お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

AmazonがGoogle対策から立ち読みプロジェクト第2段を計画

2003/07/22 10:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

Amazon.comが本の内容(コンテンツ)をデジタル化してサーチ可能とするサービスを企画しているようだ。

Amazon Plan Would Allow Searching Texts of Many Books」(ニューヨークタイムズの記事は読者登録すれば、掲載からしばらくの間は無償で読めて、時間が経つと有料になる)。

ニューヨークタイムズが7月21日(月)に報道したが、今のところAmazon側はこの報道に対してノーコメント。出版社側によると、計画はサービス開始の秋まで極秘で進めるようAmazon側から依頼があったとのこと。プロジェクトのコードネームは「Look Inside the Book II」。

Amazonでは、今も、本によっては、かなりの量のページを立ち読みすることができるようになっているが、今度はサーチもできるようになる。

Googleに対する危機感がAmazonを走らせる

このサービスは、AmazonのGoogleに対する危機感によって構想されたものだと、この記事は書いている。

「Amazon's searchable archive also appears to be part of the company's response to the four-year-old Google, which is changing the way people use the Internet, gather information, advertise and shop.」

「The challenge for Web sites like Amazon is that Google's search service is increasingly cutting in front of them as the first place consumers go online, diverting shoppers who might have gone straight to Amazon, the most popular online retailer.」

Googleが巻き起こした競争がAmazonらの競争を加速させ、その結果、消費者にとっての利便性はぐっと上がり、既存産業(出版社)の構造が変わるスピードが増すというサイクルが果たしてまわるのかどうか。

Amazonが目指すのは

「a more authoritative alternative source of information」

だという。

ちなみに、この領域を目指すベンチャーとして、この記事は、

「NetLibrary, Questia and Ebrary」

の3社を挙げている。

権威を重視するAmazon、逆バイアスをかけるGoogle

CNN Moneyの「Amazon plans book-text search」は、ニューヨークタイムズの記事を読んで書かれたもので、冒頭の記事の要約になっている。

「Users who register could then see several pages around the result of the search, but the total amount anyone could view from a single book would be limited, the paper reported.」

「The plan could help Amazon counter competition from Google and Yahoo, which pull potential shoppers away from its site, and broaden Amazon's appeal as an authoritative information source, the report said.」

キーワードは「Authoritative information」というところにある。つまり、権威ある信頼すべき情報。今、Googleでは、本の内容までサーチできないが、本になったということはある種の権威付けがなされているという意味だから、その内容は「Authoritative information」だということである。

ところで、Steven JohnsonがGoogleの課題について書いたBlog「Googleholes」とエッセイ「Digging for Googleholes」があるが、その中で彼は、自分の名前(著者名)と著書名の組み合わせ「steven johnson emergence」でGoogleサーチした場合の経験についてこう書く。

「Here's a more real-world example of the bias at work, which is equally self-reflexive: search on "steven johnson emergence." The top ten results are either from blogs, Amazon product pages, or the O'Reilly Network (very big with the open source and blogging communities.) Now, Emergence was reviewed by the NY Times, the Economist, the Village Voice, the UK Guardian, and dozens of other major publications with huge readerships. But Google doesn't think those results are as relevant as blogger reviews. Now, I'm a blogger, and I love the blogging community, so I think in a way that this is not necessarily bad news. But it's hard not to see it as a kind of bias.」

「Authoritative information」という表現をStevenは取っていないが、彼の言わんとするところは、Googleは「Authoritative information」に対して逆バイアスがかかっている(「Authoritative information」を過小評価し「Authoritative information」でないものを過大評価しがちだ)という主張である。

そして、人気BlogサイトTechdirtも、さっそく本件について書いている。「Amazon Plan Would Allow Searching Texts Of Many Books

「The idea is that you could go to Amazon, and do a regular search, and it would show you a list of books that had text that matched what you were searching for. Amazon would then let you see a limited section of text around the words you were searching for and then, of course, suggest you might want to buy the book. This sounds like a great, and extraordinarily useful idea, but some people seem to have their doubts. Others have tried this in the past, and it hasn't gotten very far. The biggest problem is the expense of the undertaking. To scan in so many books is not easy. Furthermore, it sounds like both publishers and authors are incredibly nervous about this idea, as they see any digitizing of content a risk to creating a "Napster for books".」

素晴らしいアイデアであり実現してほしいが、課題はAmazonサイドのコストの問題と、このサービスが「本におけるナップスター」化リスクをはらんでいることだとTechdirtは言う。肝心のコストは、CNN Moneyによれば、「books not already in digital format would have to be scanned at a cost of more than $200 each」とのことである。

本連載7月11日の「Amazon、Yahoo、eBay、Googleに続く5番目の会社を知っていますか?」におけるIACのビジョンを思い出してみてください。

「Finally, Diller has placed his bet on "transactions," and not on "content." Content is not king, transactions are. Diller makes this clear in a March 2003 interview with Wired magazine: "When you talk about content, what you're really talking about are goods and services --- the selling of goods or the dissemination of services." Content, in Diller's opinion, is only useful when it is bundled with a transaction.」

「Content is King」は嘘で、トランザクションがKingなのだ。トランザクションの伴わないコンテンツに価値はない。

Amazonは、本のコンテンツとトランザクションとを組み合わせて、著者・出版社・Amazon三者のWin-win-winモデルを模索しているのである。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社