お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

アマゾンが仕掛ける「書籍のグーグル」は成功するか

2003/10/28 10:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

10月23日、アマゾンが書籍のフルテキストサーチ・サービス「Search Inside the Book」を開始した。

本連載7月22日「AmazonがGoogle対策から立ち読みプロジェクト第2段を計画」を書いたとき、つまり、3カ月前にはまだ、

「今のところAmazon側はこの報道に対してノーコメント。出版社側によると、計画はサービス開始の秋まで極秘で進めるようAmazon側から依頼があったとのこと。プロジェクトのコードネームは「Look Inside the Book II」」

という段階であったが、ついにフルテキストサーチ・サービスが完成した。さっそく試してみたが、なかなかいい。興味のある読者の皆さんは、ぜひお試しください。

CNET News.comの速報記事「Amazon turns a new page on search」によれば、

「The service, dubbed "Search Inside the Book," lets people type in any keyword and receive results for all the pages and titles of various books that contain that term. In the past, Amazon customers could search only by author name, title or keyword. The search feature works with around 120,000 titles from 190 publishers, which translates into some 33 million pages of searchable text.」

書籍全体のフルテキストサーチの対象は、190社(出版社)の12万冊、3300万ページに及ぶ。

「"Innovation drives customer experience, and Search Inside the Book is a great example," Amazon CEO Jeff Bezos said in a statement. "With the help of publishers, we're offering a completely new way for people to find the books they want."」

というのがベゾスの発言である。

ベゾスは「本を探すための全く新しい方法を提供する」と言うわけだが、出版社やコピーライトホルダーとの利害をどう調整して、どういう制約のついたサービスに仕上げて、23日の発表にまでこぎつけたのであろうか。

検索に使うだけだから権利関係の処理は容易

Wired誌の次号に載る長文のレポート「The Great Library of Amazonia」が既にウェブ上で読めるぞ、と教えてくれたのが、人気BlogサイトTechDirtであった。TechDirtの要約を引用しよう。

「Amazon claims they didn't need to get copyright holders permission to scan in thousands of books, because they're not actually offering up an archive of books. You can see an image of the scanned page, but not download the whole thing. They're also pointing out that this is likely to get more people to buy books, so copyright holders should be happy. Of course, this sounds vaguely similar to the argument MP3.com made many years ago when they tried to create their huge library of MP3 files. It will be interesting to see how copyright holders react.」

アマゾン自身が大量の本をスキャンしてそのフルテキストデータベースを作ったわけだが、アマゾンはそのアーカイブを提供するのではないから、コピーライト保有者の許可はいらなかった。ユーザはスキャンされたページのイメージを見ることができるだけで、ダウンロードはできない。このサービスによって、本がより売れるようになるから、コピーライトホルダーもハッピー、というのがアマゾンの考え。でも、それって初期のMP3.comが言っていたことと同じじゃないか、これからコピーライトホルダーがどう反応するかが楽しみだ、とTechDirtは論評する。

しかし、ダウンロードはできないけれど、3300万ページ(12万冊)のすべてにもう既にアクセスできるようになってしまっているのだ。これは大変なことだと思う。

では、さっそくWired誌次号向け長文レポート「The Great Library of Amazonia」(ウェブ上で4ページにわたっている)の原文に当たってみよう。

「The entire collection, which went live Oct. 23, is searchable, and every page is viewable.」

「To build the archive, Amazon CEO Jeff Bezos has had to unravel a tangle of technological and copyright problems. His solution promises to remake the publishing business and give Amazon a powerful new weapon in its battle against online competitors such as Yahoo, Google, and eBay. But the most interesting thing about the archive is the way it resolves the paradox of the book, respecting its physical form while transcending its limits.」

アーカイブを作るうえで、ベゾスは技術的な問題とコピーライトの問題の混乱を解かなければならなかった。彼のソリューションによって、出版ビジネスそのものが再設計され、アマゾンがヤフーやeBayやグーグルと戦う上での新しい強力な武器を有することができる。しかしアーカイブについて最も面白いのは、本のパラドクスを解決する試み、つまり本という物理的フォームを尊重しつつ、その制約から超越しようとする試みである点だ、とこの記事は総括する。

ところで、この記事の筆者は、本連載9月26日「Amazonの参入でますます加熱する検索市場」でご紹介したアマゾンが新しく作ったサーチエンジン子会社のトップ・Udi Manberを取材することで、この記事を書いている。

欲しかったのは電子書籍ではなく書籍の電子カタログ

「The notion of Amazon scanning all of its books but allowing users to search only those they own is a clever way around the central barrier to creating a digital archive: Copyrights are distributed among tens of thousands of publishers and authors. But when Manber told Bezos his idea, he found the Amazon founder ready to work on a grander scale. Bezos wanted his customers to be able to search everything.」(Uni Amberが「本のすべてをスキャンして、それをユーザに対してサーチ可能にする」というデジタル・アーカイブのアイデアをベゾスに話したとき、ベゾスはそのアイデアを雄大なスケールで現実のものとする準備ができていた。)

この記事の筆者は、23日に一般公開されて我々も体験することができるようになったこのサービスのプロトタイプを、数週間前にManberの家で見て、初期のウェブサイトのデモを見たときのような興奮を覚えたと書いている。

ところで、これだけ原稿を書くことがデジタル化されているのに、出版社のデジタル化は遅れていて、12万冊の大半は、アマゾンが実際にスキャナーでスキャンしたものだという。

