お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Amazonの参入でますます加熱する検索市場

2003/09/26 10:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

Amazon.comが、シリコンバレーにサーチエンジンの会社を作ったことが明らかになった。

A9という名のAmazon100%所有の子会社だ。

サーチエンジンの戦略的重要性を再認識しての、そしてもちろんGoogleを脅威と感じての打ち手であることは間違いない。

記事やニュースのサーチなんかはどうでもいいが、eコマースに関わるサーチについては、絶対に最高のものを自前で用意しなければならない、というのがAmazonの戦略である。

このA9については、9月25日のWall Street Journal(有料購読)「Amazon Plans Search Service To Drive Sales」という記事で初めて紹介されたもの。

Wall Street Journalにアクセスできない人は、Peter O'KellyのBlogにいくと、記事のポイントが引用されているので、そちらをご覧ください。

本連載では、繰り返し何度も何度も、Googleがネット産業全体に及ぼそうとしている大きな影響を議論している。

特に7月17日「Googleの台頭は全てのネットビジネスに影響を与える」と、8月28日「Googleを取り巻く苛酷な競争」で解説した内容が、今回のAmazonの戦略を読み解く上での背景となる。7月17日に、

「Amazonは、去年、「chief algorithms officer」というポジションを用意して、Yahooの元チーフサイエンティストでアリゾナ大学教授のUdi Manberを招聘したとのことである。」

とご紹介したが、このUdi Manberが、今回の新会社A9の社長に就任し、いまはとりあえずシリコンバレーで30名のエンジニア採用を開始し、さらに戦力を増強していくとのことである。

有料コンテンツなので引用は1つだけにとどめるが、

「That's precisely Amazon's concern: More and more shoppers are treating Google as a starting point because it is perceived by many as a convenient way to find any product on any Web site.」

競争の本質は、オンライン購買者にとっての「starting point」をめぐる争いなのである。

オープンソースのサーチエンジンNutch

さてサーチエンジン関係でもう1つ話題をご提供しておこう。8月28日に、オープンソースのサーチエンジン・プロジェクトNutchをご紹介したが、その後、かなりきちんとしたNutchについての記事「An Open Source Search Engine」が、SearchEngineWatch.comに掲載されたので、それを読んでみよう。

「Ask anyone in Silicon Valley what the hottest application on the Internet is today and you can bet their answer will be search.」

いまシリコンバレーで、何がネット上でもっともホットなアプリケーションか、と聞けば、答えはサーチに決まっている。

「Nutch could rewrite the rules of search development -- especially with an impressive roster of Internet luminaries now lining up behind it.」

そのサーチエンジンの開発のルールをNutchは書き換えることになるかもしれない。

Nutch開発リーダーは、Doug Cutting。もともとはXerox PARCの研究者である。

「"Search is interesting again," says Doug Cutting, a founder and core project manager at Nutch. Cutting, whose development chops were honed at Xerox (XRX) PARC, Excite and Apple (AAPL), is building Nutch (that's his toddler's all-purpose word for "meal") with a small team of engineers based around the country.」

いまは少人数のグループでの開発が進んでいるところだが、

「But Cutting says they hope that once Nutch is loosed on the world, tinkerers from Romania to China to Palo Alto will help build it into a robust platform, in the spirit of Linux or Apache (which has garnered more than 60 percent of the Web-server software market in just the last couple of years)」

いったんNutchがリリースされれば、LinuxやApacheで起きたようなオープンソース・ムーブメントが起こるに違いない、とDougは言う。

「Cutting won't commit to a specific launch date for the engine, but he said he expects it to go live at Nutch.org sometime early this fall.」

リリースは今年の秋、つまり、まもなくとのことであるから、興味のある読者の方は、Nutch.orgをご注目ください。

サーチは金持ちのゲーム

この次の文章がちょっと面白い。

「Search is a game of intellectual property, innovation, and market position. The three combatants all keep jealous watch over their patents (Yahoo, for one, has more than 60), engineering talent (hundreds of Ph.D. holders work at Google), and market advantages (Microsoft -- need we say more?). Indeed, search is such a complicated and expensive undertaking that analysts have pegged the cost of market entry at well over $100 million.」

サーチは、IPとイノベーションと市場ポジションの3つが支配するゲームなので、市場参入には最低1億ドル(100億円以上)かかるというのがアナリストの見立てだとこの記事は書く。そういう「金持ちでないと参入できない」というルールがNutchによって書き換えるかもしれない、という期待がこの記事にはこめられている。

Nutchが仮にオープンソースで素晴らしいサーチエンジンに育っていった場合には、AmazonやYahoo!やeBayといった企業群が、Nutchをベースにドメインスペシフィックなサーチエンジンを作っていくというようなことが起こるのかもしれない。

「Interestingly, early Nutch development was supported in part by Overture's R&D division, and an Overture official sits on the Nutch board.」

Overture(Yahooに買収された)の研究開発部門がNutchの開発を支援し、Nutchのボードメンバーにもなっているというわけだが、そんなことの布石なのであろうか。

最後に、NutchとGoogleの対比については、こんな記述がある。

「Perhaps more important, Google takes a "trust us" approach to search; they say they don't skew their PageRank formula to favor certain sites, but we have no way of knowing for sure. With Nutch, the indexing and page-ranking technologies are all open and visible; you can check them yourself if you have a problem with your page's ranking. Just as Linux has taken on Windows, revolutionizing the rules of search-engine development and distribution, Nutch could pose a threat to Google and other search giants.」

Googleは「我々を信用してくれ(Trust us)」というアプローチ、つまりサーチアルゴリズムを公開しないアプローチを取っているが、Nutchはすべてオープン。Linux対Windowsの構図が、Nutch対Google and other search giantsの構図と全く同じだと、この記事は総括する。

1つ最後に押さえておきたいのは、成功する会社と失敗する会社があるのと同じように、成功するオープンソース・プロジェクトと失敗するオープンソース・プロジェクトがあるということだ。むしろ失敗するものの方が多い。それは当然のことだ。

むろんNutchの試みは時代の流れであるが、オープンソース・プロジェクトだからといって成功するという保証はない。

A9だって、これほどの後発で、スクラッチから会社を作って何ができるのかは全くわからない。

あくまでもサーチをめぐる水面下の苛酷な競争の一局面として位置づけ、今後の推移を冷静に見つめていきたいと思う。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社