お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

まだインターネットは始まったばかり

2004/01/09 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

ウェブをブラブラしていると、ときどき面白いものにぶつかる。へぇー、こんなものがあったのかと。今日ご紹介するのは、11月に2日間にわたってラスベガスで開かれたLegg Mason Fundsの投資家向けコンファレンスのサイトである。14個の講演の映像と内容(テープ起こしした文章)が掲載されている。投資家向けコンファレンスなので投資についてのセッションも多いのだが、本連載の読者にご紹介したいと思ったのは、アマゾンCEOのJeff Bezosの講演「It's Day One for the Internet」、ベンチマーク・キャピタルのWilliam Gurleyの講演「I.T. is All that Matters.」、サンタフェ研究所のBrian Arthurの講演「Where the Economy is Heading」、の3つである。

電気とのアナロジーでインターネットを語るベゾス

今日はBezosの講演「It's Day One for the Internet」を読んでいく。Bezosの講演記録というのもあちこちにあるようでなかなかない、珍しいものである。テーマはタイトル通り、まだインターネットは始まったばかり、というものだ。

「I want to talk about Day One of the Internet. For eight years I've been telling people at Amazon.com that it's still Day One, and every once in a while in one of our all-hands meetings that we do about three times a year, somebody raises their hand and says, "Jeff, surely it must be Day Two by now." And I say, "No, it's not Day Two, and I can explain why I think that."」

インターネットがまだまだ「Day One」に過ぎないのであって「Day Two」に入っていないことを、Bezosは、歴史のアナロジーから説明しようとする。まずは誰もが思いつくゴールドラッシュのアナロジーは浅薄であるとし、電気とのアナロジー、

「You have to narrow that down, because electricity is so broad. It can be used as a power distribution medium to control information in a fine-grained way, and in particular I think a very good analogy is the golden age of electrical appliances.」

それも電化製品に絞ったアナロジーで考えてみようと言う。

電化製品の黄金時代前史の最初のキラーアプリケーションは電球であった。

「The electric light bulb is not the first of the golden age of electrical appliances, because it came much earlier. To make electric lighting work, they had to do a tremendous amount of infrastructure build-out, including a massive project digging up the streets of New York City. The light bulb and the lighting of America was a multi-decade very heavy capital investment process that took a long time. When that was done, then electrical appliances could explode on the scene. The light bulb was the killer app that wired the world.」

電球でアメリカを照らす。そういうアプリケーションのために「a multi-decade very heavy capital investment」(数十年がかりの巨額の資本投下)が行なわれた。それが終ったところで、電化製品が華々しく登場する。

明るくすること以外の目的を発見したことが電気のブレークスルーに

「In 1917, a Sears catalog ad appeared that said, "Use your electricity for more than light." That was still a novel idea for people in 1917. They hadn't wired the houses for electricity, they had wired the houses for light. But now that all that capital infrastructure was deployed, all the power plants built, all the houses and streets wired, now people realized that they could leverage that infrastructure by putting in completely new appliances and plugging those in. And the first appliance was the fan.」

1917年のシアーズのカタログには「電気を、明るくすること以外に活用しよう」という言葉が載った。インフラは全部、「明るくする」目的で用意された。人々はこのインフラをレバレッジすることができることに気づいた。最初の電化製品はファン(扇風機)であった。

インターネット元年の1994年を、Bezosは、電化製品における1917年となぞらえようとしている。

「In 1994 when web usage was growing at 2300% a year and the whole thing was exploding, the reason it could explode, just like electrical appliances did, was because all the heavy lifting infrastructure was in place due to other causes.」

1994年にインターネット・ブームが起ってeコマースが爆発的に伸びたのは、アメリカを明るくする目的で電気のインフラが敷かれた1917年のように、それまでに別の目的で用意された4つのインフラ(PC、ネットワーク、宅配システム、支払いメカニズム)が臨界点を超えていたからだ。

「Each one of these things would have taken a long time to deploy, and if any one of them had been missing it wouldn't have worked. What happened is you had these four huge heavy lifting pieces, and you could put a tiny piece of software on top of them, a web browser, and a tiny piece of hardware, a modem, and with those two little pieces you could leverage this huge infrastructure deployment in a completely new way.」

この4つのどれも膨大な時間をかけて完成したインフラだ。そのどれが用意されていなくても、eコマースはワークしなかった。この巨大なインフラの上に、ブラウザというちょっとしたソフトと、モデムというちょっとしたハードをかぶせることで、巨大なインフラ投資を全く新しい方法でレバレッジできるようになったのである。

今は「電気利用の試行錯誤段階」と一緒

「One of the things about these explosive periods is that every experiment gets tried. Even the bad ones, like the electric tie press. It never really did catch on.Neither did the electric shoe warmer and dryer. I doubt very many of you have this at home. And I kid you not, I'm not making this up, I don't know why, this thing came in 6 colors.」

Bezosは、今も引き続き製品として存在する、掃除機、トースター、洗濯機の話をしつつ、決して立ち上がらなかった「ネクタイ・プレス機」や「靴加湿器」や「靴乾燥機」の例も挙げ、当時の試行錯誤について話す。スイッチやコンセントがまだ発明されていない時代に、それでも便利だからと大怪我をする危険を冒しながらも電気洗濯機を使っていた時代と、今のインターネットは、成熟段階として同じなのだというのが、Bezosの饒舌の本意なのだ。

「Under my desk at Amazon.com is a total mess of wires, and I guarantee you that our descendents will be astonished that we were so primitive as to send information over copper wires. That will surprise them.

