お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

CIOのためのBlog活用法

2003/07/02 10:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

一昨日は「日本企業のBlog」について議論したが、「米国企業でのBlog活用」の程度はどんなものなのだろう。2001年までIBMの「vice president of Internet Technology」で、米国大企業のCIOたちと親しく、企業システムの現状に精通しているJohn PatrickのBlogから「Time For Blogging?」を読んでみよう。

米国企業のCIOはBlogを知らない

「During the past week, I had the pleasure of meeting with quite a few senior executives -- mostly CIO's -- of major corporations. They were all familiar to varying degrees with WiFi but not one had even heard of blogging. One said, "blobbing?". This is not surprising. CIO's have a lot on their plate. Cut IT spending. Get systems integrated. Support wireless. Improve security. Do more with less.」

つい最近Johnは米国企業のCIOたちに会った。皆、Wi-Fiについてはよく知っていたが、Bloggingなんて、言葉も知らなかった。IT費用を下げろ、システムをきちんと統合しろ、ワイヤレスをサポートしろ、セキュリティを向上させろ、それをやるのにカネはできるだけかけるな。そんなことで頭がいっぱいで、Blogどころではない。

むしろいま企業は「information overload」(情報過多)の問題で悩んでいる。

「A person I met this week told me that she uses an agent in Lotus Notes which automatically puts all email on which she was a cc'ed person into a Copied folder. She never looks in the folder. Her rationale is that if is important enough for her to know about or take action on, then someone will send it to her directly. Not a bad idea. A follow-on could be to have the agent send an auto-reply that says, "I received the copy of the email you sent to Joe Blow about XYZ Subject and I have filed it in my Copies folder. Please don't feel you need to send me very much FYI materials. If there is some way I can help you or if it is urgent that I know about something then please do include me in the "To" field. Otherwise, there is no need to copy me."」

これは日本企業でもNotesを全社的に導入している会社からよく聞く話だが、とにかく皆やたらとcc:するので、受け取るメールが莫大になる。この文章で例に出ている人は、cc:は読まない、という方針。もし本当に大切なことなら、自分宛にメールが来るはずだから、cc:は無視する。そういう人はこんなオートリプライをつけたらいいよ、という部分は遊びっぽい話だが、こういう英語は覚えておくとあれこれと活用できる。

たとえcc:であれ、自分宛に送られてきたメールすら「見ない」ことにしているのに、何を好き好んで、これ以上、Blogなんてやって、information overloadをさらに膨張させるべきなのか。そんな問題意識である。

Blogを読み書きする時間はいつ作るのか

「So where do we get time to read or write blogs? For writing, I would have to admit that it is a passion for some (like me) and they will do it because they want to. As for reading blogs it is a more complex question.」

ではどのようにして、我々はBlogを読んだり書いたりする時間を作るのか。書くほうは「自分は書きたいから書く」という動機に支えられた情熱がなければ無理だが、読むほうについてはより複雑な質問だ。

「Where did we get the time to use Instant Messaging? There are millions of IM's every day. Where did that time come from? Telephone calls and email. The average person spends hours per month surfing. Where did it come from? TV, trade magazines, catalogs. This is nothing new. TV took time out of Radio. There are only so many hours in a day but the number of "channels" of communication is constantly expanding. It is mostly additive. This phenomenon is not a bug; it is a feature. Having so many channels allows us more choice, more breadth and depth, and more on demand information and expertise. Technical people have told me that blogs have become their primary source of technical information. Some people are using Newsgator as their primary way to read news. Blogging will begin to take a chunk of time away from email, surfing, IM, trade magazines, newspapers, and journals.」

読むほうの話は基本的に、「情報にアクセスする時間」の情報チャネル間での奪い合いの問題になる。ただもう既に、技術者コミュニティはBlogを技術情報のPrimary sourceにし始めている。

Blogを書きつづけられるのは特殊な人たち

先週木曜日の「日本企業こそBlogに対して戦略的取り組みを」に対する「Abacus::blog」からのトラックバックの、

「ひとつは,Blogは情報を発信するためのツールであって,情報を受信して分析するためのツールではないからだ.発信ツールとしては良くできているから,しゃべり続けるための手段としては申し分ない.」

