お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

デルの参入でプリンタ市場に大変動がおきる

2003/04/23 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

IT企業でプリンタの事業を持っていると、その企業の経営はずいぶん楽である。それはプリンタの消耗品の利益率が抜群に高いからだ。レーザープリンタで圧倒的シェアを持つHPが、「プリンタ事業がなかったらとうに会社がなくなってしまっていたかもしれない」と揶揄される所以である。

プリンタの消耗品事業は美味しい商売

とうとう、業界収益構造の破壊者・デルがこのプリンタ事業の「甘い蜜」を求めてやってきた。さあ大変だ。

Dell Officially Launches Printer Line」(Yahoo! News)から。

「Dell Computer marked its entry into a market long dominated by rival Hewlett-Packard, announcing four printers for personal and workgroup use Tuesday. The company also provided details of a policy designed to encourage users to purchase ink replacement cartridges directly from Dell.」

デルの狙いは「encourage users to purchase ink replacement cartridges directly from Dell」、まさに「甘い蜜」の消耗品事業なのである。

コンパックと合併してPC事業でデルと大競争を繰り広げるHPは、虎の子のプリンタ事業でもデルに競争を仕掛けられた。マイケル・デルはカーリー・フィオリーナの天敵なのだ。

価格破壊で勝負するのはデルの常。HPの199.99ドルのモデルを、139ドルで出すという。

「HP is the acknowledged leader in the printing business, and commands a great deal of loyalty from its customers, Kastner said. The company wants to market itself as an innovation and technology leader, according to comments made by HP executives during a recent conference call. Dell's focus has always been on pricing and efficiency. "[It] does not have to have the world's most innovative technology to meet most users' needs most of the time," Kastner said.」

デルは「pricing and efficiency」で勝負するが、HPは「an innovation and technology leader」でやっていく、と今のところは言っている。

でもPC産業の歴史を見れば、どうなるかは一目瞭然と、マイケル・デルは確信していることだろう。

緻密に練られたデルの消耗品事業戦略

ここから先がプリンタ産業特有の話になる。デルは、どうやって消耗品事業での競争を仕掛けようとしているのか。

まずソフトウェアに細工をする。

「Besides price, Dell thinks the software included with the printers sets them apart from the competition, said Tim Peter, vice president and general manager of Dell's imaging and printing group. Users receive prompts to replace cartridges when the ink level falls below a certain mark and a link to Dell's Web site where replacement black and color cartridges can be ordered appears on the user's screen. The workgroup printers send messages through the network to administrators, Peters said.」

そして、「cartridges that come with a use and return policy」を導入し、チップにも細工する。

「Dell is offering users of P1500 or S2500 series printers a choice
between standard cartridges or cartridges that come with a use and return policy, which obligates the user to ship the cartridge back to Dell for recycling under a licensing agreement that takes effect when the user breaks the seal on the cartridge's package. Purchasers of the standard cartridges are not bound by the licensing agreement. The use and return cartridges contain a chip that disables the cartridge if it is refilled and replaced in a Dell printer, the spokesperson said.」

ここでいうStandard cartridgeというのは、サードパーティから売り出されている安い消耗品である。

「A 3,000 page-yield standard cartridge for the P1500 costs $99, and the Use and Return cartridge costs $75. For the workgroup printers, a 5,000 page-yield standard cartridge costs $129, while the use and return version costs $99.」

そのサードパーティの消耗品に対して、さらに安い価格設定で参入するのである。

そしてさらに、カートリッジのサイズも変え、サードパーティの気力を萎えさせようとしている。

「The cartridges are different sizes than cartridges from other printer vendors, including Lexmark, the spokesperson said. This will limit the amount of knockoff cartridges available, but only until someone figures out how to reverse engineer Dell's cartridges.」

デルについては、僕もずいぶん色々なところで書いてきたが[たとえば "IT産業から「夢とロマン」を奪おうと目論むデル"(2001年7月16日)、 "IT大手各社のデルへの対抗策"(2003年1月30日)]、なんともすごい会社である。

デルモデルは無敵か?

そのデルにアキレス腱はないのか、というテーマで書かれたコラムが、
Does Dell have an Achilles' heel?」というCNETとウォートンの提携記事である。

「But the model is now being tested in new ways, as the $35 billion company jumps into new markets--both geographically and productwise.」

「"In the U.S., the model is, in essence, perfect. But the question
becomes, how extensible is it?" asks Martin Kenney, a professor at the University of California at Davis, who has studied Dell.」

ポイントは、PC事業単独かつ米国市場、におけるデルモデルの成功が、真にグローバル化し、製品ラインが増えたとき、本当に大丈夫なのか、という問題提起である。

プリンタ以外のこともたくさん書いてあるので、その部分は、原文に当たっていただくとして、プリンタ事業については、こんな記述がある。

「According to Kogut, the Lexmark partnership is Dell's one potential area of weakness. Lexmark has a weaker reputation for quality than HP and Epson--and quality is a key element of the Dell equation. "The interesting question is whether or not Dell can bring Lexmark up to the same quality standard in the market, which it is acknowledged as having for its PCs," he says. 」

プリンタというのはPCと違って誰でも作れる代物ではないから、当然、デルはLexmarkからOEM供給を受けるわけだが、そこがアキレス腱になるのではないかと、この記事は希望的観測をしている。そして、

「And if there's one thing the past year should have taught rival PC makers, it's that when Dell enters a market, it's time to watch out.」

そうその通り。デルが競争を仕掛けた産業では何かが起こる。要注目なのだ。

「"It's not unfathomable to think that at some point in the future they will do their own product,"」

これが、この記事の最後の文章だが、デルが、プリンタを作る技術を持つ会社(日本にもたくさんあるぞ!!!)を買収しようとする日も、そう遠くないのかもしれない。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社