お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Lintelの台頭で存在理由を失ったサン

2003/06/19 10:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

サン・マイクロシステムズの経営が苦しい。サンノゼ・マーキュリーニュースの「Sun luster dimmed by Internet bust, strategy」の中の

「Sun is deep in identity crisis as its executives try to reinvent the company. There's been loose talk of Sun as a possible takeover target, and some analysts are wondering whether Sun will ever return to the days of strong revenue growth and record profits.」

の文章がサンの現状を総括しているが、このアイデンティティ・クライシスという言葉が、重要なキーワードである。

サーバーのコモディティ化

会社にはそれぞれ存在理由がなければならない。サンの場合、それが失われる危機にあるということだ。

だから、別のアイデンティティを持つ会社の一部になってこれまで築いてきた資産を活用していく道を選ぶ、つまり「買収されるという道を選ぶ」か、独力でアイデンティティを再び持つためには「reinvent the company」、会社を再発明する、つまり徹底的に作り変えなければならない。でももう、時代的役割を終えたのだから、「the days of strong revenue growth and record profits」、過去の栄光は戻らないのではないか、と考える人も多い。この文章はそういう意味である。

「McNealy, who declined to make himself available for this article, is more likely to be talking about cutting costs -- or how his sales team is now offering customers a ``whole-system'' approach. To many ears, such a strategy sounds strikingly similar to the mantras of International Business Machines Corp., Hewlett-Packard Co. and other competitors.」

スコット・マクネリーは、Whole-systemアプローチなんて言うが、そのアイデンティティ空間は、IBMとHPが占有しているから、それでは新しいアイデンティティにならない。

その理由を一言で表現するのが、別の文章の中にある「victim to the commoditization」、コモディティ化の犠牲者、である。

「Sun's servers are being squeezed by the increasing power of so-called commodity chips from Intel Corp. and low-cost operating systems like Linux that only a few years ago could not approach the performance of the company's Sparc microprocessors and Unix-based Solaris operating system. So when the Screen Actors Guild's health and pension fund decided to upgrade its servers earlier this year, the contract went to Hewlett-Packard, which offered competitively priced equipment that not only runs Linux but also works well with existing servers using multiple operating systems.」

サンは、サーバーのコモディティ化への対応という意味で、IBMとHPに遅れを取った。IBMとHPはサービスで儲ける仕組みを作ってきたから、サーバーのコモディティ化に対応できたが、サンはサーバーの競争力に依存した勝負をしてきたから、そう簡単には戦略転換できなかったわけだ。

「Sun says Java opens markets for its equipment, particularly since it's a keystone in Web services, in which computers communicate seamlessly with one another regardless of operating system. HP, IBM and Microsoft also are heavily touting Web services.」

また、サンといえばJavaであるが、JavaをテコにしてWeb serviceをアイデンティティにできるかといえば、そのアイデンティティ空間にも、マイクロソフト、IBM、HPが居る。

Wired誌の「McNealy's Last Stand」(マクネリーの最後の抵抗)も、充実した内容の記事になっている。

「As of early May, its stock, down 94 percent from a 2000 high, was trading pretty much exactly where it was in 1996, when the computer maker was in the early arc of its dotcom-fueled rocket ride. In its heyday, Sun sometimes sold as much as $5 billion worth of computer equipment, software, and services in a single quarter, but over the past few years quarterly revenue has dropped to nearly half that. Revenue fell an additional 10 percent in the first three months of 2003, marking the eighth consecutive quarterly decline.」

株価は2000年の最高値の10分の1以下。いっときは50億ドルに達した四半期売り上げが半分に落ち込み、今年の第1四半期もさらに10%売り上げが落ちた。8四半期連続の売り上げ減だ。

Linuxとインテルがサーバービジネスの主流に

「Morgan Stanley, Credit Suisse First Boston, Pixar, and the E*Trade Group are among the major companies that have swapped out Sun machines in recent months for so-called Lintel boxes: cheaper servers running the Linux operating system on Intel-compatible microprocessors.」

それは、優良顧客が皆、サンを捨てて、Lintel(Linux+Intel)ボックスに走っているからだ。

バブル期に絶頂を極めた各社も、多かれ少なかれ、株価が下がり業績が低迷し、苦しい時期を過ごした。でもサンだけがここまでひどいことになっている理由は、何だろう。

「But the story reduces down to this: McNealy spent the second half of the 1990s monomaniacally obsessed with everything having to do with Microsoft, from its monopoly-like practices to the general unreliability of the Windows operating system. Meanwhile, stalwarts like Hewlett-Packard and IBM began selling servers on par with Sun's most powerful and expensive machines. Dell and Intel, propelled by Linux, started cutting into Sun's core business at the low end. By the time Sun woke up to this new reality, the smart-guy pundits were asking if the company would be the first big casualty of Linux.」

Wired誌のこの記事は、マクネリーが90年代後半、マイクロソフトとの戦いに「monomaniacally obsessed」、偏執狂的に取り憑かれてしまったことの失敗だと断罪する。その間に、IBMとHPはサンのサーバーに対抗してきたし、デルとインテルはローエンドから攻めてきた。サンが新しい現実を前に目覚めたときには、サンが「Linuxの最初の犠牲者」となる可能性が濃くなってきた。

「Sun's costliest mistakes during the late '90s, however, were its failure to embrace Linux and its tardiness in recognizing Intel as a serious threat to its core server business.」

また別の角度から言えば、最も高くついたサンの戦略的失敗は、Linuxを取り込みそこなったことと、インテルを自社のサーバービジネスに対する脅威だと認識するのが遅れたことだ。

「Sun's belated adoption of Linux was a major mistake for an outfit that has long characterized itself as an industry thought-leader quick to recognize crucial technologies. For instance, Sun was an early advocate of TCP/IP, the protocols that today are to the Internet what zip codes and street addresses are to the postal service.」

そしてそれは、単にビジネス上のミステイクということだけでなく、Linux軽視によって、「重要な技術をいち早く認識するIT業界のthought-leader」(たとえば過去にはTCP/IPの最初のadvocateだった)としての位置を、サンが失ってしまったという重大な意味を持つ。

このWiredの記事の方ではアイデンティティという言葉を使っていないが、まさに、サンのindustry thought-leaderとしてのアイデンティティが、Linux軽視によって失われたのだということが、この文章からよくわかるのである。

このWiredの記事はウェブ上で4ページにわたる長文である。サンが今、どんなことを考え、何をテコに復活を期すのか、サンの考えやそれに対する産業界の反応なども詳細に書かれている。興味のある方は、ぜひ原文にあたって、サンの復活があり得るのかを考えてみてください。

こういう議論をああでもない、こうでもないと、色々な角度からやるのが、ビジネススクールでやる「ケーススタディ」の授業のイメージです。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社