お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

IT産業は成熟か未成熟か

2003/09/04 10:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

バブル期の寵児、PricelineのJay Walkerと、NetscapeのJim Clarkのインタビューが、ビジネスウィークに掲載された。今のところ無償で読めるようなので、彼らの肉声に耳を傾けてみよう。

IT産業はまだまだ成熟していない

まずは、Jay Walkerのインタビューから。

「It couldn't be farther from mature. The only industry less mature is biotech. Here's why: As a nation, our ability to collect, analyze, manage, and use information is just in its infancy. Almost every part of our lives is still based on mass-marketing technologies and processes and Industrial Age organizations.」

これが冒頭の発言。IT産業なんて成熟から程遠い。ITよりも若い産業なんてバイオくらいしかない。だって、情報を集めてマネージし利用する能力なんてまだまだ全然大したことない。我々の生活なんてまだ「Industrial Age」(工業社会型)組織のマスマーケティング技術を前提にしているではないか。

「In just about every commercial interaction, the seller knows very little about you -- very little about your history, very little about what you want, and has very little opportunity for dialogue with you. Even the most vaunted companies like Wal-Mart (WMT ) know very, very little about you. That's going to change. Information systems will make our time look as backwards as the first railroads now look in the history of transportation.」

今の世の中、売り手が顧客について知っていることなんてほんのわずかだ。ウォルマートだって大したことない。それがこれから変わる。将来振り返ってみれば、今のITの世界は、輸送・交通の歴史における初期の鉄道のような時期だってことがわかるだろう。

「IT without imaginative new systems is just yesterday's IT. If software never changed, it would be mature. That's true. But innovation is not about using yesterday's ideas with today's tech. It's about using new ideas with tomorrow's tech.」

創意に富んだ新しいシステムなしのITは昨日のITだ。イノベーションとは、昨日のアイデアを今日の技術で実現することではない。新しいアイデアを明日の技術で実現することなのだ。まさにJay Walker節健在である。

Pricelineはまだまだいける

「What are the lessons from Priceline?」という質問に答えて、株価の問題は別にすればと前置きした上で、Jayはこう言う。

「But Priceline is still only five years old, and it has done $4 billion in sales. It has about 16 million customers. It went from zero to a billion in sales in year two. The lesson of Priceline is that if you create something entirely new, no matter who your competitors are, if you have a really good idea that serves customers, you can get very big in America very fast. That's a lesson of Priceline.」

Pricelineはまだ5歳。それでこれまでに40億ドルのセールスを達成し、1600万人の顧客を持つ。ゼロから10億ドル売り上げまでたった2年。Pricelineからのレッスンは、もし全く新しいものを創造するとしても、顧客ニーズにあったものであれば、アメリカではすぐにビッグになれるということだ。

失敗しても失敗しても、くじけずに、抜け抜けとこう言ってのけながら前進するのが、アメリカの流儀である。

シリコンバレーはうつ病化した場所

さてもっと面白いのがJim Clarkのインタビュー

「But lately he has lost his ardor for the Valley, which he now calls an "insanely depressing place." In fact, he's relocating to Florida.」

Jim Clarkはシリコンバレーへの情熱を失い、今はシリコンバレーのことを「うつ病化した場所」とまで呼ぶ。へぇー。噂を聞かないと思っていたら、フロリダに拠点を移していたのである。

「There's nothing going on that's of interest. There are only very few things. It used to be a vibrant, happening place. I'm speaking pre-1995. Once Netscape went out and the place turned into rocketland, everything got so insanely out of whack -- salaries, demand for people, commercial real estate. It became an insane place. And now it's an insanely depressing place. Now it's in such a funk.」

シリコンバレーでは今、何も面白いことが起こっていない。本当にわずかだ。1995年より前は、活気に満ちて、色々なことが起きる場所だった。ネットスケープが登場してから、すべてが無秩序化した。給料、人への需要、商業用不動産。それで「気が触れた場所」になった。それで今は逆に「うつ病化した場所」に成り果てた。まったくひでぇもんだ。

「It will survive, probably, but I'm no longer part of it. We just moved out. We're now developing real estate in south Florida. I'm in a group called Hyperion Development Group, and we're developing four or five real estate condominums and rental apartments. The city of Miami is booming. It's vibrant in the real estate business. So we're developers now. [Laughs] We've gone back to making money the old fashioned way.」

シリコンバレーも結局はサバイブするだろうけれど、俺はもうその一部分ではないよ。もう引っ越したんだ、フロリダへね。今は南フロリダで不動産開発をしている。マイアミは今ブームだ。そう俺は今デベロッパー。昔の流儀で金儲けをするよ。

「Of course it is. Technology mutates. New areas of interest and invention and entrepreneurship [will spring up]. You never know quite where that's going to be, but I'm willing to bet it's going to be some blend of information technology with other things.」

「Technology is a very big word. Technology means anything technical. It could be computer, physics, biology. When you combine computer science with other forms of science, you're going to yield new things. One area is biomedical -- molecular biology. There will be new things that constitute new opportunities. Technology will still be vibrant.」

IT自身はかなり成熟して面白くなくなったが、ITと何か別の技術を結びつける領域にこそ、イノベーションが起こるというクラークのこれらのコメントに、インタビュアーはしつこくITについてはどう思う?、と尋ねた。

狂騒期にしか興味を持てないJim Clark

「I don't know. I tend to think there will be some. But it won't be like the wild wild West. It's like, there was a period when new states were being formed in the U.S. That's over.」

もうwild wild Westの時代は終わっちゃったよ。(だからもう面白くない)。

「I'm completely out of it. The only things I'm still invested in are the ones I was invested in while the boom was still happening. I'm not in the venture-capital business. I'm not a Silicon Valley player. I'm not putting money actively to work in any technology sector.」

なるほどなるほど。Jim Clarkは、時代が狂奔するときにしか輝かない人なのである。

Jay WalkerとJim Clarkの発言を読み比べると、IT産業が成熟したと見るかまだまだ成長しているかという議論は、見る人の心の在り様を投影する鏡のようなものだという気がしてくる。

余談になるが、Jim Clarkについて書かれた「ニュー・ニュー・シング」という本は、Michael Lewis渾身のノンフィクションの名著だ。シリコンバレーを知るとかIT産業を知るとか、そういう観点からだけではなく、このJim Clarkという類い稀に面白い人間を描ききっているという意味で、本当に素晴らしい。特に、この本に出てくるハイペリオンというJim Clarkのヨットの話は抱腹絶倒である。このビジネスウィークのインタビューを読んで、Jim Clarkが今フロリダでやっている不動産開発会社に「Hyperion Development Group」という名をつけていることを知った。世界初のコンピュータ制御のヨット、ハイペリオン。これこそが、Jim Clarkの心象そのものなのであろう。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社