2,500 users voted, the partners came back at readers with Phase II, a computer simulation that allows readers to decide how to fix the region's transportation problems -- and also decide how to raise the money to pay for the solutions. When finished, the findings will be sent to the state's Transportation Department, which is developing a transportation spending referendum expected to go on the ballot in November.」

昨年8月の報告の後、プロジェクトはPhase IIに入っているらしい。オンラインマップが用意されて2500人の意見が集まったのがPhase I。そして、Phase IIでは、オンラインマップだけでなく渋滞シミュレーションソフトが用意されて、どこをどう改善すればいいかについての1000以上のプランが提出されているらしい。最終結果が州の交通局に提出され、秋に住民投票というスケジュールだ。

HeraldNetが用意している公式サイトは「Fix Your Commute」で、2500人の意見は、ここで見ることができる。たとえばいちばん多かった意見は、

「Add carpool lanes on both sides of I-5 between Highway 526 and Marine View Drive. Add merging lanes between 41st Street and U.S. 2. Move Broadway off-ramp from left side of the freeway to the right side to relieve confusion.」

というもので、408人が同じことを言っている。ちなみに、Carpool lanesというのは、渋滞の激しい時間帯にのみ、2人以上が乗っている車だけ優先的に走れるようにするレーンのこと。こういう極めて具体的な改善案は、毎日の通勤でひどい目にあいながらここを直せよと毎日思っている通勤者1人1人の意見を集約することのほうが、密室の中で専門家が業者と一緒になって工事の優先順位を決めるより、よっぽど意味がある。そんな感じがこの意見リストをつらつらと読んでいくと、よくわかる。

そして、どこをどう直すべきという意見だけのPhase Iから、さらに政策に落としていくためには、コストとのトレードオフを考えていかなければならない。それがPhase IIだ。

実現のためのシミュレーションもネット上で

Try your hand at traffic solutions」によれば、

「Our Fix Your Commute simulation lets you pick what fixes the state should tackle, but with a catch: You have to figure out how to pay the bill. With our online Fix Your Commute interactive transportation planning tool, we put the tough decisions of what to fix and how much to increase taxes to pay for it squarely on your shoulders.」

とあるように、税金をどれだけかけて、何をどれだけ改善するかについてのトレードオフを、このシミュレーションから考えられるようになっている。

「"I don't think people understand how difficult the decision-making process is going to be until they do it themselves with something like this," said Stan Strick, The Herald's executive editor. "It's really easy to criticize the decision makers, but until you try to drive a mile in their shoes, you really don't have a fair basis for criticism."」

「"The game is fun," Strick said. "You really get to play around and spend a lot of taxpayer money in all kinds of ways."」

こういうのは子供の教育にも、ものすごくいいですね。

さて、冒頭のTechdirtに戻ろう。Techdirtは、このプロジェクトを、

「You go into the application, pick the choke points you want to fix and it adds up the fees. You can drill down for a bit more detail about the problem area and how it would be fixed. You can also vote on additional solutions (such as adding a carpool lane, or giving police more money to better enforce getting slow drivers out of faster lanes). Then, the important part: you also have to come up with how to fund the plan. You have a variety of tax options to play with. The system tracks the money issues and gives the plan a rating based on how likely it is to be approved by the voters. When you're done, you can submit your plan. I imagine the system can be gamed, but as long as they toss out most of the plans with a "poor" rating, this is an interesting way to examine all of the various possibilities while also getting local residents involved in the process in a way that really demonstrates the tradeoffs.」

こう要約している。Techdirtのつけたタイトル「Open Source Traffic Engineering」のオープンソースという言葉はちょっと言いすぎかもしれないが、行政におけるオープン・イノベーションの好例であることは間違いあるまい。興味のある方は、実際のプロジェクトのサイトをご覧ください。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社