お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Mosaic、Wired、Red Herring登場から10年、当時はどん底だった

2003/04/22 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

次の3年、次の5年、次の10年を考えるときに、過去3年間、過去5年間、過去10年間にどんなことがどういうスピード感の中で起こったのかを、ときどき振り返るのは意味があることだと思う。たとえば、ITバブル時の株式市場のピークは2000年3月だが、それから早いものでもう3年以上が経過していることとか、Mosaicのリリース(1993年4月22日)から今日でちょうど10年なのだなぁとか。

Wired登場から10年

そんな文脈で、Wiredという雑誌が生まれてから10年が経った記念のエッセイを読んでみよう。

今から振り返れば結果は全く違う方向に向かったわけだが、1993年のムードは、

「What a dull, distressing decade it promised to be.」

これからの10年は「さえない悲惨なもの」になるだろうなぁ、という雰囲気に溢れていたという。

冷戦が終わり、湾岸戦争が終わり、不景気が続き、グローバルに見ても好条件はなく、ハイテク産業も苦境にあった。

「Vicious price wars among PC makers had wrecked profits. Apple and Compaq were laying off thousands - IBM, tens of thousands. "The phones stopped ringing," the chair of Cypress Semiconductor told a reporter for BusinessWeek.」

当時のIT産業の雰囲気を伝える部分を少し引用してみよう。

「Of course, there were a few bright spots as well. Dozens of startups were racing to dominate the market for the newest thing: pen-based computing.」

確かにペン・ベース・コンピューティングがNext Big Thingだと思って興奮していた人たちがいた。

「More than 50,000 electronic bulletin board systems were operating by 1992. BBSes had everything a cultural hacker could want.」

「Businesses were attempting to commercialize this new fad. A service called Prodigy ran goofy ads along the bottom of the screen, which some users covered up with tape. A second service, CompuServe, offered access to professional databases, and third-place America Online boasted a friendly graphical user interface. Everybody lost money. Prodigy was on track to burn more than $30 million that year. Al Gore went on about the information superhighway, but it was all so much vaporware, as everybody knew.」

ProdigyとCompuserveとAOLが登場したが、誰も儲けることができず、ゴア副大統領がスーパーハイウェイを提唱しだしたときも、本気でその実現を信じる人たちはほとんどいなかった。そんなとき(10年前)にWiredが創刊された。

「In early 1993, as Communism collapsed and the terrors of the Cold War era vanished in the rearview mirror, a new magazine startled its readers with the proclamation that governments were obsolete, technology was benevolent, and the future was going to be great. Nearly 100,000 readers signed up in the first 12 months. The mood had changed.」

これがエッセイの最後の部分。ちょっと自慢話っぽいのは、ご愛嬌である。

廃刊の決まったRed Herringも創刊10周年

もう1つ似たような文章が、この3月で廃刊が決まったRed Herringの創業者Tony Perkinsの「The next ten years will be even more interesting」である。Wiredと同じ頃に創刊されたRed Herringのゴールは、メジャーなメディアがカバーする前にNew cool companiesを取り上げることであった。

「It is equally amazing to think that the Internet as the new digital superhighway was not even a twinkle in anyone's eye when we first launched Red Herring. The word Internet didn't appear in our magazine until the sixth issue. The hot topics at the time were multi-media (i.e. CD ROMs - ho-hum), pen computing (never happened), client-server computing (a solid eight-year run), and interactive television (remember that?). Our first issue offered a psychedelic cover image of the father of virtual reality, Jaron Lanier.」

インターネットをデジタルスーパーハイウェイだと思っている人はほとんどおらず、マルチメディア、ペン・コンピューティング、クライアント・サーバー、インタラクティブTVがホットで、創刊号はバーチャル・リアリティ特集だった。

「Our first issue included an 'Open Letter' to Trip Hawkins, the CEO of 3DO. He was about to take his company public, even though it had yet to book a dollar of revenue. "We have concluded that the risks involved with 3DO's business plan are so high that it is inappropriate for the company to sell stock to the public market at this time," we cautioned. Little did we know that in the next several years, there would be hundreds of IPOs like 3DO, which would be taken to the public markets before the companies could prove their viability.」

3DOなんて会社を覚えている人が居るだろうか。ゲーム機、マルチメディア・マシンの世界で新しい標準を作り、マイクロソフトのようなデファクトを取ろうという野心を持ったベンチャーで、松下電器等も投資して、結局大失敗に終わったわけだが、その3DOのIPOが10年前か、と思うと、IT産業における10年という歳月のとてつもない長さに改めて驚く。

「In early 1994, Jim Clark, the founder of Silicon Graphics, had just started what was then Mosaic Communications. "I have learned everything I know about the Internet in the last 3 months from a 21-year old kid name Marc Andreessen, I am convinced that it is the real information highway," he explained to a puzzled audience at Stanford. This was the birth of the commercialization of the Internet for us.」

そして、94年初頭。ネットスケープが誕生。ここから本格的なインターネットの時代に入っていく。

ITバブル崩壊から3年、夜明けは近い

ITバブル崩壊から3年が経った今、そろそろIT産業の夜明けも近いぞ、1993年のムードと似ているのではないかな、と僕は感じ始めている。

相変わらず悪いニュースばかりだと嘆く人がいる一方で、新しい何かの萌芽を感じて動き出している人もいる。いちばん面白い時代であるとも言えるだろう。

この連載では、Wi-FiやGoogleやあれやこれやのNext Big Thing候補を、リアルタイムでご紹介しているが、その中には、1993年頃に騒がれて市場が立ちあがらなかったPen computingやVirtual RealtyみたいなHypeも含まれているだろうし、大失敗に終わる3DOの再来のような会社もあるだろうけれど、Netscapeのように時代を一変させる何かが颯爽と登場する可能性も秘めている。

あとから振り返って何かを言うのは簡単だが、Next Big Thingの萌芽が現れたときには、その後それがどう転がっていくかは誰にもよくわからないのである。そのよくわからないところに、自分の経験に基づく直感に従って、大きく賭ける人たちだけが、大きな果実を得る。

ここがIT産業の、シリコンバレーの、真の面白さであり醍醐味なのである。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社