お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Amazon、Yahoo、eBay、Googleに続く5番目の会社を知っていますか?

2003/07/11 10:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

米国ネット5強は、Amazon、Yahoo、eBay、Google、USA Interactiveで定着しつつある。前4者については比較的情報が豊富だが、最後のUSA Interactiveは日本であまりよく知られていないような気がする。ちょうど、いいサマリーがTech Central Stationサイトに出たので、その記事「The Hyperactive Corporation」をまず読んでみよう。

AOLと比較されるUSA Interactive

USA Interactiveという社名と、America Onlineという社名は、考えてみればそっくりだ。USAとAmerica、InteractiveとOnline。言われてみると確かにそうだ。

「On the surface, USA Interactive (recently re-named InterActiveCorp) and AOL Time Warner appear to be corporate twins separated at birth. Both are Internet era conglomerates, both played up the "convergence story" on a madcap e-commerce acquisition binge and both are desperately after the Internet stock multiples afforded to high-fliers such as Yahoo, Amazon and eBay. Even the names of the two companies are strangely similar. (USA Online? America Interactive?) Yet, as InterActiveCorp (IAC) has recently demonstrated, there is a world of difference between an "interactive" company and an "online" company. So why has AOL Time Warner flopped and IAC emerged as the new darling of the Internet sector?」

そしてこの2つの会社は、インターネット時代のコングロマリットを目指したという意味でもよく似ている。でも、AOLは失敗し、USA Interactive(InterActiveCorpに社名変更、以下IAC)は今、脚光を浴びている。

CEOのBarry Dillerは、5月に出した株主宛のレターの中で、自社ビジョンをこう定義したという。

「In it, Diller enunciates his grand vision for the company as the worldwide leader "in the business of interactivity via the Internet, the TV and the telephone."」

インターネットとテレビと電話を通してのinteractivityビジネスの世界リーダー。

それは何か。

「He has simplified and streamlined the company, assembling his e-commerce cash cows into three major categories: E-Retailing (HSN, America's Store, HSN.com), Information & Services (Ticketmaster, Match.com, Citysearch, Evite) and Travel Services (Expedia, Hotels.com, TV Travel Group).」

事業領域は、E-retailingとInformation & ServicesとTravel Servicesの3つ。

「Similar to AOL Time Warner, the IAC story is a convergence story. But it is not the convergence of Online and Offline properties, or the convergence of New Media and Old Media assets, or even the convergence of Digital assets with Analog assets. It is, in the words of Diller, "a convergence of entertainment with information and direct selling."」

AOL Time Warner同様、IACも、複数事業の集合体であるが、AOLが「オンラインとオフラインの統合」とか「ニューメディアとオールドメディア資産の統合」とか「デジタルアセットとアナログアセットの統合」とか抽象的なことを言っていたのに対し、IACは「エンタテインメントと情報とダイレクトセールスの統合」を目指したという。

この3要素は、それぞれ単体では価値を生まないが、3つを合わせて融合させてはじめて価値を生み出す。

コンテンツは重要ではない

Dillerは、フリーキャッシュフローを生み出すことを最優先事項に、事業を再構築していった。

「not something like EBITDA, revenue, subscriptions, market share, or heaven forbid, "eyeballs."」

というような、バブル期にもてはやされた指標ではなくて。Eyeballsなんて言葉は懐かしいですねぇ。

そして最終的には、コンテンツではなくてトランザクションという概念に行き着いた。

「Finally, Diller has placed his bet on "transactions," and not on "content." Content is not king, transactions are. Diller makes this clear in a March 2003 interview with Wired magazine: "When you talk about content, what you're really talking about are goods and services --- the selling of goods or the dissemination of services." Content, in Diller's opinion, is only useful when it is bundled with a transaction.」

「Content is King」は嘘で、トランザクションがKingなのだ。トランザクションの伴わないコンテンツに価値はない。

そしてこの記事の結論部分は、

「Maybe it is too early to tell if Barry Diller's vision of interactivity will pay off for shareholders. Since February, though, shares of the company have skyrocketed, from just over $20 to nearly $40 a share. For now, Diller has put the Internet world on notice: his competitors are not media giants or entertainment giants -- his new rivals are companies like eBay, Amazon and Yahoo. Diller likes to call them "Tier 1 Interactive Companies." Who knows? Given Diller's penchant for changing names, acquiring new companies, generating cash and creating value for shareholders, the company may soon be known as the HyperActive Corporation.」

Barry Dillerのinteractivityについてのビジョンを評価するのはまだ時期尚早だが、株価はぐんと上がっている。Dillerは、競争者はメディアやエンターテイメントの巨人たちではなく、eBayでありAmazonでありYahoo("Tier 1 Interactive Companies.")だと認識している。

引用の中に出てきた、3月のWired誌の記事というのは、「Barry Diller Has No Vision for the Future of the Internet.」である。長文であるから、興味のある方はゆっくり原文をどうぞ。

重要なのはインターネットよりインタラクティブ性

この中に、IACをサマライズするいい文章がある。

「With the bust in Internet stocks, there are fewer than a dozen people left on the Forbes 400 list whose money comes from the Web. Diller is one of them. USA Interactive has a market valuation of some $12.5 billion, putting it a distant second to eBay ($22 billion) but above Yahoo! ($10 billion) and Amazon ($8 billion). It has 26,000 employees in 26 countries and projected revenue this year of $6 billion - and it's controlled by Diller alone. Of course, it's not a pure Web play: TV shopping accounts for about 40 percent of its revenue, while the rest is a combination of online and phone sales of concert, sports, and airline tickets, hotel reservations, and the like. But to Diller, the point is that it's all interactive. Who cares if some customers are Web surfers and others are couch potatoes wielding telephones?」

時価総額125億ドル。26カ国に2万6000人の社員。売り上げは60億ドル。これをDiller一人がコントロールしている。いわばDiller帝国である。でもIACは純粋なネット企業(pure Web play)ではない。テレビショッピングが売り上げの40%。オンラインや電話でのチケット(コンサート、航空券、ホテル等)が残りである。

だからDillerは、自社ビジョンを、「"in the business of interactivity via the Internet, the TV and the telephone."」と称し、Interactivityこそが大切なのであって、「Who cares if some customers are Web surfers and others are couch potatoes wielding telephones?」ウェブであろうがテレビと電話であろうが何が悪い、というわけ。

「Most of Diller's businesses today involve selling things through some combination of electronic media - TV, telephone, and, increasingly, the Internet. HSN has given rise to HSN.com. Ticketmaster was doing less than 5 percent of its business online when he bought it in 1997; now it gets 45 percent of its sales through the Web.」

IACは複数の事業買収によって作り上げられたわけだが、TicketMasterは買収時点でのウェブ売り上げは5%。今はそれが45%になっているというのが好例のように、ネット事業というよりもインタラクティブな販売事業を徐々にネット化していくというアプローチを取っている。

「The one part of USAi that doesn't involve commerce is the online guide Citysearch. Meant to be an adjunct to Ticketmaster - once you buy tickets you need to find a restaurant, right? - it's succeeded mainly in losing money. But it did lead to the acquisition of Match.com, which has become the Web's number-one personals site and the source of USAi's fastest-growing revenue stream.」

米国最大の出会い系サイトMatch.comもIACの傘下にあり、稼ぎ頭となっている。

USA Interactive改めIACは、日本のどこの会社にいちばん似ていると言えばいいのだろう。この会社とこの会社を合わせて●●●したような会社、というふうに表現するとどうなるのでしょうか。日本のネット事業、通販事情に詳しい方は、ぜひコメントをお願いします。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社