お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

シリコンバレー経済の本格回復はいつか

2003/04/24 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

皮膚感覚でいえば、シリコンバレー経済は、底を打つことは打ったと思う。

先週、Intel Capitalのトップ、Les Vadasz6月1日に退任予定)に会ったとき、彼もまだまだ「much better than last year」とは言えないなぁ、特に「much」という言葉はちょっと使えないなぁ、と言いながらも、「底は打ったと思う」と言っていたが、僕もだいたい同じ感触を持っている。

しかし、本格的な回復には、米国のIPOマーケットが開かなければならない。今日はそのあたりの話をしよう。

2002年のシリコンバレーからのIPOは6社だけ

サンノゼ・マーキュリーニュースの「Bubble era just a memory in IPOs」から。

「Only six Silicon Valley companies, including educational toy maker Leapfrog Enterprises and online movie rental company Netflix, went public last year. In the first quarter of 2003, not a single valley company went public -- a repeat of a phenomenon that hadn't been experienced for 10 years until last year's third quarter. Nationwide in the first quarter, only five companies went public, the leanest showing since 1978, according to Thomson Financial.」

シリコンバレー企業の2002年のIPOは6つだけ。ここで出てくるNetflixについてはバックナンバーをご参照。2003年の第1四半期はゼロ。米国全体でも、第1四半期はたったの5社だけである。

月曜日にGoogleのIPOをめぐって書いたように、未公開のまま頑張るというのが、ベンチャーにとっての有意義なオプションになってきたことも大きな要因である。

「"If a company has any other financing available to it, it will probably choose to do that and wait until the market environment is better," said Deborah Stapleton, an investor-relations professional at Stapleton Communications.」

というのはそういう意味である。

GoogleとSalesforce.comがIPO最有力候補

Always Onの「Is it IPO Time Again?」では、

「This time, of course, only the fittest (and profitable) will make it out the gate. And AO has found at least four great candidates to begin the parade: Crystal Decisions, FormFactor, Google, and Salesforce.com.」

成長しつつ利益を上げる4社(Crystal Decisions, FormFactor, Google, Salesforce.com)をIPO候補として挙げている。

Boston Globe紙の「Companies wait quietly to go public」はIPOを待つiPassの話から。

「The privately owned maker of wireless networking services nearly doubled its revenue last year, to $93 million, and turned a healthy profit. The company's underwriters, led by Morgan Stanley, filed a prospectus with the Securities and Exchange Commission on Jan. 24, seeking the right moment to cash in on iPass's success with an initial public offering. They're still waiting.」

iPassは、未公開状態のまま頑張りに頑張って、売り上げを9300万ドルまで伸ばし、利益を出すに到り、1月24日にSECにprospectusをファイルし、「the right moment」を待っている。

株式市場が好転してから3カ月か6カ月して、IPOマーケットが開くというのが経験則だが、肝心の株式市場がまだ不安定である。

「In the meantime, many closely held Silicon Valley companies are quietly forging steady businesses and waiting to go public. Topping that list are Internet search titan Google and the business software company Salesforce.com. Both are profitable and brought in veteran chief financial officers last year, in moves widely seen as preparing for IPOs.」

多くのシリコンバレーの未公開企業がステディなビジネスを何とか作り上げて株式公開を待っているが、その筆頭が、GoogleとSalesforce.com。Always Onと重なっているが、この2社をIPO候補の大物未公開企業として挙げるのは、いまやシリコンバレーの常識になっている。

この半年の間での大型IPOのPlumtree SoftwareとSeagate Technologiesも、

「Investors gave both companies a chilly reception; both stocks fell on the first day and have not recovered since.」

公開価格を回復できていない。この2社の公開後の株の値動き次第で、IPOマーケットが開くかどうかの様子を見るという感じだったので、まだまだ「待ち」という判断になっているのである。

この記事では、Google、Salesforce.com以外のIPO候補として、

「Oblix, a Cupertino, Calif.-based provider of identity-management technology」

「Celerity, a semiconductor manufacturing company, filed its prospectus with the SEC last June but has yet to go public.」

「Shutterfly Inc., a Redwood City-based online photo service whose chairman is Jim Clark」

といったところを挙げている。

シリコンバレー企業よりもエスタブリッシュメント企業が先

Forbes誌の「The New New Issues」も、IPOマーケットを概観しているが、こちらはシリコンバレーの視点ではなくウォールストリートの視点から。

「More companies will go public as 2003 progresses. Now 54 deals are in the pipeline, although pricing and dates have yet to be set.」

今、54社がIPOのパイプラインの中で待っている。それも質が高い会社が多いという。

「That's because companies going public in a cold market tend to be of high quality.」

「Look at 1988 and 1989, when the new-issues market was still absorbing the aftershock of the October 1987 crash and deal flow had slowed, professor Ritter says. The class of 1988 went on to enjoy average market returns of 56% over the next three years, beating equivalent amounts invested in a broad market index on offering days by 9 percentage points; the 1989 class scored 51% over the next three years, 17 points better than the market. To date, the 2002 new issues (down an average 3% last year) fared relatively well in a rotten environment.」

歴史的に見ても、1987年のブラックマンデーの翌年と翌々年のリターンは平均以上であったという数字を挙げて、今年のIPOは期待できるというのがウォールストリートの視点である。

「Nowadays companies going public often are long-established businesses, many of them units of already-public companies, and not just some clever notion hatched over a kitchen table a year ago.」

ただそれは、今年、公開を予定している企業の大半が「long-established businesses」だから。その証拠に、この記事の2ページ以降にはシリコンバレー企業のIPOの話は出てこない。

こうした公開情報を総括すると、IPOマーケットはまだIT新興ベンチャーには開かず、しばらくは「待ち」が続くと考えるのが自然であろう。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社