お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

コンピュータ産業のパラダイムシフトを象徴するアマゾンの戦略

2004/01/01 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

謹賀新年。

今年の第1回目は、まずBusiness Week誌「Reprogramming Amazon」を取り上げたい。この記事のサブタイトルは、

「Sure, it still sells loads of books and CDs. But it's fast morphing into a tech company」

であるが、大切なのは、ネット列強の1つであるアマゾンがテクノロジー企業に変貌しようとしているということである。

単なる小売企業ではなくなりつつあるアマゾン

「Just as most folks have come to view Amazon as a retailer that happens to sell online, guess what? It's morphing into something new. In ways few people realize, Amazon is becoming more of a technology company -- as much Microsoft Corp. (MSFT) as Wal-Mart Stores Inc. (WMT). "What gets us up in the morning and keeps us here late at night is technology," says founder and Chief Executive Officer Jeffrey P. Bezos. "From where we sit, advanced technology is everything."」

アマゾンを単なるネット小売と見ては見誤る。アマゾンは「something new」(何か新しいもの)へと変質を遂げようとしている。アマゾンは、マイクロソフトのようなテクノロジー企業になろうとしている。記事の筆者のこんな見方を、ベゾスの「とにかくテクノロジーがすべてだ」という言葉がサポートしている。

「Indeed, some analysts say it's possible that in a few years so many other retailers will be using Amazon's tech expertise to sell on its site that they could account for more than half the products sold on Amazon.com. Says Bezos: "Amazon Services could be our most important business."」

数年先には、たくさんの小売業者が、アマゾンのテクノロジー・エクスパティーズに依存するような将来をベゾスはイメージし、「Amazon Servicesこそが最も重要なビジネスになるのではないか」と語る。

「Bezos aims to reprogram the company into something even more potent. The notion is to create a technology-driven nexus for e-commerce that's as pervasive and powerful as Microsoft's Windows operating software is in computing. That's right: Bezos hopes to create a Windows for e-commerce.」

この記事のタイトルは「Reprogramming Amazon」(アマゾンをプログラミングしなおす)だが、ベゾスはこの会社をもっとsomething even more potent(強い、魅力的な、有効な、よく効く、能力の高い)な存在へとプログラムし直そうとしている。コンピューティングの世界におけるマイクロソフトのWindows OSと同じくらいpervasive(広範囲に包括的)で強力な「a technology-driven nexus for e-commerce」(eコマースにおけるテクノロジードリブンな結びつき)を創るというのがアマゾンの意志、構想。もっと端的に言えば、「a Windows for e-commerce」(eコマースにおけるウィンドウズ)を目指しているということになる。

Webサービスがeコマースのプラットフォームになる

「Since last year, Amazon has been steadily turning innovations it developed for its own retail site into services available online. Using these so-called Amazon Web Services, reached via a browser, merchants who want to sell more can use its patented one-click purchasing system, for instance, or tap quickly into sales data for particular products. Even independent programmers are getting interested: In just 18 months, up to 35,000 programmers have downloaded software that enables them to pick and choose Amazon services and, much as they do with Windows, write new applications based on them.」

昨年から自社サイト向けに開発したイノベーションを、オンラインで利用できる「Amazon Web Services」へと転換してきた。Webサービス利用者は、アマゾンが特許をとったワンクリック購買システムも使うことができるし、特定の製品の販売データも利用できる。18カ月で3万5000人のプログラマーがソフトをダウンロードし、Windows登場時をほうふつさせる。

「Amazon doesn't make money directly from the Web services. Merchants and developers can get free access to the services and can use them to sell from any outpost on the Web. Still, many of the merchants who use applications spawned by Web services end up selling their wares to the 37 million customers assembled at Amazon.com. When that happens, Amazon takes a commission of about 15%, and these revenues have much higher margins than Amazon's own retail business. Already, 22% of Amazon's unit sales are by other merchants -- and the Web-services push hasn't had a significant impact yet.」

ここが「Amazon Web Services」のビジネスモデルを記述した部分。Webサービス自身は無償だが、Webサービスによって、既にアマゾンのユニットセールスの22%は他の販売業者経由となり、そちらのコミッション15%のほうが、独自事業に比べて利益率が高い。

「If Bezos' new plans work, Amazon could become not just a Web site but a service that would allow anyone, anywhere, to find whatever they want to buy -- and to sell whatever they want almost as easily. For Amazon, that means its finances could look considerably better than traditional retailers'. Already it turns over inventory 19 times a year, nearly double Costco Wholesale Corp.'s (COST ) 11 and almost triple Wal-Mart's 7. Yet unlike most retailers, it hasn't had to trade asset efficiency for profits. Its 25% gross margin is nearly double Costco's and three points higher than Wal-Mart's.」

もしベゾスの計画通りに進むならば、アマゾンは単なるウェブサイトから「a service that would allow anyone, anywhere, to find whatever they want to buy -- and to sell whatever they want almost as easily」という存在へと変身し、従来の小売業者に比べて破格の効率を追求し得る。

同じことを目指して競合するのが、eBayである。

「Amazon is hardly alone in its ambitions, either. EBay Inc. (EBAY ), the Web's largest marketplace, is building its own e-commerce platform. Already, it boasts several million sellers, at least 37 million active buyers, and more than $20 billion in gross sales -- quadruple Amazon's and is far more profitable because eBay doesn't handle goods. Increasingly, merchants of all stripes view the two companies as key channels to online customers.」

