お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

歴史は繰り返すか?ネットブーム第2幕でIT産業の構造が変わる

2003/06/02 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

IT産業で久しぶりに何か新しいことが起こる息吹、気配を感じて、その意味をIT産業史に照らしながら考える試みがなされ始めている。

Kevin Warbachの「Anticipating a post-Web, post-PC world」もその1つである。日本語訳「PC・インターネットの次に来るものは?」も既にCNET Japanサイトにアップされている。この考察の最後に、こんな文章が出てくる。

「That's what's happening today. The technologies and concepts generating buzz at industry gatherings like PC Forum, O'Reilly's Emerging Technology Conference, and Supernova include social software, the semantic Web, Web logs, rich Internet applications, Web services, unlicensed wireless, grid computing, digital identity, broadband media. The more one looks at these developments, the more hidden connections appear. They are pieces of a larger whole, which we don't yet have words to describe.」

列挙されているような個別のキーワードを眺めていけばいくほど、隠されたコネクションが感じられるが、それぞれの断片は「より大きな何か」の一部を形成しており、その「より大きな何か」を的確に記述する言葉を、我々はまだ見出していない。

変化のキーワードはデセントラライゼーション

Kevin Warbachは、我田引水にならぬよう、この文章の中ではこうした控えめな表現をしているが、彼が今年から主催しているコンファレンス「Supernova」では、「より大きな何か」を記述する言葉の仮説として、「Decentralization」というキーワードを置いている。

7月8日、9日にワシントンD.C.で開かれる「Supernova 2003」予告サイトの「Why Decentralization?」にはこう書かれている。

「Intelligence is moving to the edges, through networked computers, empowered users, shifting partnerships, fluid digital content, distributed work teams, and powerful communications devices. From WiFi to Weblogs, connected home media to Web services, the landscape is changing. Business models for content, telecom, and information technology are under pressure as end-users gain greater control. Conflicts are heating up over intellectual property, voice over IP, security, and wireless spectrum allocation, among other topics.」

ユーザがより大きなコントロール権を得ることで、通信、コンテンツ、IT産業の現在のビジネスモデルが強い圧力を受けるゆえに、IP(intellectual property)、VoIP、周波数割り当て規制などで産業界全体に軋轢が生まれて議論が過熱している。いま生起している現象を束ねるキーワード仮説を「Decentralization」と置くと、確かに風景が違って見える、というのが彼の視点である。

InfoWorld誌のChad Dickersonも、「The battle for decentralization」という文章を、彼のBlogで書いている。

「The decentralization genie really is out of the bottle, and it's the duty of IT managers to embrace it and make the most of it, because it really is an opportunity; however, it does require some re-thinking of the traditional desktop/server/keep-the-network-up IT environment.」

「Decentralization」の魔人は瓶の外にもう出てしまったのだから、ITマネージャーはそれを受容し、最大限活用しなければならないが、それにはトラディショナルな「desktop/server/keep-the-network-up IT environment」を再考しなければならない。

たとえばその文脈で、Wi-Fiについて、John Patrick(元IBM Internet技術担当VP)の

「Where is WiFi headed? I don't claim to have a crystal ball but I believe the evolution looks very much like what we have seen before with the Internet and the World Wide Web. There was a long list of reasons ten years ago for why the Web would never turn into something serious -- certainly not into something that could be used for secure business transactions. The same list of shortcomings is being attributed to WiFi today - security, scalability, reliability, business model, etc. Just like the Web, WiFi is grass roots, standards based, and very decentralized. Just like with the Web, there is no stopping WiFi from becoming mainstream. The benefits are too compelling.」

「Wi-Fiの進化は10年前のインターネットとWWWの進化に酷似している」「Wi-Fiは草の根型・標準ベースで非常に分散化している(Decentralized)」という文章を紹介しながら、ITマネジャーはWi-Fiの全社導入に積極的な役割をいま果たさないと、後で面倒なことになるぞ、と主張している。