「ボストングローブ紙の提案の問題点のもう一つはその方法が恐らく長続きしない,ということだ.Blogで発信しつづけるためにはコンテンツを生む才能も経験もこだわりも必要だし,何よりも「メッセージを出し続ける」という自己満足で自分をモチベートできるという特殊なカテゴリに属す人でないと無理だ.アワードで暗黙知の形式知への変換を促すナレッジマネジメントシステムが成功したという話は聞いたことがない」

という意見は、John Patrickの言う「it is a passion for some (like me) and they will do it because they want to.」ということと完全に符合する。

社内の、「Abacus::blog」言うところの「特殊なカテゴリに属す」人に、自由に「メッセージを出し続けてもらう」ということが、「企業のBlog活用」の第一歩になるのだろう。読むほうの話は、自然についてくる。情報チャネル間の時間の奪い合いの問題なのだから。Notesのcc:は、面白くないとか意味がないという理由で無視されるわけだから、面白いBlogが出て来さえすれば社内のアテンションは得られるのだろう。

企業Blogの役割はexpertiseを発見すること

同じくJohn Patrickの「Site Redesign」では、米国企業が皆、ウェブサイトの再設計を行なっているという話を書いている。その文脈で、

「The other major challenge today is finding expertise. On the Web you can find almost anything if you have the patience, but in the enterprise it is a different story. Finding expertise is the Holy Grail of knowledge management. KM is an old term that has renewed value because expertise is so hard to find.」

いま最大のチャレンジは、expertiseを発見することだとJohnは言う。

Expertiseという言葉には、専門家、専門性という意味に加えて、「新しい難問に出会ったときに、経験をベースに解を見出し得る人やチーム」というような意味も含まれる。

「Blogging is revolutionizing how information gets published and shared. A good blogger loves to communicate and uses blogging tools to write a "column" full of links to experts and sources of information. The blogger may or may not be the expert in a particular area but if not she knows who the expert is and acts as an intermediary and translator, thereby leveraging the available knowledge and expertise. A good enterprise blogger knows everything going on in a particular domain -- the key people, the key projects, the key resources, etc. Blogging is not an index of information or a database -- it is a living breathing dynamic "diary" of the blogger's conscious. A blog can include comments from readers, moderated discussion, or an open discussion forum but for enterprise purposes, the simpler the better. The idea is not to reproduce the "bulletin boards" and "news groups" of the past. Blogging is more of a way to get to the experts than to have a free-for-all discussion group.」

この文章はなかなか深みがあっていい。示唆に富んでいる。ぜひここだけは英語部分を読み飛ばさずに原文を読んでください。

Good bloggerは、communicateすること自身が好きで好きで仕方ないわけで、「"column" full of links to experts and sources of information」、エキスパートへのリンクや情報ソースへのリンクをたっぷり含んだコラムを書く(Blogger自身が当該分野のエキスパートである必要はない)。その結果、「available knowledge and expertise」をレバレッジできればいい。

Blogを書きたいなんて思いもしない連中に無理やりBlogを書かせる必要なんて全くなく、「特殊カテゴリ」に属するGood Bloggerが「ここにこういうエキスパートが居るよ、こういうリソースがあるよ」(the key people, the key projects, the key resources)という情報をBlogで社内に発信していけばいいわけだ。

そしてJohnはこんな提案をする。

「An enterprise has many domains of information and activities. One way to use blogging to leverage expertise would be to set up a "Blog Central" web site which includes a list of many blogs organized by business unit, geographic area, or subject. The bloggers who write at "Blog Central" would have been carefully chosen; partially for their knowledge but more so because of their great ability to communicate, to share, to be well connected and feel rewarded by connecting the dots for others.」

企業が「Blog Central」というサイトを作り、Bloggerを注意深く選考する。選考基準は、部分的にはその知識だが、より「their great ability to communicate, to share, to be well connected and feel rewarded by connecting the dots for others」で選ぶべきだ。

僕には、けっこう地に足の着いた面白い提案だと思えたが、これも日本企業では難しいかな。

またコメントやトラックバックをお願いします。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社