お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

気になるショートトピックス8本

2004/01/19 09:12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

今日は、単独でご紹介するには軽いが、少し気になった話の断片を、脈絡なくいくつか並べてみよう。これがBlog本来の姿かもしれないのでちょっと試してみよう。

フィオリーナがHPの合併で学んだこと

まずはHP・CEOフィオリーナの言葉から。「What was your biggest lesson you learned from the merger with Compaq?」、コンパックとの合併から学んだ最大のレッスンは何ですか、という質問に対するフィオリーナの言葉。

「That you gotta do what you think is right, despite what everybody says. There was a lot of skepticism about that issue, you’ll re-call. The conventional wisdom about that merger was everything from “It’ll never work” to “She’s crazy.” It did work, I wasn't crazy, and it has put this company in an in-credibly strong competitive position.」

誰が何と言おうと、自分が正しいと考えることをやること。本件は懐疑に溢れていた。「絶対うまくいきっこない」から「彼女は狂っている」まで、そういうことが従来の常識だったが、「合併はうまくいきました」、「私は狂ってもいません」、合併はHPをものすごく強力な競争的ポジションに押し上げたじゃありませんか。

マイクロソフトとグーグルの今後

Always Onのパーキンスが今年の予想「The Year Ahead」の中から、「マイクロソフトとグーグルについて」の発言。

「Microsoft makes a hostile bid for a post-IPO Google. Google will go public in late spring or early summer and earn a premium valuation well north of $20 billion. Microsoft will take its $50 billion in cash and take a run at the company.」

マイクロソフトはIPO後のグーグルに敵対的買収を仕掛けるだろう。Googleの時価総額が200億ドルになったとしたって、マイクロソフトは500億ドルの現金を持っているんだから。

アマゾンから大統領候補への寄付

Windley's Enterprise Computing Weblogの「Amazon as Platform」は、アマゾンのアカウントを使って、大統領候補への直接寄付ができるようになった話。

「Amazon will provide a means, starting Thursday, for you to make a direct donation to your favorite presidential candidate using your Amazon account.」

「This is an interesting example of Amazon exerting its transaction processing muscle in ways that go beyond books and other merchandise. Clearly, Amazon's position as one of the premiere merchants on the Web is undisputed, but this build upon that and plays to the Amazon as Platform strategy which make Amazon a competitor in the payments and transactions space.」

アマゾンのトランザクション処理という筋肉をレバレッジする戦略の一例だとWindleyは言う。

WindowsとUnixのプログラマー文化の違い

Joel On SoftwareのJoel Spolsky「Biculturalism」は、WindowsプログラマーとUnixプログラマーの文化の違いのエッセンスをこう表現する。

「What are the cultural differences between Unix and Windows programmers? There are many details and subtleties, but for the most part it comes down to one thing: Unix culture values code which is useful to other programmers, while Windows culture values code which is useful to non-programmers. This is, of course, a major simplification, but really, that's the big difference: are we programming for programmers or end users? Everything else is commentary.」

細かい話はいろいろあるが、たった1つの違いが重要。それは、Unix文化は「他のプログラマーにとってusefulなコード」を高く評価する文化。Windows文化は、「ノン・プログラマー(プログラマーでない人)にとってusefulなコード」を高く評価する文化。「我々はプログラマーのためにコード書いているの? それともエンドユーザのためにコードを書いているの?」、これこそが最大の違いだ。

「I've encountered too many Unix programmers who sneer at Windows programming, thinking that Windows is heathen and stupid.」(Windowsを未開人・異教徒でバカだと考えて、Windowsプログラミングを軽蔑・冷笑するUnixプログラマーに、私はたくさん遭遇した。)

「It's rather rare to find such bigotry among Windows programmers, who are, on the whole, solution-oriented and non-ideological.」(一方、Windowsプログラマーの中にはそういう頑固な偏見は少なく、だいたいは、ソリューション指向で、観念的ではない。)

この部分に共感したり、反感を感じたりした人は、是非、原文にあたってください。長文かつ充実した内容です。

スーパープログラマーである僕の若い友人の1人は、この文章「Biculturalism」を読んで、「Joel氏のエッセイおもしろいですね。なんとなく感覚としてわかっていたことですが、すっきりと言葉に整理されると、なるほど、と感心します。」と感想を送ってくれた。

誰でも最初は初めてのCEO

さて続いて、ニューヨークのベンチャーキャピタリストのBlog「A VC」(これは面白いBlogです)から、「You Are Only A First Time CEO Once」(誰でも最初は、初めてのCEOなんだよ)

「The hardest job in management is the "first time CEO". I have absolutely no data on this, but I suspect that at least 75% of first time CEO's fail at some level. Many get fired. Many go down with the ship when it sinks. Some quit. Many sell their businesses before they've realized their full potential because they just can't figure out how to do the job right.」

