お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

技術のコモディティ化を象徴するインスタントカンパニーの登場

2003/12/25 10:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

今日は今年最後のエントリー。2003年を象徴する内容のひとつとして、Business 2.0誌の「The Rise of the Instant Company」を題材としよう。この記事のテーマは、Neoterisというベンチャーとその創業者Krishna "Kittu" Kolluriである。Business 2.0サイト上のこの記事は、無償では冒頭しか読めないのだが、筆者であるOm Malikの個人サイトにPDFファイルが今のところアップされているので、そこから全文を読むことができる。

この記事に加えて、12月16日ウォールストリートジャーナル一面に掲載された「Off-the-Shelf Parts Create New Order In TVs, Electronics」(有料)も合わせてご紹介しておこう。この2つの記事の関係を、Om Malik自身がそのBlogの中で「Commoditization quake hits Consumer Electronics」という文章として書いているので、そこからまず読むことにしよう。

技術の標準化で家電市場が変わる

「The consumer electronics business is undergoing a massive upheaval as more and more players jump in with products that could only be produced by giants such as Sony and Panasonic till recently. Dell, HP, and nameless players are all riding the consumer electronics bandwagon. I had mentioned this in my story, The Rise of The Instant Company. But today Wall Street Journal has made it front page news, with this story, Off-the-Shelf Parts Create New Order In TVs, Electronics.」

これまではソニーや松下でなければ作れなかった製品領域に、デル、HPに加え、無名のプレーヤーまで、新規参入者が殺到するという「massive upheaval」(大激変)がConsumer electronics業界に起きている。このことについては自分が書いた「The Rise of The Instant Company」の中で触れたのだが、同じような話がウォールストリートジャーナルの一面に載ったと。

次は、Om Malikが、ウォールストリートジャーナル記事の肝心な部分として引用しているところ。

「This sea change resembles the upheaval in the computer industry 20 years ago ? and is driven by the same technological force. As more consumer gadgets are based on digital chips and software, standard designs are emerging, just as the personal computer took shape around Intel Corp. microchips and Microsoft Corp. software. Now, new players are using those designs to shake up the older order and push down prices. While it took three years for DVD players to go from $1,000 to under $300, the same drop took just two years for DVD recorders.」

この大変貌は、コンピュータ業界に20年前に起きた激動とよく似ており、しかも同じ技術的な力によってドライブされている。「digital chips and software」を基礎としたConsumer electronics製品が増えれば、「standard designs」が登場する。それはPCの登場で起きたことと同じ、というわけだ。そうなると価格破壊が進む。その証拠として、DVD playerで1/3の価格低下が起こるのに3年かかったが、DVD recorderでは2年になった。

僕もこのウォールストリートジャーナルから一箇所を引用するとすれば、ここを引用しただろうと思うが、記事のポイントはここにある。そしてMalikは、自分の記事とウォールストリートジャーナルの違いをこう書く。

「The story however misses the big point - the deflationary nature of the Moore's Claw and how it is reshaping every aspect of our lives. My story had tried to address the issues of how to fight commoditization and start a company that can compete more effectively.」

つまり、冒頭で「この記事のテーマは、Neoterisというベンチャーとその創業者Krishna "Kittu" Kolluriである」と書いたが、このNeoterisを「コモディティ化というトレンドといかに闘って創業するかという課題をクリアして成功した先駆者」としてとらえているのである。

さてこのNeoterisという会社はNetscreenに買収された(10月発表、11月完了)。そのニュースリリースを読むと、Neoterisという会社についてのファクトを把握することができる。

「NetScreen Technologies, Inc. (Nasdaq: NSCN) today announced that it has completed its acquisition of NeoterisR, Inc., the market leader in the secure sockets layer virtual private network (SSL VPN) product category, as well as a leader in the application security gateway market.」

コモディティ化は起業家にとって大きなチャンス

さて、前置きはこれくらいにして、「The Rise of the Instant Company」本文を読もう。この記事のサブタイトルに、

「Commoditization isn't a curse. For a new wave of entrepreneurs, it's a blessing. Here's how they're using it to make millions.」

コモディティ化は呪いではない、ニューウェイブの起業家にとっては恩寵だとあるように、記事の冒頭はNeiteris創業者の

「Krishna "Kittu" Kolluri calls it "a gift from God."」

という言葉から始まっており、創業者のKolluriは、

「He's talking about what enabled him to create the company in the first place: cheap off-the-shelf parts.」

コモディティ化というトレンド、つまり「cheap off-the-shelf parts」がすべて手に入る時代になったことこそが、自らに素晴らしい創業機会を与えてくれた、と総括している。

