お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

不況期の方が起業家にとって環境が良い理由

2003/04/25 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

Business 2.0誌に掲載されたゲリー・ハメルの最新論考「Why It's Time to Take a Risk」を読みながら、イノベーションと起業家精神について考えてみよう。

ゲリー・ハメルは、「リーディング・ザ・レボリューション」等の著者で、シリコンバレー在住の経営学者兼コンサルタントである。

「in this forbidding business environment」(この近寄りがたいビジネス環境の中で)起業する2人の起業家、Groxisを創業したPittmanと、CometaをスタートさせたBrilliantの話が冒頭に出てくる。

不況期こそ起業には最適

「Pittman thinks this is a far more auspicious time for entrepreneurs than, say, 1999. "Office space is cheap, and talent is available," he points out. "And the signal-to-noise ratio is much better now that all the junk dotcoms are out of the picture."」

2人は厳しいビジネス環境こそが、起業には良い時期だと言う。

余談だが、「"Office space is cheap, and talent is available,"」は、シリコンバレーでも本当にそうなってきている。

最近、友人から聞いた話では「すぐに使えるクリーンルーム付きのスペースが、$1.5/square foot/monthだぞ」とのこと。だいたいピーク時の1999年から2000年に比べて、5分の1から下手すると10分の1くらいまでオフィスコストは下がっている。

優秀な人材も取りたい放題である。

この論考はウェブ上で3ページにわたっているが、最初の1ページ目は、米国のビジネス環境の厳しさと、それに対して企業がコスト削減だけで対応するのでは将来がない、ということが、丁寧な文章で書かれている。

「In other words, retrenchment can buy you time, but it can't buy you a future.」

「The point is simple: Retrenchment makes you smaller, not better.」

というポイントだけ読んで2ページ目に進んでもいいと思う。2ページ目からのほうが、具体例もいろいろ出てきて面白いからだ。

180億ドルあったPwC Consultingの価値が35億円に

「But there are other reasons to be courageous. Says Peter Bernstein, author of Against the Gods: The Remarkable Story of Risk, "It is precisely when people are most scared that resources are the most undervalued." Look around: Talent is plentiful, and assets ranging from office leases to brand names to new technology are going at fire-sale prices. IBM (IBM), for example, has used the downturn to substantially bolster its software and consulting businesses with timely and cheap acquisitions. Last October, it acquired for $3.5 billion the IT consulting business of PricewaterhouseCoopers, a property that Hewlett-Packard (HPQ) reportedly came close to buying for $18 billion just two years earlier.」

リソースの価値が、実際の価値よりも安くなっている現在が勝負どころ、ということである。オフィスコストや優秀な人材だけでなく、ブランドや技術も二束三文で手に入るのが今である。

資金がありすぎるとイノベーションは起きない

そしてハメルは言う。

「The bust occurred because there was too much cash -- way too much cash -- and too little genuine innovation.」

バブルの破裂は、キャッシュがありすぎたことと、正真正銘のイノベーションが足りなかったことだ。

そのイノベーションは、ビジネスのルールを壊すようなイノベーションもあれば、最先端サイエンスのイノベーションを事業化するものもある。

「In the past three years, GE has tripled the share of its R&D budget dedicated to bleeding-edge technologies such as nanomaterials, fuel cells, and molecular imaging equipment. GE's research chief, Scott Donnelly, estimates that 30 percent of his budget now goes toward such advanced science.」

GEは最先端サイエンスのR&D強化に乗り出しているが、大企業のR&D Managementほど難しいものはない。

「Business cycles ebb and flow, but as any R&D chief will tell you, the quickest way to waste money is to turn development programs on and off and on again. Yet stick-with-it tenacity is hard to sustain during hard times, when projects with promising but distant payoffs are all too likely to get flushed away. For this reason, top management must clearly identify opportunities that will be funded come what may.」

とは、言うは易く行なうは難しの典型である。

一方スタートアップの資金調達も、バブル時に比べてものすごく難しい。

「While tight money can't guarantee a higher return, it does act as a kind of abrasive, polishing and refining ideas in ways that simply did not occur a few years ago.」

でもその分、生き残っているベンチャーのアイデアには磨きがかかっていると言っていいだろう。

資金がない方が人間は工夫をする

バブル期を総括してハメルは言う。

「If we learned anything from the Internet bubble and the telecom bust, it's this: An overabundance of resources turns the brain to mush. Conversely, privation spurs ingenuity.」

リソースの過剰(容易にカネが集まる状態)は、人の脳をぐにゅぐにゅにしてしまう。一方、欠乏は工夫を呼ぶ。

そして最後に起業家志望者へは、

「Rather than whine about this skinflint CFO or that disbelieving VC, get creative. Find ways to test hypotheses about new opportunities without exposing yourself or your company to undue risk.」

というメッセージ。そして経営者には、こんなメッセージ。

「In the midst of all the hunkering down, we need to remind ourselves that we are still living in a world pregnant with possibility. The hard times will end. Billions of dollars in new wealth will be created. Focus too much on retrenchment, and your company will emerge from the downturn weakened, diffident, and uncertain of its future. Manage this period well, and your company will emerge lithe, impassioned, and raring to go. Those who beat the bear will be ready to ride the next bull.」

ハメルの真骨頂は、「we are still living in a world pregnant with possibility」みたいな、歯の浮くようなチア・リーディングにあるのだが、たまにはこういう文章に元気付けられてみるのもいいだろう。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社