お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

投資銀行に翻弄されないオープンなIPOの勧め

2004/01/16 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

本日の「梅田望夫・英語で読むITトレンド」は、『ダイヤモンドLOOP』に梅田氏が連載中の「米国ハイテクワールドに学ぶ破壊的創造のマネジメント」からの転載で、シリコンバレーの投資銀行、WRハンブレクト会長兼CEOのウィリアム・ハンブレクト(William Hambrecht)氏へのインタビュー「投資銀行に翻弄されないオープンなIPOの勧め」(2004年2月号掲載)をお届けします。

1968年にテクノロジーに特化したブティック型投資銀行であるハンブレクト&クイスト(H&Q)を創業し、シリコンバレーの重鎮となったウィリアム・ハンブレクト氏。彼が5年前に提唱した「オープンIPO」という考え方がシリコンバレーを中心に再評価を集めています。機関投資家へのヒアリングではなく、オークションで公開価格を決めるメカニズムが、公開予備軍の心をとらえ、グーグルも採用を検討中といわれています。

シリコンバレーのベンチャー投資については「技術者出身の投資家、クライナーがシリコンバレーに残したもの」を、オープンIPOとグーグルについては「グーグル開発チームの渾然一体としたパワー」をあわせてご覧下さい。

(CNET Japan編集部)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社