お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

オライリーのインターネットOS論

2004/01/20 09:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

元旦の「コンピュータ産業のパラダイムシフトを象徴するアマゾンの戦略」に、Zopeジャンキー日記よりトラックバック「AmazonからTim O'Reilly, Jon Udellを経由してZopeへ」拝受。引用する。

「GoogleやAmazon、eBayなどを単なるWebサイトではなく「killer app」と見なすというのは、少し前からTim O'Reillyがプッシュしている見方だ(その代表的なページにリンクを張ろうと思って探したのだが、見当たらない)。このTim O'Reillyのテキストを読んでも、単にBusiness Weekの記事を読んでの感想というよりは、Rob Hofという人にTim O'Reillyが自説を「吹き込んだ」らしいことがわかる。」

「Tim O'Reillyは単なる出版社の社長ではなく、この業界の「Visionary」の1人であり、彼の見方はいつも時代の1歩先を行っている。彼が何と言っているかに注意すれば、次のビジネスを作り出す大きなヒントになるだろう。」

Tim O’Reilyを評価するZopeジャンキー日記に賛成。間違いなくTim O’Reileyは今、旬の人であり、冴えていると思う。2月に彼が主催する「Emerging Technology Conference」(サンディエゴ)は、きっと面白くなるだろう。

さてそこで今日は、「少し前からTim O'Reillyがプッシュしている見方」について、断片的には本連載でも取り上げてきたので若干重複する部分もあるかもしれないが、Tim O’Reiley最近の論考を読みながら、おさらいしておこう。

真のインターネット時代が到来する

まずは「The Future of Technology and Proprietary Software」から。

「If you were to take a stab at labeling the technology eras of the future, out to the year 2028, what would you call them? If, for example, we consider the 1980s the PC era, and the mid-90s marked the start of the Internet era, how would you define the eras to come in 5 years, 10 years, 15 years, 25 years?」

これが、向こう25年間を考えてくれという質問。1980年代をPC時代、90年代半ばをインターネット時代の始まりとすれば、5年後、10年後、15年後、25年後をどういう時代だと定義するか、という質問である。これに対して、Timは、こう答えている。

「My favorite phrase for the next five years is Dave Stutz's "software above the level of a single device." Consider Apple's iTunes for a moment as a paradigmatic example:」

マイクロソフトのDavid Stutzが言う「software above the level of a single device」(単一デバイス・レベルより上のソフトウェア)が次の5年を定義するのに良い言葉だとし、アップルのiTunesを考えてみようと言う。

「Runs on a Mac or PC desktop/laptop」

「Syncs with a handheld device (iPod)」

「Does ad-hoc local area network sharing via Rendezvous」

「Has a web database/e-commerce backend in the music store」

の総合を「software above the level of a single device」と呼び、「Over the next five years, all apps will follow this pattern.」、次の5年はすべてのアプリケーションがこのパターンを踏襲するので、

「I tend to call this the "true Internet era." We could also call it Internet 3.0 (with the old telnet/ftp era being Internet 1.0, and the web being 2.0).」

自分はこれを「真のインターネット時代」または「インターネット3.0」と呼びたいと、Timは言う。

「We've been conditioned by the desktop era to think of the software we "use" as that which is running on the machine in front of us, when all of the "killer apps" of the Internet era (from Google to Amazon to eBay to MapQuest) run on at least two--our access device, and a backend server farm. And if you look at how the most advanced users are working, you might see a situation in which someone accesses Google from a laptop connected to a cell phone via Bluetooth, through the cell network to a remote data server, and from there out across the Internet. We're building a huge, decentralized computing fabric.」

ここが、「GoogleやAmazon、eBayなどを単なるWebサイトではなく「killer app」と見なすというのは、少し前からTim O'Reillyがプッシュしている見方だ(その代表的なページにリンクを張ろうと思って探したのだが、見当たらない)」(Zopeジャンキー日記)という部分を説明した文章である。

デバイスの境界が曖昧になっていくコンピューティングの世界

そして、「software above the level of a single device」というのは、

「We are starting to see the real blurring of handhelds, cell phones, cameras, and other consumer devices. Everything is becoming connected, and computing truly is becoming pervasive.」

デバイスの境界が曖昧になっていくコンピューティングの世界を作り出すのだとしている。

「As people get seamlessly connected, wherever they are, devices become less important, even throwaway, and the continuity of the user's data becomes most important. An interesting corollary is that a huge part of the value premium of Internet-era powerhouses like Amazon and eBay is not in their software, but in the critical mass of participating users that they have.」

そしてその世界では、デバイスはより重要でなくなり、ユーザのデータの連続性が重要になる。アマゾンやeBayの付加価値の源泉はソフトウェアではなく、保有ユーザのクリティカルマスだ。

