お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ハイプか、リアルか。注目を集める「ソーシャルソフトウェア」

2003/05/13 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

半年後くらいには、ひょっとすると、ソーシャルソフトウェアという言葉を皆が使うようになっているかもしれない。今、米国のBLOG世界では、ソーシャルソフトウェアという言葉とカテゴリーを定着させようと狙う人々が、やっきになってプロモーションを展開しはじめている。

グループコミュニケーションをサポートするソーシャルソフトウェア

僕の理解している限りでは、ソーシャルソフトウェアについてのきちんとした論考が発表されたのは、Clay Shirkyが3月9日にアップした「Social Software and the Politics of Groups」が最初ではなかったかと思う。だから、「Clayが提唱するソーシャルソフトウェア」みたいな表現をする人も多い。

ただ、Clay Shirkyが定義するソーシャルソフトウェアとは、

「Social software, software that supports group communications, includes everything from the simple CC: line in email to vast 3D game worlds like EverQuest, and it can be as undirected as a chat room, or as task-oriented as a wiki (a collaborative workspace). Because there are so many patterns of group interaction, social software is a much larger category than things like groupware or online communities -- though it includes those things, not all group communication is business-focused or communal. One of the few commonalities in this big category is that social software is unique to the internet in a way that software for broadcast or personal communications are not.」

「グループコミュニケーションをサポートするソフト」であり、グループウェアとかオンラインコミュニティよりも大きなカテゴリーだとしている。インターネットを前提とし、ブロードキャスト型でも個人間コミュニケーションでもないもの、ということになっている。

概念の広さゆえにハイプ(誇大宣伝)との批判も

おいおい、そんなもの、もともとあるものに勝手に名前をつけて、自分の手柄にしようとしているのかよ、という気分で、怒っている人もいる。

Scripting NewsのDave Winerは、彼のBLOGの中で、

「Social Software? I've been in the software biz for 2.5 decades, so I've seen this kind of hype over and over. Take something that exists, give it a fancy new name, and then blast at reporters and analysts about it. Every time around the loop it works less well. In the 80s it worked very well. In the early 21st Century, there aren't enough analysts with credibility to make such a pig fly.」

「It's wrong. We don't need this. Weblogs are about punching through the hype machine of idiot analysts and reporters who go for their BS. Social software has existed for years. What's the big news? A few people are looking for a pole to fly their flag on. Pfui!」

と、こきおろしている。

まぁ、こういうのも議論を活性化するという意味で、ある種、やらせ的なところもあると思うが、ソーシャルソフトウェアはHypeなのかRealityなのか、日々、喧々諤々の議論が続けられている。

そしてこの議論は、4月半ば、オライリーのEmerging Technology Conferenceで、Clay Shirkyがソーシャルソフトウェアについてのスピーチを行なったあたりからぐっと盛り上がってきた。その彼のスピーチ内容はかなり克明に再現することができる。

同じくソーシャルソフトウェア提唱者側のRoss Mayfieldが取ったノート、David WeinbergerのBLOG、ユタ州の前CIOで元Excite@homeのVPだったPhillip J. WindleyのBLOGを総合すればいいだろう。

ソフトウェア開発は個人利用前提からグループ利用が前提の時代に

ここでリンクを張ったClay Shirkyの3月の論考、彼のスピーチについての3つのメモを読む前に、Arnold Kingが4月21日に書いた論考「Social Software」を読んでみよう。この論考が評論としてなかなかよくまとまっている。

「A reasonable guess is that the next wave of compelling applications will be in the realm of what Clay Shirky and others call social software. There are many challenges in shifting from software design that focuses on individual use to software design that focuses on group use. For example, Shirky writes,」

ソフトウェアのデザインが、個人ユースから、グループユースにシフトすることについてはたくさんのチャレンジがある。ここでArnoldは、Clayの3月の論考から文章を引用する。

「"If a group has a goal, how can we understand the way the software supports that goal? This is a complicated question, not least because the conditions that foster good group work, such as clear decision- making process, may well upset some of the individual participants. Most of our methods for soliciting user feedback assume, usually implicitly, that the individual's reaction to the software is the critical factor. This tilts software and interface design towards single-user assumptions, even when the software's most important user is a group."」