「And eBay isn't the only contender. Search upstart Google Inc. and even Microsoft, each with its own Web services initiatives, also aim to be hubs for connecting both shoppers and merchants.」

そして、そのeBayを、Googleやマイクロソフトが追走するというのが、eコマースをめぐるプラットフォーム競争の構図だというわけである。

ここまではWebサービスの部分に焦点を絞って引用・解説してきたが、冒頭の「Amazonがテクノロジー企業に変貌しようとしている」というより大きな文脈では、2004年半ば頃に実用化される「buying automation program」への言及もある。また、「much-criticized distribution centers, which Amazon spent $300 million to build. Back in 2000」(バブル最盛期に作った巨費を投じて配送センター)、本連載でも昨年詳述した「Search Inside the Book」やシリコンバレーに作った検索エンジン子会社「A9」についても触れている。

「While Amazon's spending on technology likely will remain fairly steady next year at about $216 million, thanks to declining tech prices, Chief Technology Officer Al Vermeulen says he will hire hundreds more software engineers and computer scientists in the next year to slake Bezos' thirst for tech.」

アマゾンの2004年のIT投資は2億1600万ドルと莫大。ITの価格低下でこの投資は本当に使い手がある。ベゾスのビジョン実現のために、2004年は数百人のソフトウェアエンジニアとコンピュータ・サイエンティストの採用を予定しているという。

アマゾンは次のマイクロソフトなのか

そして、記事の最後は、こんな文章で締めくくられている。

「Amazon, the next Microsoft? Not so fast. For all the promise, building a broad platform is about as tough as a goal gets in the tech business -- as nearly every competitor to Microsoft can attest. And unlike most tech companies, Amazon also has to contend not just with bits and bytes but also with the bricks and mortar of warehouses and the fickle fingers of Web shoppers. But for now, at least, Amazon's pursuit of cutting-edge technology has given it time to figure out what comes next.」

アマゾンは次のマイクロソフトなのか。プラットフォームを創出するという挑戦はタフであるが、最先端テクノロジーの追求は、少なくとも、何が次に来るのかを解明するための時間を、アマゾンに与えている。

ネット列強が、そのネット上でのプレゼンスをテコにしてテクノロジー企業に姿を変えることで、IT産業旧世代のリーダーたちを駆逐するという構図が、本当に実現するのか。2004年の要注目ポイントの一つである。

この記事は長文でかつ充実しているので、引用部分だけでなく原文にあたって通読されれば、得るものはより多いはずと、是非お薦めしておきたい。

さて、この「Reprogramming Amazon」については、Tim O'Reillyが、そのBlog「Business Week on Amazon/EBay Web Services」の中で秀逸な感想を述べている。ちなみにこのTim O’Reilyの文章も、原文の通読をお薦めしておく。

「I've been arguing that sites like Amazon and EBay are not just web sites, but early examples of a new paradigm that will transform the computer industry as we know it today. We start by looking at them as applications, then as platforms, and ultimately need to think about how they will be integrated into an internet-scale operating system.」

アマゾンやeBayはただのウェブサイトではなくて、我々がいま知っているコンピュータ産業の姿を変えてしまう新しいパラダイムの早期の具体例なのだと。我々はアマゾンやeBayのことを、まずはアプリケーションとしてみていた。そしてそれからプラットフォームとして。そしてこれから、最終的には、いかにそれらが「internet-scale operating system」(インターネット全体に及ぶOS)へと統合されていくかについて考えなければならない、のだと。

今年で10年目を迎えるアマゾン

1994年から始まったインターネット時代も、そろそろ丸十年。利益を生み出す前に、大胆な資金調達と大規模な投資を行い続け、賞賛と批判の両方を全身で浴びながら走り続けてきたアマゾンも、創業が1995年だから、そんな営みも今年で10年目に入る。

昨年の元旦は、まだこのCNET連載を始めていなかったので、個人サイトにこんな文章を書いた。タイトルをつけるとすれば、「Decade(10年)をバカにしてはいけない」とでもなるだろうか。その最後で、こんなことを書いた。

「次のDecadeで何が起きるかについては、「とてつもない大変化が起こるのが当たり前だから、その引き金は何か。そしてその引き金からどういうプロセスでどんな大変化が引き起こされるのか。それらをイメージし、そのイメージの中で現在起きている一つ一つの事象の意味を位置付けながら考える」視点で、常に強い緊張感を持って世界を見つめ続けていかなければならない」

「日本について気になるのは、「失われた10年」といった安易な表現に現れる「10年くらいじゃぁ何も変わらないよ」という諦観が、社会を覆っていることだ。Decadeをバカにすると、取り返しのつかないことになると思う。個人で考えても、社会の中できちんと意味のある仕事ができる期間など、普通なら 1 Decade。長くても2 Decadesくらいしかないのだから」

10年(Decade)という途方もなく長い時間を経過してきたインターネットをめぐる営みの結果として、IT産業やネット産業の構造がついに本質的に変化し始めるのが今年から来年、つまり2004年から2005年にかけてではないかと思う。

おまけ:「はてなアンテナ」と「はてなダイアリー」

さて最後に。本連載の情報源の主だったものを「はてなアンテナ」に載せてみた。分類はシンプルにBlogColumn(含Article)News(含Magazine)だけにした。本当は数をもっと絞り込んだほうが良かったかもしれないが、全部で200サイトくらいある。

あと「はてなダイアリー」で「雑記帳」というのを作り、専門以外のことについての備忘録として、プライベートなことはそちらにメモすることにした。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社