お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ドットコムに背を向けたままでいると現実を見誤る

2003/05/15 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

今日は、ベンチマークキャピタルのWilliam Gurleyの最新論考「Dot-com double take」を読んでみよう。「ドットコム再評価」というタイトルからもわかるように、ドットコムの再興がテーマである。Double takeというのは、びっくりして見直すとか、最初はよくわからなかったが急にわかる、というような意味なので、ドットコムバブル崩壊で、ドットコムなんてもう忘れていたけれど、それが急に視界の中に再び入ってきて、びっくり、という感じのタイトルなのである。

本を読む前に軽い書評を読む感じで、August CapitalのVentureBlogの評に目を通しておこう。

不景気続きの世の中でオンライン消費だけは拡大

このBLOGが「Dot-com double take」から引用したエッセンスはこの部分である。

「Don't look now, but many dot-coms are working. While most industries struggle to swallow the overwhelming effect of a prolonged lethargic economy, consumer Internet companies are just now hitting their stride. While telephone companies are still reducing capital expenditures, and enterprise CIOs have cut their budget "another" 10 percent, consumers are spending more and more dollars online. If you are convinced that there is no growth in this pathetically slow economy, perhaps it's because you turned your back on these remarkably silly dot-com businesses.」

不景気の中、消費者がオンラインでカネを使う傾向だけが、確実なトレンド。いろいろとバカなドットコムもあったから、背を向けているのも理解できるが、ドットコムに背を向けたままでいると現実を見誤りますよ、という感じのことを言っている。

そしてベンチャーキャピタルの立場としての感想として、

「Many of the higher profile disasters of the late 90's were venture backed consumer companies and that clearly left a bad taste in the mouths of most VCs. On the other hand, quickly think of five internet companies that currently trade for multi-billion dollar valuations. I'll bet you at least three of them (and more likely four or five of them) are consumer companies. Consumer facing companies are more difficult to build to scale and are no longer within the typical venture investor sweet spot. But when they succeed, they do so with large valuations.」

90年代後半の前評判が高くて大失敗したドットコム経験ゆえにVC側の後味は最悪。でも数千億円の企業価値に達したインターネット企業といえば、皆、ビジネス向けではなくて、消費者向けのドットコムばかりだというのも事実。「at least three」とはYahoo, Amazon, eBayのことを言っている。

消費者を相手にするドットコムは、作って大きくするのがより難しいから、VCとしてのsweet spotではないが、もし成功すれば巨額の企業価値の会社になる。

さてそろそろ本論「Dot-com double take」に入ろう。

Yahoo、Amazon、eBayの合計時価総額は6兆円以上

「The stock market has certainly awakened. Amazon's market capitalization has climbed 79 percent in the past year to $9.7 billion. Yahoo, over the same time period, has climbed 63 percent to reach a corporate value of $15 billion. And eBay, the cream of the crop, is up 61 percent to reach a whopping $28.4 billion. Cumulatively, that is more than $50 billion in value for the top three players in this newbie industry, which seemed very un-business as we crashed to earth in late 2000.」

やはりドットコム・バブルの生還者としてのYahoo、Amazon、eBayの時価総額のトータルが500億ドル以上、つまり120円換算ならば、6兆円以上になっているというのが前置き。

そして、USA Interactiveの話は面白い。

「Barry Diller (who, by the way, never fell for that "consumer Internet deals are stupid" line) has been very busy stitching together a $15.8 billion consumer Internet dynasty. Although these companies will not be reported independently in the future, Expedia, Hotels.com and TicketMaster/CitySearch had respective market capitalizations of $6.5 billion, $3.9 billion and $3.1 billion as he paid premiums to bring them exclusively into the USA Interactive family. Last December, the company also snapped up Europe-based Udate.com for $150 million. When combined with Match.com, USA Interactive has clearly claimed the lead position in the online dating space.」

あまり日本では有名ではないが、USA Interactiveは、しっかりと、ドットコム事業を集めてきていたのだ。

あと公開企業では、

「WebMD, Verisign, TMP Worldwide (Monster.com), and DoubleClick all
sport market capitalizations north of a billion dollars. Additionally, Overture, Earthlink and RealNetworks are hovering in the $700 million to $900 million range. Even newcomer NetFlix has seen its stock jump from a 52-week low of $5 up to a respectable $22 per share.」

といったところ。

Googleの時価総額は6000億円〜1兆2000億円

未公開企業に移ってまずは当然のことながらGoogle。

「The New York Times reported that Google may earn as much as $750 million in revenue this year. Based on the revenue multiples at eBay, Yahoo and Amazon, it would not be surprising to see the search engine company's worth posted at $5 billion to $10 billion, should it ever decide to go public.」

Googleがニューヨークタイムスの報道の通り、売上高で7億5000万ドルまで行くのなら、時価総額は数千億円の上のほうまで行くだろう、と予想している。

GoogleのIPOについては、本連載4月21日の「GoogleがIPOしない本当の理由」をご参照。

Google以外の未公開企業ドットコムで有望なところとして、Classmates.com、MyFamily.com、Blue Nile。その後にベンチマークのポートフォリオ企業でうまく行っているドットコムについて書かれているので、興味のある方は、原文に当たってみてください。

ただ最後の

「Why are these companies working out, especially in an environment
where many high-tech companies are struggling?」

成功企業がなぜうまくいったかの4つの秘訣は、それほど面白くないので、あまり参考にはならない。手間はかかるけれど、本稿を読んで興味のある方は、ぜひ、ここで挙げられている成功企業の成功の秘訣を個別に検証して、某か自分のビジネスに役立ててください。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社