「But in venture capitalism, among the most pure forms of capitalism there is, failure isn't all bad. Because, as i said yesterday, "you are only a first time CEO once". Most talented business people come up the learning curve quickly. And the next time, they don't make the same mistakes. They move faster. They listen better. They spend less. They hire better. The list goes on and on.」

75%の「初めてのCEO」は、志半ばで失敗してしまう。首になったり、会社がダメになったり、やめたり、まだ売りたくないのに売らされたり。でも、最も才能あるビジネスピープルは、そこから学んで、2回目は同じ失敗を繰り返さない。もっと速く走るし、もっと人の話を聞くし、無駄遣いはしない、もっといい人を採用する・・・。こういうリストがどんどん増えていくんだ。

これは実感がこもっている文章だなと思った。

シリコンバレーの変化

Forbes誌のコラムニストRich Karlgaardの「シリコンバレーの将来」(要無料登録)から。

「The good optimism springs from what Silicon Valley does better than anyplace else on Earth: It turns technology into cool products and wraps dynamic companies around them. Silicon Valley's been doing this since Bill Hewlett and Dave Packard built an oscilloscope for Walt Disney. (It was used in the movie Fantasia.) The births of Intel in the 1960s, Apple in the 1970s, Sun and Cisco in the 1980s and Ebay and Google in the 1990s occurred when cutting-edge technology was diligently transformed into products」

シリコンバレーの他地域にない楽観主義が、技術をクールな製品に変え、そのまわりにダイナミックな会社で包んだ。HPが、Intelが、Appleが、Sunが、Ciscoが、eBayが、Googleが、そういう楽観主義から生まれた。

「When the bubble burst, Silicon Valley had its comeuppance. Now it is back to funding real technology companies. All good.」

バブル崩壊でシリコンバレーに天罰が下った。でも今は本物の技術を持った会社に投資が戻っている。それはいい。

「The bad kind of optimism (because it's so unrealistic) is that many in Silicon Valley think another IPO boom is around the corner. "It will arrive any day now, surely when Google's own IPO breaks the logjam." That thinking's pure fantasy; there's not a chance that that will happen.」

でもまたGoogle公開がきっかけになってIPOブームが来るなんていう楽観主義は誤りだ。非現実的だからだ。

「Silicon Valley will have to morph itself from a startup factory into an idea factory. The region will continue to do what it does best--turn technology into products--but it will have to find a new way of building companies.」

シリコンバレーはスタートアップ量産工場からアイデア量産工場に変貌していかなければならないのかもしれない。シリコンバレーは「技術を製品にする」という得意技に特化し、会社を作ることについては新しい方法を見つけなければならないのかもしれない。

「Cooler technology. Higher quality startups. But fewer IPOs than before. That's the paradox of Silicon Valley today.」

よりクールな技術、より質の高いスタートアップ。でもより少ないIPO。これが現在のシリコンバレーのパラドックスだ。

オープンソースによる大学の管理システム

またまた話題が変わって、アメリカの大学の「Web-based learning-management systems」がけっこう進んでいるという話が、Technology Reviewの「One System Fits All : New standards will make sharing online education software easy and inexpensive.」で読める。

「These software-based systems, also known as course management or virtual-learning systems, debuted about five years ago and are designed to leverage the Internet to reinforce what happens in brick-and-mortar classrooms. Professors can post lecture notes and other course materials online, provide links to important resources, create class calendars, hold online discussions with students after class hours, and assign, distribute, collect, and grade homework, all on protected university sites.」

これが「Web-based learning-management systems」の定義。問題はシステムがプロプラエタリーだったこと。

そこで、Open Knowledge Initiativeという、オープンソース・プロジェクトが動き始めているらしい。

「Open Knowledge Initiative, a computing infrastructure project aimed at making it easy and affordable to swap educational programs within and between institutions. MIT developers have already drafted a set of open-source specifications for learning-management software and are beginning to think about promoting them worldwide, in an effort to produce an international standard. Last summer, they released the specifications on a Web site, where anyone could pick them up and use them for free.」

興味のある方は原文をどうぞ。

きめ細やかな天気予報

さて最後に英エコノミスト誌から、天気予報の話。

タイトルが「Predicting the micro-weather」で、「Weather forecasting: High-resolution weather forecasting is becoming increasingly sophisticated」がサブタイトル。

「Surely it ought to be possible to generate more detailed, finer-grained forecasts, neighbourhood by neighbourhood, hour by hour, which could be delivered over the web or beamed to a mobile phone? It is, and in some parts of the world such “high-resolution” weather forecasts are already available.」

日本でも気象ビジネスは活発だが、この記事で紹介されているHigh-resolution weather forecastingと比べてどうなのでしょうか。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社