クループが持つゴールを、ソフトウェアがどのようにサポートできるのか。いいグループをいいグループたらしめるクリアな意思決定プロセスなどを、ソフトウェアにうまく乗せることなどできるのだろうか。

ソーシャルソフトウェア開発の3つの課題

Arnold Kingは、ソーシャルソフトウェア開発の課題を、3つの異なるタイプの問題にブレークダウンして考えるといいと言う。

「Perhaps the best way to explain the issues surrounding social software development is to describe the types of problems that such software might solve. These might be called the matching problem, the issue-resolution problem, and the classroom-management problem.」

(1) the matching problem、(2) the issue-resolution problem、(3) the classroom-management problemの3つだ。

適材と適所をマッチングさせたりするとき、我々は知らず知らずのうちに、人間の直感を使っている。これをソフトウェアに落とすには、効果的なフィルタリングアルゴリズムが必要だ。

「The challenge for social software is to manage a large social network for obtaining potential matches while implementing effective filtering algorithms for providing helpful personal recommendations.」

これが第1のマッチングプロブレム。第2は、課題発見から決断までのプロセスの問題。

「The recent wars in Afghanistan and Iraq saw a speed-up in the process of resolving the issue of hitting an enemy target.」

このたびの戦争における敵方のターゲットを発見してから爆撃するまでの時間が、湾岸戦争のときから圧倒的に進歩したわけが、そういうプロセスをソーシャルソフトウェアの中にどう組み込んでいけるのか。戦場の軍隊と平時の創造的グループとは全く違うから、そう簡単ではない。

「This means not only good communications systems but also systems for managing priorities.」

コミュニケーションがよければいいというものではなくて、優先順位をどうマネージするかが重要なのである。

第3は、教室でのマネジメントの問題。教室での生徒の進度は皆、個々に違う。また皆てんでばらばらのことをしている。

「How can we improve the delivery of material from teachers to students? Teaching equals feedback, and the best feedback tends to be individual feedback. Teachers get feedback when they see how students do on tests. But we are always looking for real-time feedback, whether it comes from students raising their hands to answer questions that we pose or from puzzled looks on their faces.」

重要なのは、フィードバックループだ。

「The challenge for social software in classroom management is to enable the teacher to be aware of what the students have grasped and what they still do not understand. The teacher then may need to deal with different subsets of students in different ways.」

それには、教師は、それぞれの生徒がどこまで何を理解しているのかを把握して、個別の対応を取らなければならない。そういうことをソーシャルソフトウェアは実現しなければならないのがチャレンジだと、Arnoldは言う。

ソーシャルソフトウェアの部品はあるがソリューションにはなっていない

そして総括は、

「For many of the challenges of social software, some components appear to exist. We have some tools to filter recommendations. We have some tools to prioritize messages. We have some tools to provide and monitor feedback. However, we do not yet have the components sufficiently tuned and assembled into applications that solve the larger human problems. My guess is that at least one important innovation of the next decade will be a system that solves one or more of the problems that I have sketched out--the matching problem, the issue-resolution problem, and the classroom-management problem.」

コンポーネントレベルでは、色々と揃ってきているかもしれないが、「we do not yet have the components sufficiently tuned and assembled into applications that solve the larger human problems.」であり、この周辺でイノベーションが起こるのではないかと予測している。

結局、ソーシャルソフトウェアがソーシャルソフトウェアと呼ばれる所以は、人間や社会の問題にきちんと真っ向から取り組まないで、技術だけが先行するならば、ものすごく限られた使われ方しかしないだろう、ということなのだと思う。

最後にソーシャルソフトウェアに興味のある方へのRecommendation。

まずはここまでのイントロを踏まえたうえで、Clay Shirkyの論考とスピーチ内容を読んでみてください。そして、その主旨の理解を前提に、Coranteが始めたソーシャルソフトウェア提唱者5人(Elizabeth Lane Lawley, Clay Shirky, Ross Mayfield, Sebastien Paquet & Jessica Hammer)によるBLOG「MANY-TO-MANY: social software」を日々ウォッチされて、このBLOGからのリンクをたどると、今後の様々な議論を、日本からでも、リアルタイムで追っていくことができます。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社