お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

オープンソース開発組織の新潮流

2003/07/24 10:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

mozilla.orgが7月15日、新しい財団「Mozilla Foundation」を設立したことは、日本でも既に報道されているので、よくご存知の読者も多いことと思う。

Mozillazineの「The Future: The Mozilla Foundation and the End of Netscape」の総括がコンパクトでよくまとまっている。

「While a major loss, the end of Netscape does not mean the end of Mozilla. There is no way that AOL can revoke the Netscape and Mozilla Public Licenses and make the code proprietary. The Mozilla code will continue to be available to all. AOL has also agreed to transfer the Mozilla trademark and other intellectual property (much of it dating back to when Mozilla was Netscape's mascot) to the new Mozilla Foundation. Netscape-owned hardware (such as the mozilla.org servers) will also be transferred to the new organisation.」

Mozilla関係のトレードマークとIPやmozilla.orgのサーバーなどが新組織に移管される。mozilla.orgは正式な組織であったことはないが、これで初めて法的な組織となる。この組織が非営利のステータスを得られればいいと希望する、と書かれているが、組織自身を作るのは簡単だが、非営利組織としての認定を受けるには大変な手続きがいるのである。

これは余談だが、僕もJTPAという非営利組織(NPO)を作るのに関わったのでよくわかったのだが、米国で非営利組織を作るプロセスというのはけっこう大変だ。JTPA代表の渡辺千賀が、

「これは一生で一回しか役に立たない可能性の高い「葬式的知識」ではある。葬式というのは、一回心をこめてすれば、2回目からは誰でもできるものだが、そんな手馴れた人はいないので葬式屋というビジネスが存在する。しかし、私はNPO申請屋さんになるつもりはないので、恐らくこの先ほとんど役に立たない無駄な知識に終わるだろう。便所の百ワット的知識とでもいいましょうか。」

と自嘲気味に書いたBlog「アメリカでNPOを作るということ」を読むと、どういうことかよくわかる。税金の取り扱いがどうなるかが焦点なのである。

「The Mozilla Foundation will be funded by donations from individuals and companies, such as Sun Microsystems and Red Hat. AOL will provide $2,000,000 of funding over the next two years.」

そして、AOLが200万ドル(2年間)寄付するのに加えて、サンやレッドハットのような会社、個人の寄付で運営しようとしている。これからはmozilla.orgが直接エンドユーザと接するようになるわけだ。

非営利組織でソフトウェア開発を行うということ

この新財団のトップに就任したのはミッチ・ケーパー(Mitch Kapor)であるが、彼は「Open Source Applications Foundation(OSAF)」のトップと兼務することになる。

彼が書いた7月5日のBlog「Reflections on OSAF as an Organization」では、非営利組織でソフトウェア開発を行なうことについての彼の考えが、きちんと整理されていて興味深い。

「Part of my job, as I see it, is to foster the organizational health of OSAF. Ever since my early days as an entrepreneur at Lotus, I've naturally felt that an organization's success had to be assessed not only in terms of its finances and products but its culture as well.」

ミッチは、自分の仕事は組織的健康を維持することだという。Lotusで起業家として働いていた頃から、組織的成功とは、financialな成功や製品の成功のみならず、いい文化を作り上げることだと感じてきた。

「So, paying attention to how people are treated and how they treat each other in the workplace is by now a habit of long-standing. This is where it begins, with attention. It's remarkable to me how often it is the case in Silicon Valley companies how little regard there is for creating workplaces in which basic conditions of respect and fairness are taken seriously.」

彼のこの文章はなかなか味わいがある。Attention、Respect、Fairnessといったキーワードは、ソフトウェア開発組織に限らず、どんな組織でもとても重要な要素だ。そんな彼の思想をビルトインしたという

「The organizational design of OSAF has reflected my concerns from the outset.」

以降の話は、オープンソース型ソフトウェア開発の理念をどうこの非営利組織で実現するかが書かれているので、興味のある方は原文をどうぞ。

オープンソースの組織モデル

さてところで、アメリカの大学では、同時代的に重要なテーマの研究もきちんとされているんだなぁ、と感心したのは、ハーバードビジネススクールの「The Organizational Model for Open Source」を読んだときだ。

「A surprising entity has emerged to protect the interests of open source software developers: the non-profit foundation. HBS professor Siobhan O'Mahony discusses this emerging organizational model.」