PCとインターネットの産業史的比較

確かに、「Decentralization」というキーワードも的を得ているかもしれないが、いま起きていることは、「Net Boom, Act II」、ネットブーム第2幕、ととらえるべきだと考えるのがForbes誌のRich Karlgaardである。次の10年のキーワードは「Cheap」、というのが彼の主張であることは本連載で2度にわたってご紹介した(IT産業に迫る「価格破壊の10年」「価格破壊の10年」を面白くするシリコンバレーの反権威的パワー)が、彼の最新コラム「Decade of Disruption」はなかなか面白い。このネットブーム第2幕、という言葉自身にあまり新規性はないのだが、彼のこの文章が面白いのは、1980年代に起こったPCブームだって、実は、ネットブームと同じように83年から86年までの間はバブル崩壊現象が起きて生みの苦しみの時期が続いた、という歴史に照らして、94年から2000年までがネットブーム第1幕、これからがネットブーム第2幕、と主張しているからである。

「Recall that in 1976 the Apple I tumbled out of a northern California garage, giving birth to a new industry. Apple went public in 1980, making quarter-billionaires of founders Steve Jobs and Steve Wozniak. IBM entered the market a year later and legitimized the PC for conservative corporate buyers. In 1982 Time magazine named the PC its "Man of the Year." The PC Boom, Act I crested in early 1983, with obscene amounts of venture capital raised and more tech IPOs than you could count. Eagle Computer, a real turkey, sneaked past the IPO gate in early 1983. The financial bust hit hard in late 1983, and it lasted through mid-1986, when Intel lost $100 million in one quarter and very nearly keeled over.」

これがPCブーム第1幕の歴史。1976年にApple Iがシリコンバレーのガレージから生まれてPC産業は産声を上げ、Appleは1980年に株式公開。IBMが81年に市場参入。82年はタイムの「Man of the year」に、人間の誰かではなくてPCが選ばれた。83年に第1幕はピークを迎え、Eagle Computerなんてしょうもない会社まで83年には公開できた。しかし案の定83年にバブル崩壊。そのダメージは86年半ばまで続き、インテルは四半期で1億ドルの赤字を出すに至った。ここでインテルは戦略大転換をしたわけである。

「PC Boom, Act I was not too disruptive. It mostly was cute and additive. It gave us new products, new ways of working, new heroes. Sure, there was plenty of death and mayhem, but it was happening to startups. Established computer companies, such as IBM, Digital Equipment Corp., Data General and Wang, were unfazed. But!...PC Boom, Act II, which began in late 1986, turned out to be anything but cute. It was a serial killer. Desktop publishing wiped out typesetting shops. Computer-aided design squashed draftsmen's careers. Intel and Microsoft grew big and ruled the planet, while the old guard of Digital Equipment, Data General and Wang were taken over, trivialized or snuffed.」

PCブーム第1幕はそれほど破壊的ではなかった。既存産業を破壊するのではなく、新しい何か(製品、仕事のスタイル、ヒーロー)を追加するという意味で、楽しい時代であった。もちろんたくさんの死はあったが、それは皆、スタートアップ企業側だった。既存産業側(IBM、DEC、DG、Wang)に被害はほとんどなかった。

でも1986年末から始まった第2幕はぜんぜん違った。楽しい時代ではなく、シリアルキラー(連続殺人犯)の時代になった。デスクトップパブリッシングは既存印刷業をなぎ倒し、CADは製図技師の仕事を奪い、インテルとマイクロソフトが巨大化して地球を支配するようになり、DECもDGもWangもなくなってしまった。

そう、そんなPCブーム第2幕と同じ、シリアルキラー(連続殺人犯)の性格を持つネットブーム第2幕が、さあこれから始まるのです、というのがRich Karlgaardの見立てなのである。改めてPC時代の歴史を第1幕、第2幕に分けて、このように語ってもらうと、確かにこれから起きる新しいうねりの意義が見えてくる。だからこの文章は「Decade of Disruption」、破壊・破裂・混乱の10年、と名付けられているわけだ。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社