お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Yahoo!のOverture買収は「楽しい時代」の幕開け

2003/07/15 10:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

Yahoo!によるOverture買収が、米国時間の7月14日(月)朝、発表された。

久しぶりに、産業全体が激しく動き始める前夜という感じが出てきた。まだまだ喧騒の90年代後半の雰囲気には遠いが、ITバブル崩壊後の沈鬱として何も起こらず、時間がゆったり流れる感じからはずいぶん変わってきた。

CBSマーケットウォッチで、まずファクトだけ押さえておこう。

「Yahoo said Monday it's buying online ad company Overture Services for $1.63 billion in stock and cash.」

「As part of the deal, Yahoo (YHOO: news, chart, profile) will pay $4.75 in cash for each Overture (OVER: news, chart, profile) share. Overture shareholders will also receive .6108 shares of Yahoo. Yahoo closed at $32.19 on Friday. Overture traded at $21.51. That means Overture shareholders would receive $19.66 in Yahoo stock plus $4.75 in cash for a total of $24.40. That's a 13 percent premium above Overture's stock close on Friday.」

株式交換とキャッシュを合わせての総額16.3億ドルの買収である。

Google対抗でインターネット広告を強化するYahoo!

Yahoo! CEOの公式発言は、

「"The combined assets position Yahoo as the largest global player in the rapidly growing Internet advertising sector," said Terry Semel, Yahoo's chairman and CEO, in a release. "The time to act is now," he said, on a conference call Monday morning.」

急成長するインターネット広告市場の世界最大のプレーヤーを目指すための買収であり、動くべきときは今、と言っている。Google包囲網の一つと言っていい。サンノゼ・マーキュリー・ニュースの記事では、買収効果をもう少し詳しくこう総括している。

「The deal would further Yahoo's strategy of moving from being a mainly advertising-supported site - a model that fell apart with the Internet bust - to a more diversified company with several kinds of subscription and ad-based revenue streams. "Together, the two companies will be able to provide the most compelling and diversified suite of integrated marketing solutions around the globe, including branding, paid placement, graphical ads, text links, multimedia, and contextual advertising," Yahoo chief Terry Semel said in a statement.」

「the most compelling and diversified suite of integrated marketing solutions around the globe」というのが、買収後のYahooのビジョンだということになる。

関連株がどう動いているかについては、

「Shares of LookSmart (LOOK: news, chart, profile) ran up 16 percent to $3.88 on speculation that Microsoft might snap up its search partner. LookSmart relies heavily on Microsoft (MSFT: news, chart, profile) for much of its distribution. FindWhat.com (FWHT: news, chart, profile) and Ask Jeeves (ASKJ: news, chart, profile) also soared.」(CBS Market Watch)

とある。マイクロソフトの提携パートナーのLooksmartがマイクロソフトによって買収されるのではないかということを含みに株価上昇。検索技術のFindWhat.comとAsk Jeevesも株価が上昇した。

Googleが株式公開で対抗するとしたら

さて、Googleが上場するかどうかという話題がホットだった1カ月前、CBSマーケットウォッチは、「What would Google do with IPO cash?」という記事を書き、仮にGoogleが公開でキャッシュを得たら、それを何に使うべきか、という分析をしている。当然のことながら買収に使うという使い道の話になるので、検索技術を持つ会社が網羅された記事になっているので、改めて読んでみよう。

「A comfortable cash cushion would help as it competes with larger and better-funded rivals like Yahoo (YHOO: news, chart, profile) and Microsoft (MSFT: news, chart, profile) in the portal business and as it finds itself increasingly targeting the same advertisers as EBay (EBAY: news, chart, profile) or even USA Interactive (USAI: news, chart, profile).」

Googleにとっての大型ライバルは、まずYahoo!とマイクロソフト。そして同じ広告主をめぐってのライバルという意味ではeBayとUSA Interactiveを挙げている。こうしたライバルのすべてが、未公開のGoogleよりもたくさんキャッシュを持っている。

14日朝の発表については、もうこの記事で、だいたい予想されていたわけで、織り込み済みとまでは言わないが、どういうタイミングで動きが加速するかが焦点だったわけである。

「Overture has already broadened its marketing business this year with purchases of Alta Vista and AlltheWeb.com. Yahoo bought search technology company Inktomi in December.」

Overtureは既に今年に入ってAltaVistaとAlltheWeb.comを買収済み。YahooもInktomiを買収済みなので、Yahoo-Overtureは市場に存在していた検索技術・マーケットをかなり買い集めたことになる。

今年に入って、GoogleはBlogのPyra Labsと、広告関連技術のApplied Semanticsを買収したが、こうした小型買収をGoogleはいくつかやるかもしれない。大型買収は公開してからでないとできないからだ。

(1) 「Google may also want to expand its Google News offering, said Andrew Goodman, principal at Page Zero Media, a company that helps advertisers place ads through Google, Overture and other paid-search companies, like FindWhat.com (FWHT: news, chart, profile).」

(2) 「Google could buy Moreover, a Reuters-funded news-gathering site that competes with Google News, Goodman speculated. "Moreover is going to sign a deal with Yahoo to make Yahoo's news a little better," said Goodman, suggesting that Google might do the deal just to take it away from Yahoo.」

(3) 「Google would need to strengthen its technology with a purchase of a company like Akamai (AKAM: news, chart, profile), she said. "Google isn't trying to do a lot of things like Yahoo. If they're going to continue to be a technology company, though, then they'll have to improve their technology."」

(4) 「Another company in the audio/video search business is Singingfish.com, which markets itself as "The Next Google."」

この記事では、FindWhat.com(ニュース強化)、Moreover(ニュース強化)、Akamai(audio/visualサーチ強化)、Singingfish.com(audio/visualサーチ強化)といったところを小型買収の案件候補としてリストアップしている。audio/visualサーチ強化の2つはあまり現実的でない気がするが、ああでもないここうでもない、と皆が面白がり始めると、実際にいろいろなことが起きてくるのである。

ネット業界の再編が加速する

このYahooによるOverture買収発表をきっかけに、マイクロソフトも巻き込んでの、ポータル・検索・オンライン広告関連産業の構造変化が大きく進むであろう。単体ではもう行き場を失ってしまったベンチャー群は、身売りのシグナルを、産業界に出していくはずで、大手がそれに応えていくに違いないからである。そうなると、未公開状況をもう1-2年続けて事業と技術の基盤作りに集中していたいと考えていたGoogleも、株式公開して大手各社と同じ土俵に乗っての勝負を余儀なくされるかもしれない。そのあたりが今後の焦点になってくるだろう。

バブルという言葉が適切かどうかわからないが、あえてわかりやすい言葉を使うことにすれば、こうしてバブルの萌芽が生まれるのである。

不謹慎な言い方と受け止められるかもしれないが、バブルはIT産業が構造変化するときの必然的副産物なのである。だからシリコンバレーの連中は、バブルの是非を論じるのではなく、いかに自分はバブルを前に正しい行動(倫理的に正しいことをするという意味ではなく、損をせずに儲けるべく動くこと)ができるかを、いつも考え抜いているのである。僕もその例外ではない。いろいろな意味で「楽しい勝負どころ」が、これからやってくるのである。

CNET Japan関連記事
ヤフーがオーバーチュアを16億3000万ドルで買収へ

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社