お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

IT暗黒時代を乗り越えて復活するネットビジネス

2003/05/29 09:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

ITバブル崩壊以前に出されたさまざまな事業コンセプトが、バブル崩壊とともに、味噌も糞も一緒に、皆の脳裏から葬り去られてしまった。2001年から2002年というのは、そういう意味で、IT暗黒時代であった。ASP(Application Service Providers)もその1つ。そういう事業コンセプトを1つ1つ再検証していく動きが今年になって出てきたのは、間違いなくIT産業に「夜明け」が近いことを意味している。

2001年までIBMのインターネット技術担当VPだったJohn PatrickのBLOGから「On Demand」をまず読んでみよう。

「In the height of the "dot com" frenzy a class of companies emerged called Application Service Providers (ASP). The ASPs claimed to solve all known business problems by providing applications over the Internet. Solutions covered a wide range of activities from integration of the supply chain to a complete implementation of "office" functionality - spreadsheet, word processor, data base, presentation capability, etc. The value proposition was that you no longer had to buy Microsoft Office - you could just use that functionality via a server over the Internet. The problem was that it didn't really solve a problem.」

まずはASPの定義からであるが、このJohn Patrickという人は、技術をきちんとしたわかりやすい英語で説明するのがとてもうまい。だから、Wi-Fiなどホットな技術についての彼なりの見方がいつも披瀝されているPatrickのBLOG「patrickweb」は、技術の英語表現という観点からも参考になると思う。

ASP失敗の原因と復活の理由

「Although I continue to be enthusiastic about the vast potential of the Internet, I felt at the time that the ASP model was premature -- primarily because there were not enough people with always on, high quality, reliable, connections to the net. (network computers suffered from the same problem). On top of the network issue was the fact that the ASP solutions introduced were of questionable value and the result was that the ASP model essentially disappeared. What goes around, comes around - the ASP is back. The successful ones will be e-businesses on demand.」

インターネットからアプリケーションを供給するというASPモデルは、登場時は未成熟であった。常時接続環境が整備されていなかったという環境要因に加えて、バブル崩壊前に登場して消え去っていったASPソリューションはその価値という観点で疑問があった。

そしていま甦ったASPモデルは「e-businesses on demand」だと、Patrickは宣言する。

「I believe now is the time for the reincarnation of the ASP as a valid and important business model.」

Reincarnationという言葉は、「肉体の死後に魂が新しい肉体を得て生まれ変わる」というような意味だが、米国で2001年から2002年のIT暗黒時代を過ごした者からすると、この大仰な言葉が、妙にしっくりとした表現に聞こえる。逆に言えば、暗黒時代には、Patrickのような人がASPの可能性について「a valid and important business model」などと言っても誰も耳を貸さなかったのだ。

「There is no need for an ASP to provide an "office" desktop from a server via the Internet - it is already on the PC. The new generation of ASP (the name will probably not reemerge) will focus on the delivery of high value applications - some classical and some new. The new generation of ASP's will provide applications that can not be done on a PC. They will also be e-businesses "on demand" - a term we will be hearing more and more about.」

90年代後半のASPモデルの中にはPC上のオフィスアプリケーションを無理やりASPモデルに置き換えようというものも散見されたが、新世代のASPは、そういう意味のない置き換えではなくて、PCでは実現できない「e-businesses on demand」を提供するもの。

「e-businesses on demand」の特徴は、「delivering value-added results to their customers -- whenever their customers need it」。24x7という表現は「24時間365日」という意味。

「First and foremost is integration. An on demand e-business has integrated all of its processes so that the e-business presents one face to the customer. Buy it online and return it to the store. But at the store and return it via an online request and then ship to a centralized location. Download support materials or place a service call on line - regardless of how you made the purchase. On demand e-businesses are not just "click here to buy". They also enable click here to initiate a chat session or video window with a real live person. If you call an on demand e-business by phone and ask them something about the web site they don't say "that's a different department". On demand e-businesses do not have the words "fax this form" or "call Monday - Friday, 9 to 5". They don't pretend to be a global business and then say to call a 1-800 number "9-5 Central Standard Time". They don't say click here or call our inside sales desk for the "location of a store near you". On demand e-businesses offer a people-oriented and user-friendly integrated and comprehensive experience for all their constituencies - employees on the intranet, suppliers, customers, partners, analysts, and prospective constituents.」

ちょっと長いが、この文章は、特に「米国でモノを買う体験をしたことがある人」(とにかく日本に比べてひどいもの)からすれば、ああこうなってくれればいいな、というようなイメージである。こうしたことを実現していくのが、彼の古巣、IBMのオンデマンド戦略だというわけである。