「Fortunately, mass scanning has grown increasingly feasible, with the cost dropping to as low as $1 each. Amazon sent some of the books to scanning centers in low-wage countries like India and the Philippines; others were run in the United States using specialty machines to ensure accurate color and to handle oversize volumes. Some books can be chopped out of their bindings and fed into scanners, others have to be babied by a human, who turns pages one by one. 」

ではコピーライトの問題について。アマゾンは大胆にも、電子ライブラリを作っているのではない、これはeBookプロジェクトじゃないんだ、と一蹴する。

「The copyrights to these titles are spread among countless owners. How was it possible to create a publicly accessible database from material whose ownership is so tangled? Amazon's solution is audacious: The company simply denies it has built an electronic library at all. "This is not an ebook project!" Manber says.」

ManberはeBookではないぞ、これはカタログなんだ、

「Manber is correct when he says that Amazon's Search Inside the Book is not an ebook project. It is merely a catalog. But a decade of Internet history proves that the catalog is exactly what you want to own.」

と言うわけだが、インターネット10年の歴史が証明したのは、そんなカタログこそが、皆が所有したいものなのだということだったのではないか、と筆者は、記事の後半で自問している。

さて、このサービスでの制約は何か。アーカイブはわざと不便に作られているという。それに立ち読みの量についての制約もある。こんなふうに。

「And in a sense he is right. The archive is intentionally crippled. A search brings back not text, but pictures -- pictures of pages. You can find the page that responds to your query, read it on your screen, and browse a few pages backward and forward. But you cannot download, copy, or read the book from beginning to end. There is no way to link directly to any page of a book. If you want to read an extensive excerpt, you must turn to the physical volume -- which, of course, you can conveniently purchase from Amazon. Users will be asked to give their credit card number before looking at pages in the archive, and they won't be able to view more than a few thousand pages per month, or more than 20 percent of any single book.」

目的は書籍の売上を伸ばすこと

そして、

「"The point is to help users find a book," says Manber, "not to make a new source of information."」

Manberは、このサービスを「新しい情報ソースを提供する」という目的ではなく、「本を見つける」という目的にあわせてデザインしたと言う。

そしてベゾスは、

「Bezos is vehement on this point. He has sold publishers on the idea that digitizing hundreds of thousands of copyright books won't undermine the conventional bookselling business. "It is critical that this be understood as a way to get publishers and authors in contact with customers," he says in an interview at Amazon's Seattle headquarters. "We're perfectly aligned with these folks. Our goal is to sell more books!"」

という考え方、ビジョンを出版社に売り込むことで、このサービスを現実のものとしたのである。

また、この構想の大前提として、本という物理的フォーマットがデジタルフォーマットよりも顧客にとって優れているという確信がある。

「But Amazon's scheme would never work if users really wanted their books in digital form. The magic of the archive lies in the assumption that physical books are irreplaceable. The electronic text is simply an enhancement of the physical object.」

結論はこうだ。

「Amazon's Alexandrian scheme hinges on the insight that physical books can be turned into electronic databases and then - in the retail process - turned back into physical books.」

「物理的な本が、電子的データベースに姿を変えるが、しかし最終的に販売プロセスで、再び物理的な本になる」というのがアマゾンのビジョン。

あと、グーグル対アマゾンという意味では、こんな記述もある。

「On the other hand, the contents of books may be the only publicly accessible data set with the potential to match Google's Web index both for size and utility. Search Inside the Book makes Amazon the sole guide to tens and ultimately hundreds of millions of pages of information. And while Google's business is vulnerable to any competitor that builds a better search engine, Amazon's book archive is the product of negotiated contracts with hundreds of publishers.」

アマゾンが蓄積するこのデータベースは、グーグルに対抗できる唯一の価値あるコンテンツ群なのではないか。Googleはコンテンツを囲いこんでいないから検索エンジン・ベンチャーの追い上げが脅威となるが、アマゾンはコンテンツを囲い込んでいるから強いぞ、と言うわけである。

いやいや、それにしても、面白い試みが始まったものである。

でも果たしてこれによって、書籍全体の売り上げがアマゾンの思惑通りに伸び、出版社とアマゾンとコピーライトホルダーの間のWin-Win関係は構築できるのだろうか。要注目である。

課題は立ち読みの後に本当に本を買ってもらえるか

10月25日のサンノゼ・マーキュリーニュース「Amazon's new search finds kudos」では、早くもこのサービスのことを、「本のGoogle」と呼ぼうと、そして

「Call it a Google for books: Amazon's latest feature allows readers to search millions of pages online to browse before they buy.

The question now is whether they will buy after they browse.」

でも、問題は立ち読みした後にユーザが本当に本を買うかどうかだ、と書く。

また、MITのTechnology Reviewというサイトで最近始まったGroup Blogを読んでいたら(このGroup BlogにはMITの教授たちも参加していて面白い)、Henry Jenkinsが、アマゾンのこの新サービスを試したあとで、こんな風に絶賛していた。部分的に引用して終わることにしよう。

「I spent a few hours playing around with it last night and am simply blown away.」

「There are a handful of digital tools which have really changed the ways I relate to traditional media. Amazon itself altered my relations to books; their sound samples and later Napster changed the way I related to music; Tivo changed my relations to television; Netflix changes the way I think about movies; and now, I see this search engine as a tool on about that same order of magnitude.」

「Try it -- You'll like it!」

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社