「It might seem odd that a tech veteran like Kolluri, who made his bones as one of the early engineers of Silicon Graphics Inc.'s (SGI) famously high-end computers, would genuflect before the cut-rate processor and the bargain-basement disc drive. But consider: Kolluri's big score happened because his startup, Neoteris, was able to fashion its flagship networking device out of hardware that's available at any decent neighborhood computer store. There's a $900 Intel (INTC) Xeon x86 chip that's twice as powerful as an equal-price chip of three years ago. There's a security chipset that used to cost $200 but now costs $100. The operating system? Linux. Free.」

Kolluriという創業者は、ハイエンドコンピュータの技術者であったにもかかわらず、彼が創業したNeoterisの「flagship networking device」は、XeonとSecurity chip setとLinuxで出来上がっている。

「The low-cost parts enabled Kolluri to pour his resources into developing hot-rod software to make his product work better than anything on the market. "That's what people were going to pay for," he says. Pay they have: Neoteris's box sells for $10,000 a pop, and packs far more features than similarly priced products from Symantec (SYMC) and other rivals. Neoteris's total hardware cost: $2,000. By the time networking gear maker NetScreen (NSCN) announced it would buy Neoteris in October, it was closing in on profitability and had $20 million in the bank.」

このあたりの話は、今年の初頭、2月19日に(厳密には当時はCNETではなく個人サイトに)書いた「William GurleyのSoftware in a boxを読む」も合わせて読んでいただけるといいかもしれない。これまでハードのビジネスよりもソフトのビジネスのほうがいい事業モデルだという常識があったが、ハード事業のコスト構造が変化したこと等によって、「ソフトにコア・コンピタンスを持つベンチャーがハード事業を展開することの意味」を考えている論考である。ここで参照しているGurleyの文章は、CNET Japanで日本語訳もされている

安い標準部品を独自の味付けで加工して市場を奪う

「Kolluri and Neoteris are pioneers in a new era in the tech world. Call it the age of the instant company.」

Malikは、KolluriとNeoterisを、技術ワールド新時代のパイオニアであるとし、インスタントカンパニーの時代と呼ぼうと提唱する。

「Commoditization -- the process by which technology products become standardized and their prices are shoved relentlessly downward -- has now driven the cost of the building blocks of tech so low that hardware expense has been all but eliminated from the equation of creating new products. Now entrepreneurs and innovators are discovering that they can use cheap standardized parts as basic ingredients, stir in their own flavor of distinctive software, and ? voila! -- pop out a low-budget company that can swiftly attack a niche market or outmaneuver bigger, bloated rivals. "We are seeing the formation of whole new paths to creating new companies and remaking old ones," says Michael Raynor, a management expert at think tank Deloitte Research. 」

という部分がこの記事のポイント。起業家やイノベータは、安価な標準パーツをbasic ingredients(原料、素材)として使って、distinctive software(独特なソフトウェア)の味付けでよくかき混ぜて、ほーら、素早くニッチ市場を攻撃するまたは競合する大企業の裏をかくlow-budget company(低予算会社)の出来上がり! というわけである。

この記事の後半では、

「The process is invading ever more complex technologies -- high-end storage systems, networking gear, even supercomputers. A group of professors and students at Virginia Polytechnic Institute recently cobbled together 1,100 off-the-shelf Apple (AAPL) computers and, over the course of three months and for just $6.7 million, created a supercomputer that appears to be the world's fourth-fastest. Machines of similar horsepower cost hundreds of millions of dollars and take years to develop.」

コモディティ部品から作れるものの範囲が、より複雑なシステムにまで広がっていることをこう書く。この話は「Googleのカネをかけない斬新なシステム開発」の話と相通じるものだ。また別の会社を例に引き、人材もコモディティ化している要素の一つ

「He took advantage of another tech field that's rapidly being commoditized -- talent -- by setting up a development shop in China, where top-notch Linux programmers work for a fifth of what their U.S. counterparts command.」

という考え方も示している。「何を作るか」のアイデアさえあれば、人材も含めたコモディティを安価に調達して、インスタントカンパニーが作れる時代だというわけ。

ただ、こういうベンチャーは、株式公開して「永続する会社」を目指すものではなく、Neoterisが3年でNetscreenに自社売却したように、売却によるEXITを目指すものである。

「These companies, like Kolluri's, will tend to cash out not through bubble-era-type IPOs but by selling themselves to larger operators before another ready-mix player springs up to cut into their action. "We'll see a lot of hundred-million-dollar startups" that have short and sweet life spans, Subhedar says.」

インスタントカンパニーは、「プロジェクトとしての会社」の究極の姿と言えるのかもしれない。

そしてこの大きな潮流がConsumer Electronics業界全域に広がっていく (つまりコンピュータ産業に20年前に起きた激震と同じ激震が家電業界を襲うのだ) という話が、冒頭でご紹介したウォールストリートジャーナル一面記事「Off-the-Shelf Parts Create New Order In TVs, Electronics」のテーマなのである。このテーマは来年も引き続き、追いかけていくことにしよう。

では、読者の皆さん、よいお年をお迎えください。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社