本当に使えるネットビジネス

この文章では、この後に、こうしたブリック・アンド・モルタル(こんな言葉ももう葬り去られたのかな?)ではなく、シンプルなネットビジネスもいくつか紹介している。

(1) 「a service which delivers your email to any phone, reads it to you, and allows you to reply immediately」のCopytalk

(2) 「a service which provides a fully end-to-end mailing service」のStamp.com

(3) 「a monthly subscription service that provides both inbound and outbound fax services」のeFax

(4) 「a DVD rental service」のNetflix。これについては、本連載バックナンバーの「オンラインDVDのNetflix」もご参照。

(5) 衛星ラジオのXM Radio。これについては、仕事仲間の渡辺千賀(在シリコンバレー)による「XM Radio」体験談もご参照。

(6) そしてe-Sud

「IBM and USA Technologies has Web-enabled 9,000 washing machines and dryers at U.S. colleges and universities in the mid-west. Prior to e-Suds, a student might make the trek to the laundromat to find out either that there were no machines available or worse yet, that their clothes had been emptied from a dryer onto the floor so someone else could use it. e-Suds replaces traditional coin-operated technology with a new method that allows students to pay with the swipe of an ID card or the push of a few buttons on a cell phone.」

バブル崩壊前を彷彿させるなぁ。こういう話を読むと、90年代後半の活力が少しは甦ってきたのかなと、嬉しくなる。

(7) 「an information service that dramatically increases productivity for engineers and scientists」のKnovel

技術革新がSmall Businessを増やし、Samll Businessが経済を成長させる

さて、ASPといえば思い出すのが、Small Business対象のネットビジネスである。バブル崩壊前に出されたたくさんの事業コンセプトの中で、最後にやってきて慌しくも葬り去られた事業モデルだったような記憶があるが、これだってこれから息を吹き返してくるだろう。

昨日ご紹介したGoogle CEOのエリック・シュミットのインタビューの最後の部分で、彼はこれからのIT産業の成長機会という意味で、Small CompaniesとEntrepreneurs対象の事業を「巨大な事業機会」として掲げている。

「There's a simple analysis which goes something like this. Where are jobs created in our society? Small companies and entrepreneurs. Where is economic growth driven in our society? Small companies and entrepreneurs. What has just occurred in the last two, three years? The barrier to entry for a small business entrepreneur has dropped by an order of magnitude or more. And we refuse to acknowledge how profound this change is. Because we're still focused on Fortune 500 companies, the Fortune 1000 companies. But if you look at Google's advertising, there's zillions of companies there you never heard of, because they consist of Bob. And Bob is a hell of a decision-maker, he's a great customer, and he's very, very focused on one thing. When he takes a vacation, there's a problem.」

雇用や経済成長を生み出す主体はいつだってSmall companies and entrepreneursだ。そしてここ数年の技術革新(暗黒時代の2001年、2002年も含めて)で、スモールビジネスと起業家にとっての参入障壁はおそろしく低くなった(これは僕も小さいながら事業をやっているから実感する)。しかしIT企業は相変わらずFortune 500、Fortune 1000といった大企業を顧客の中心としてとらえている。それがダメなんだ。Googleはそうじゃない。

「We forget that the engine of growth in the economy is from the small. Earlier we talked about China. Where is the engine of growth? It's coming from the small entrepreneur, and this is true not just in the US. What happens, in our society we get so excited about bigness, when we should celebrate diversity and the number of new players, which just in and of itself creates a diversity of opportunity.」

我々は経済成長のエンジンが小さい企業だということを忘れている。そこに立ち返らなければいけない。

「That cycle has begun; there are plenty of examples in non-high tech markets. In the media industries, the cost of digital editing studios has dropped to $2000. So there's an infinite number of Steven Spielberg clones whose barrier to entry is much lower. That's a serious change in the sense of creativity and impact on society, which will play out for many, many years ahead.」

もうそのサイクルは始まっている。たとえばメディア産業、デジタル編集スタジオを用意する投資は、2000ドル程度に下がったではないか。たくさんのスピルバーグ・クローンにとっての参入障壁はうんと小さくなった。ASPやネットビジネスも含めて、情報技術のコストダウンは、「a serious change in the sense of creativity and impact on society」をもたらすというわけ。僕も全く同感。

バックナンバーの「ITバブル崩壊がシリコンバレーの各世代に及ぼす影響の違い」でも書いたが、就職する、つまり人に自分を選んでもらう、のではなく、自分で仕事を創出しながら自らの差別化要因を積み上げていける「起業家としての生き方」のほうが「より合理的な選択」なのだと、もっと多くの日本人が気づく日も近い、と僕は確信している。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社