You want to try something really hard, try connecting your wi-fi network to a DSL modem and Windows box. This brings grown software engineers and computer scientists to tears because it's so hard to do. And it's because it's a kluge on top of a kluge on top of a kluge. The twisted pair wire was never intended to transmit data over DSL. It's exactly the same kind of thing you see, where you are going to screw your electrical appliances into the light bulb.」

「I personally believe that with respect to the Internet we are at about the 1908 Hurley Washing Machine stage.」

さっきは1917年と1994年を並べ、今度は、1908年と2003年を並べる矛盾には目をつぶって、読み進めることにしよう。

基盤技術の上に「本ビジネス」を変える価値を創造する

「We haven't invented the equivalent of the off switch, we haven't invented the electric outlet, people are still having to choose between phone calls and using their web browser, and if you look closer to home at Amazon.com we are still doing large scale innovation even in our oldest business, our book business and just two weeks ago we launched a feature called "Search Inside the Book" where you can actually not just search on title and author and so on, but you can actually search the inside text of every word in the book.」

ここでBezosはようやくアマゾンのビジネスについて話を始める。Bezosは、アマゾンは、「本ビジネス」という我々の最初の事業に対して、スケールの大きなイノベーション(「Search Inside the Book」のこと)を引き起こそうとしているという初期段階に過ぎないのだ、と言う。

そして、

「As the fundamental technology advances, as disk drives become even cheaper, as bandwidth becomes even cheaper, as CPUs become even cheaper, as the raw ingredients in our business continue to get cheaper and cheaper we will layer on top of that innovation to figure out how to take the now much cheaper raw ingredients and do something special that actually serves customers.」

は、とても重要な言いまわしである。基盤となる技術が進歩し、ディスクがどんどん安くなり、バンド幅がどんどん安くなり、CPUもどんどん安くなり、我々のビジネスにとっての素材(生の食材)がどんどん安くなる中、我々は、いかにしてさらに安くなっていく素材(生の食材)を利用して顧客にとって特別な何かを提供するかを明らかにし、そういう基盤イノベーションの上位レイヤーに価値を創出するのだ。

「What I see is that the rate of innovation on the Internet in general to my eye appears to be accelerating rather than decelerating. I don't know how long that will continue. I think it's very early, and we're basically in 1908.」

インターネット上のイノベーションは、減速していない。加速している。我々はまだ1908年にいる。

長期的にネット革命にコミットし続けることの難しさ

そしてBezosは、株式公開以来、「Amazon has been and will continue to be focused on the long term」、つまりアマゾンは、ロングターム(長期)にフォーカスし続けてきたし、これからもそうしていく、と言って、講演を締めくくっている。元旦の「コンピュータ産業のパラダイムシフトを象徴するアマゾンの戦略」でも少し触れたが、賞賛と批判の両方を全身で浴びながら、ロングタームにコミットし続けるというのは、言うは易く行なうは難し、とても偉大なことだと思う。

この講演に引き続いて行なわれたQ&Aセッションでは、「In 2000 there was a period when people were talking about the demise of the company. Can you talk about the interesting lessons of living through that.」という質問に答えて、

「The thing that really drove our ability to work through that period was that we knew internally that the media reports and analyst reports didn't make sense to us, so we were very confident. But that's not enough, because there are secondary effects where employees start to worry about this, so dealing with it requires a tremendous amount of communication to fight through a period like that.」

「At some point in 2000 or 2001 I can guarantee you that every single employee got a phone call from a parent or loved one asking, "Are you guys OK?" That's what you have to work with.」

と言っている。自分たちはロングタームに自信を持っていたが、世間の風圧が強すぎ、社員にもとうとう動揺が出た。それと闘うために「a tremendous amount of communication」を必要としたと語るBezosは、この講演のような話を何度も何度も、あらゆるアマゾン関係者に対して、語り続けたに違いないのである。

連休明けの火曜日には、サンタフェ研究所のBrian Arthurの講演「Where the Economy is Heading」を読もうと思う。

シリコンバレーツアーのお知らせ

そして最後に一つ、お知らせがあります。CNET Japan山岸編集長もそのBlogでご紹介くださったのですが、シリコンバレーの非営利組織JTPAで、第1回Silicon Valley Tourを開催することになりました。

対象は日本の若い技術者・研究者の方々。3月11日(木)から15日(月)。シリコンバレーを実際に見て、シリコンバレーで働く連中と交流することで、参加者の方々が今後のキャリアパスを考える一助になれば、というのが目的です。13日(土)には、金島秀人氏の自宅でのレセプションもあります。僕も、渡辺千賀村山尚武と3人で、「年取ってから後悔しない人生デザインの戦略発想」というテーマのセッションを担当しますし、できるだけ色々なセッションに参加しようと思っています。募集定員は、きちんとインタラクティブにやれる上限ということから考えて、最大20名としました。申込みは、今日現在では、まだ若干余裕があるそうです。もちろん参加費はかかりますが、JTPAも若干の経済的負担をして、できるだけ安く上がるように設計したつもりです。興味のある方は、JTPAサイトでツアーの概要をご覧ください。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社