お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

オープンソースが加速するITデフレと分散型ソフト開発

2003/05/19 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

Andy Singletonが「Trends driving IT Deflation」という面白い分析を今年の1月にしている。世の中デフレばかりで景気の悪い話だが、グローバル化とIT化の組み合わせは、それが進展すればするほど、強いデフレ圧力を生む筋のトレンドだから仕方ない。

ITデフレを生む3つのトレンド

「Three trends - the global labor market, the software surplus, and online services that reduce complexity - can dramatically cut the time to delivery and total cost of ownership for IT products and systems.」

(1)グローバル労働市場、(2)ソフトウェアの余剰、(3)複雑さを軽減するオンラインサービス(ASP等)によって、企業にとってのIT製品・システムのTotal Cost of Ownershipは、劇的に下がるだろうということだ。

「I now think it is important ask some basic questions about every project.」

Andyは、ITシステム担当者は、次のような自問をすべきだと問いかける。

「Are you sure that you have examined all of the opportunities for major improvements in cost and productivity?」

「Have you looked at the options generated by each deflationary force?」

「Having identified the big opportunities, do you know how to make incremental changes with your existing team and systems?」

(1) グローバル労働市場については、本欄の5月6日の「米国のITエンジニアが直面する厳しい現実」で詳述した部分と呼応する。英語圏のSI事業、Solution事業というのは、日本と違って、グローバル労働市場と直結しているわけであるが、ベンダー丸投げではなく、ユーザ企業だって自分でそういう対応をしたっていい。

ソフト作りよりも再利用のセンスが重要になる

(2) ソフトウェアの余剰についての議論が面白い。

「Software has turned into a commodity that is available in abundance. There is so much software floating around the globe right now that almost everything that you would want to do with software has been done in some form. Some software is available from established software vendors facing competitive pressure. Some of it is available from startups with flexible or unformed licensing models. Some of it is available as open source software with strict GPL licenses. Some of it is available as open source software with much more flexible models for commercial use. Some of it is built into standard platforms. I believe that in today's market it is more important to understand where software and software components come from than it is to be able to build software. Research, standard selection, negotiation, and creative alteration can deliver software very quickly.」

ソフトウェアは世界中に溢れている。大企業からの製品、スタートアップからの製品、オープンソース・ソフト、標準プラットフォームの中にもたくさんのソフトウェア機能が詰め込まれている。そういう今日の市場では、ソフトウェアを作ることよりも、ソフトウェアやその部品がどこから得られるのかを理解していることのほうが重要だ、という。必要なソフトウェアの所在を調べて、標準を選び、その取得に関してネゴシエーションをして、創造的な手直しをすれば、ソフトウェアはものすごく早く作れる時代になったのだ、と彼は主張する。

(3) 複雑さを軽減するオンラインサービス(ASP等)についても、最近はドットコム再評価と同様に、ASP再評価の流れが出てきていることと呼応した議論である。

ちょっと前置きにしては長くなったが、ここまでが前置き。

今日の本当のテーマは、Jon Udellの「Open source and global development」という論考だ。Jon Udellは、Andy Singletonに彼のITデフレの考え方をインタビューした上で、さらに識者に取材して、Andyの考えを発展させようとした。そうしてできたのがこの記事。引っかかってきた識者が、アパッチのBrian Behlendorfだったというわけ。

「We interviewed Andy for the story, and I talked to a number of others as well. One especially useful perspective was Brian Behlendorf's. As co-founder of both the Apache Software Foundation and then CollabNet,」

ここからはBrianのインタビューにJonが解説をつける形で、この論考は進んでいく。

「We have a couple of customers who are using SourceCast [CollabNet's ASP-style collaborative infrastructure for software development] to coordinate worldwide development.」(Brian)

Weというのは、Brianが今やっているベンチャー、CollabNetのこと。つまり、CollabNetの顧客企業(グローバル企業)がCollabNetの製品であるSourceCast(ASP-style collaborative infrastructure、もともとはオープンソースの開発に使われていたツールの発展したもの)を使って、ワールドワイドでのソフトウェア開発を行なっているという話である。言われてみればなるほど、という話だが、実に面白い動きである。

オープンソースのツールを利用した商用ソフトの分散開発

「We started a project with Barclays Global Investors over a year ago. They have a development center in Australia and also have teams in India, California, the United Kingdom. The teams were very spread out; they had no global knowledge of where code actually sat. In lots of cases, it
was on developers' laptops, not centrally managed. By simply getting on the same page, by having a place to store it, they're finding redundant efforts. And they're finding teams working on the same kind of project who don't know about each other and who can loosely couple.」(Brian)

オーストラリア、インド、カリフォルニア、英国に分かれているBarclays Global Investors社の分散型ソフトウェア開発プロジェクトには、オープンソース開発ツールが見事にフィットしたというわけだ。

「What always frustrated me, in computer science, was how we learned all the low-level things -- which we have libraries for nowadays -- but we didn't learn large-scale integration. What's the skillset to be able to jump into the codebase of something like Mozilla, read the architecture docs, and figure out the makefiles? Computer science classes don't teach you how to dive into foreign codebases.」(Brian)

米国のComputer Science教育は世界でも最も進んだ水準にあるが、Brianはそれでもその教育が現代の社会ニーズに追いついてきていないと感じてフラストレーションを持っている。つまり、世の中に過剰に溢れているコンポーネントの作り方は教わっても、large-scale integrationは教わらないからだ、という。モジラのコードベースに飛び込んでいってそれを活用するスキルなんて教わらない。

「The world's full of smart people who have, collectively, a lot of the intellectual bandwidth needed to absorb and master open-source infrastructure. It's the scarcity of expertise with the software that has made open source uneconomical in a lot of cases. As people in India and Russia and elsewhere dig into open-source technologies, they can broker that expertise and help bridge the gap between the theory and the practice of reuse.」(Jon)

世界中は頭のいい人々で溢れている。そういう人たちが、オープンソース・インフラのことをもっともっと理解すれば、オープンソースをうんと経済的に実際に活用することができるというわけだ。

このCollabNetのことをもっと詳しく知りたい人は、Inc Magazineが取材した「The Down-Round Dilemma」という記事が面白いので、読んでみたらどうかと思う。このCollabNetが有望ベンチャーの一つであることは間違いないが、この厳しいシリコンバレー経済の中、資金調達に苦労して、企業価値を下げてでも資金調達せざるを得ない「Down Round」を経験するというケース・スタディである。

全く違う観点で、同じ会社のことが取り上げられている文章を2つか3つ読むと、色々な面で理解が深まること請け合いである。

そして最後に、Brian BehlendorfもBLOGをつい最近書き始めたので、そのことを少しだけ。彼の最近のBLOGの中で面白かったのは、5月5日の「My crystal ball for the software industry's future」。

ソフトウェア産業の次の5年間について、彼はこんな予測をしています。

「* overall IT industry revenue will remain flat* software licensing revenue will fall dramatically due to competitive pricing pressure and commoditization by open source software

* more money will be spent on custom development and integration

* web-based software rental (e.g. ASPs) will see more use, as the cost justifications win out over the concerns about access and ownership.」

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社