「HBS professor Siobhan O'Mahony discusses her research on foundations formed around three projects: Debian, a complete non-commercial distribution of Linux; the GNU Object Model Environment (GNOME), which is a graphical user interface for Linux-based operating systems; and Apache, a public domain open source Web server.」

ハーバードビジネススクールのO'Mahony教授は、Debian、GNOME、Apacheプロジェクトのためにできた組織の研究をしたとのこと。この記事は、そのO'Mahony教授のインタビュー記事である。

「It is important to realize, however, that hackers are a diverse group. I have interviewed hobbyists, students, academics, software professionals, and government workers who identify themselves as hackers. It is not safe to generalize about all of the values that hackers share, but they tend to agree on at least one thing: Respect must be earned and cannot be derived from position.」

彼女は、たくさんのハッカーたちのインタビューをし、ハッカーとは多様な人々で一括りにはできないとしながらも、唯一の共通点として、Respect(尊敬)というキーワードを挙げている。

「Associated with these values is an embrace of informality and distaste for "administrivia" - for this too can take away from the pure joy of programming. So I suppose what can be considered to be contradictory is that many community-managed open source projects have incorporated and created nonprofit foundations with formal boards and designated roles and responsibilities.」

加えてハッカーたちは、インフォーマルであることを大切に思い、管理業務のこまごまとしたことを嫌うのだが、オープンソース・プロジェクトが組織化されると、きちんとしたボードメンバーが居て、役割の定義や責任を規定したりし出すので、だんだんつじつまが合わなくなってくる可能性がある。

「Now there is a wide range of foundations that are emerging. At one end of the continuum are nonprofit foundations that act as little more than legal shells to hold a project's assets and allow it to collect donations. At the other end are nonprofit foundations that have elaborate committee structures, manage releases, and even hire employees.」

非営利組織といっても多種多様だ。プロジェクトの核となる資産をその組織で有し最低限の寄付を募る枠組みとしての非営利組織を一方の極とすれば、他方の極には委員会形式での意思決定、リリースを管理し、従業員を雇うものがある。

mozilla.orgが目指すのは彼女が言う後者の大型のNPOであり、その組織的課題は大きいのだと言えるだろう。

そして、オープンソース開発NPO組織のチャレンジは3つあると、O'Mahony教授は主張する。

第1はResource。でもこれは第2、第3のチャレンジに比べれば何ということはない。

第2は「the tension between embracing the informal work norms and ethos of the hacker style of programming with the need to be more predictable and coordinated in managing software releases」。つまりこれまでのハッカー・スタイルの開発と、組織化してからのより商業的開発に近いあり方との間で生まれる緊張関係の問題である。

そして第3は「support from Fortune 500 firms in the software industry」。大企業からの支援の受け方の問題である。詳しくは原文をどうぞ。

そして教授は、Debian、GNOME、Apacheの3つのプロジェクトよりも、ミッチ・ケーパーが始めたOSAFこそがNPOのNext Waveだと言っている。

「I see the Open Source Application Foundation (OSAF) as an example of the next wave. Mitch Kapor, a successful venture capitalist who founded Lotus Software, invested $5 million of his own money into building a personal-information manager, Chandler. In his own words, "The whole idea of founding a company to develop new productivity software was a complete non-starter. No sane VC would or should fund a venture to compete with the Microsoft monopoly."

Even though his project is in the early stages, over 33,000 people downloaded the very first release in its first two weeks and OSAF has received a grant from the Mellon Foundation to further their work for educational environments.」

僕も正確には知らなかったのだが、「マイクロソフト対抗ソフトのChandlerを作るのにVCが投資するわけがないから」という理由で、ミッチ・ケーパーは自分のカネを500万ドル投入してOSAFを作ったのですね。こういうスケールの大きなNPOがNext Waveということなので、mozilla.orgもその文脈に位置づけることができるだろう。

「One of the most important roles foundations can play is to ensure that pluralism in the governance of these projects is sustained.」

NPO組織の果たす役割で最も重要なことを、彼女は、「pluralism in the governance of these projects」、つまりこれまでのオープンソース・プロジェクト成功のエッセンスである「プロジェクトのガバナンス(統治)における多元主義」を、きちんと維持することだと結論づけている。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社