もともとの質問は10年、15年、25年先も含まれているが、その部分は原文をどうぞ。ここまでの話は次の5年というレンジでのTimの議論である。

成熟産業におけるデザインの重要性

続いてプロプラエタリ・ソフトウェアの将来は、という質問に対する解答も原文をどうぞ。

その中に、自動車産業との対比で、成熟産業におけるデザインの重要性を指摘する部分もあり、アップルだけがその流れで先行していると言う。

「Anything good will be copied quickly. There will be some engineering advantages, but new market momentum often comes from design innovations rather than technical superiority.」

どんないいものもすぐにコピーされる。むろん若干のエンジニアリング・アドバンテージはあろうが、技術的秀逸よりもデザイン・イノベーションによって新しい市場モメンタムが生まれるだろう。

1月14日の「スティーブ・ジョブズ、コンテンツ産業の未来を語る」の中で取り上げたジョブズのインタビューの中でのこんな発言

「So our market share is actually greater than BMW's -- greater than Mercedes -- in the car industry. And, yet, no one thinks BMW or Mercedes are going away, and no one thinks that they're at a tremendous disadvantage because that's their market share. Matter of fact, they're both highly desirable products and brands.」

は、Tim O’Reilyのアップル評価と呼応する部分と言えよう。

なぜインターネットOSなのか

さて、彼の1月4日のBlog「Cisco's IOS vs. my vision of an Internet Operating System」は、Timがそのビジョンを「Internet Operating System」と呼ぶことについて、

「While I agree that the term "Internet Operating System" does a good job of conveying your sentiments, I think you might run into some protests if you really start to evangelize it due to Cisco's (my employer) use of that term. And since what you are talking about isn't really an operating system (until the browser becomes the OS), perhaps "Internet Application System" or "Internet Application Platform" would be more appropriate? Just a thought.」

むしろ「Internet Application System」とか「Internet Application Platform」と言ったほうがいいのではないかという元シスコのエンジニアの意見に対して書かれたものである。このメモでは、

「The real reason I use the term "internet operating system" (see my archive site for instances) is because we're seeing new network-based services that go beyond both the web and the traditional desktop application. P2P file sharing, distributed computation, location services, search, identity management...the list goes on and on. And what is an operating system but a software layer for managing access to services and devices? I'm sorry that Cisco has tried to trademark the term, but it's merely descriptive. Cisco's IOS is really closer to a BIOS layer than it is to a complete internet operating system.」

が肝心の部分である。自分が「internet operating system」と呼ぶ理由は、ウェブと従来のデスクトップ・アプリケーションを超えて、「new network-based services」が生まれているからだとTimは言う。それは何か。P2P file sharingであり、distributed computationであり、location servicesであり、searchであり、identity managementであり、このリストがどんどん膨らんでいくのだ。そういう層をIOSと呼ぶべきであり、シスコのIOSはむしろインターネットのBIOS層みたいなものなのだ。

引用文中の「my archive site」とは、「Peer-to-Peer Networking, Web Services, and the Emergent Internet Operating System」のことである。たくさんの論考へのリンクがある。

Webサービスベンダーに求められる自覚

そして最後に、彼の12月31日のBlog「My Wired News Wishes for 2004」をご紹介しよう。これは、「Michelle Delio of Wired News asked a bunch of geeks what we wished for in 2004, and what we thought would really happen.」(2004年のウィッシュ・リストを)というWired Newsの質問に答えて書いたものである。

今日のテーマに関係する部分だけを抜き出せば、

「I wish that the various web services data vendors (including Amazon, Google, EBay, Salesforce.com, and many others) would realize that they comprise the building blocks of a future "internet operating system", and act accordingly, engaging with each other to interoperate. It seems to me that the original Unix/Linux architecture, and the architecture of the internet, are based on a model of "small pieces loosely joined" (to quote David Weinberger). Web services can also operate on this model.」

アマゾン、Google、eBay、Salesforce以下たくさんのWebサービス・ベンダーが、将来の「internet operating system」のビルディング・ブロックを構成しているのだということをちゃんと認識して、ちゃんとインターオペラブルになるように、正しく行動してほしい。Webサービスも、Unix/Linuxやインターネットのアーキテクチャがうまくいったように。

「Unfortunately, I worry that the competition between Amazon, Google and EBay will lead them rivalries that make them forget the foundation of their success in the open internet. (But I'm hopeful that the companies in question are smart enough to avoid this trap.)」

でもアマゾン、Google、eBayが、彼らの成功がオープン・インターネットゆえだったという事実を忘れて、熾烈な競争に走ってしまうことを危惧する。彼らがそんな罠にはまってしまわない程度に賢いことを望むばかりだけれどね。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社