お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

デジタル技術が既存の音楽産業に「破壊」と「創造」をもたらす

2003/04/17 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

Dan Bricklinが4月14日に、「How will the artists get paid?」という長い論考を彼のウェブ上に発表した。アップルのユニバーサル買収報道に刺激されての発表だろう。これは絶対に一読の価値がある。別のことを書こうと思っていたが、今日もこの話にしよう。

著作権に関する議論はアーティストへの報酬問題に集約できる

冒頭は、

「There is a lot of controversy about digital media, copy protection, fair use, and internetworking. In most cases from the viewpoint of legislators trying to react to lobbyists, as I understand it, it boils down to one question: How will the artists get paid? My answer is simple: The same way artists have always gotten paid. Let's examine that issue to see how it applies to today's world.」

著作権問題について喧々諤々の議論が続いているが、結局、たった1つの質問が本質なのだ。それは、論考のタイトルにもなっているように、「アーティストにどのようにして報酬が支払われるか」というたった1つのことを突き詰めればいい、という考え方だ。

アップルのユニバーサル・ミュージック買収は是か非か」、「既存の音楽産業に対する不満から、アップルのユニバーサル・ミュージック買収に熱い期待」でご紹介したシリコンバレーの音楽配信についての視点を、さらにラディカルに、そしてきちんと理論化したのが、この論考だと言っていい。

才能とテクノロジーインフラ。シンプルにその2つを中心に物事を考えるというのは、シリコンバレーの原点である。

テクノロジーが発展途上だった時代にのみ存在し得た中途半端な代理業・仲介者的存在を嫌悪し、新しいテクノロジーインフラこそが才能と社会を構成する我々1人1人を直結させる。そういう前提で、「アーティストにどのようにして報酬が支払われるか」というたった1つのことを突き詰めればいい、という思想だ。

レコード業界の既得権も、音楽レーベルの役割も、そんなくだらないことは全く考える必要はない、という立場である。

何がアーティストをモチベートするのか

「What motivates artists? For some it is just expressing themselves, no matter what others think. For some it is the joy of practicing their craft. For some, it is the "high" that comes from playing in front of an audience. For some, it is having their work appreciated and continue on in the hands of others. Finally, for some it is a way to earn a living and pursue riches. For many it is a combination.」

まずは、何がアーティストをmotivateさせるのかをこう定義する。そしてその上で、アーティストとアーティスト以外の我々が幸福になる条件を、

「For the artist, that would be by letting them create their art and be able to reasonably make a living. The pursuit of happiness for all of us, in many respects, depends upon the artists being able to share their works with the rest of us, and us being able to use those works in ways that bring us happiness. The best benefit to society is when the most appreciated art is available for use by as much of society as possible. For the artists themselves, the best benefit is when they meet their personal goals of expression, practice, having an audience, appreciation, and material wealth.」

こうシンプルに定義する。この後に続くアマチュアのくだりの解説は省略するが、結論部分に少し関係するので、後から戻ってでも読んで下さい。

そして、アーティストにとっての「The means to getting paid」を3つに分類する。PerformanceとPatronageとCommissionである。

Performanceは、アーティストのアートにアクセスする代償に報酬が支払われること。Patronageは、アーティストのアートへの制約なしにアーティストに支払われること。Commissionは、報酬を支払う者のリクエストでアーティストが特別な仕事をすること。

Copyrightは、第1分類Performanceの一形態として定義される。Performanceの基本は画家の絵や彫刻を所有したり、演奏家のライブを聞きに行ったりという「the physical nature of the art provides exclusivity」、つまり、排他的・独占的な権利の代償として報酬が支払われることだ。

「Through laws, we have added additional, non-physical exclusivities to provide additional opportunities for performance payment, providing additional means to earn a living for a wider range of artists. For example, copyright laws let song writers have a way to get paid for performance during a limited (but sufficiently long to have economic meaning) time.」

ここからかなり長い文章でこの3分類の特徴と例が書かれているが、「Free release」という節に飛ぼう。

このあたりからがこの論考の本質になる。

多くの人に知られることがアーティストの収入に繋がる

「In many cases, artists' work ends up being appreciated and used by a wider range of people than those that gave them money. An artist whose work is too confined usually does not do as well from their own, nor society's, view. Unpaid or unplanned exposure to an artist's work is often the source that leads to a patron or other income. Without exposure, there is no audience, no appreciation, and no reuse where your work lives on (the "most sincere form of flattery", which is a motivator for many). Without free exposure, many people without means or who do not know of an art form or of an artist's work would not be inspired to become artists themselves.」

アーティストの仕事が金の支払い主体によって閉じられてしまうのはまずい。

「Unpaid or unplanned exposure」こそが、Patronやその他の収入に結びつく。

「Free exposure」の、「収入を得る」ことにつながるという意味での積極的意義を主張するわけだ。

むろん、ビジネスの世界をなくしたらいいというわけではない。個人とビジネスの間にきちんと線を引き、そのバランスをとることが重要だ。「This use of a mixture of payments」を上手にデザインして、我々の既存の社会だって成り立っているではないか。

「The needs of the "commercial" or "professional" or "public" arena have helped balance out this free release. We can hum a new song we like for free, or even sing it along with friends around a campfire, but we can't use it in a TV commercial without paying the author. A photograph copied from a web site works fine for a child's term paper, but only the original high resolution version may suffice for a magazine, which would have staff to arrange for payment.」

ファンベースの重要性

ところで、アーティストにとって最も重要なのがファンベースである。

「Fan bases are an important element for many types of art. These are the people who know and appreciate the particular artist's work, and seek it out. They are more likely to pay for "performances" of all sorts, be patrons or sponsors, decide to use that artist for commissioned work, etc. Knowing that they have a fan base, an artist can plan for the future, creating new works without upfront payment. The fan base can provide the people that satisfy the need to have an audience and appreciation.」

ファンこそが、Performance的支払いもし、パトロンにもなり(Patronage)、仕事を発注してもくれる(commission)。

そして、「different types and needs for payment」こそが、アーティストが未来のファンによって発見されるプロセスを提供するもので、結局はファンベースを作る決定的要因なのである。

「Crucial to this ecosystem of different types and needs for payment is the discovery of the artist by people who would be users, and perhaps become part of the fan base and payers for performance, patrons, and commissioners.」

そして、フリー・リリースがなかったら、この重要な「ファンの発見」ということが成り立たなくなり、アートの生態系は衰微してしまう。

「The fact that there is free release is a key aspect of the ecosystem of art. The free release results not only in discovery, but also in use by other artists, resulting in yet more art. Free release is not the only source of discovery and other art, but it is a component that must not be ignored or eliminated.」

ここまでの彼の理論を、現在にあてはめるのが、最後の節「Today's world」である。

既存の音楽産業・映画産業は高コスト

現在の音楽産業・映画産業の問題点は、このファンの発見の方法にコストがかかりすぎるようになっていることで、

「A problem with much of today's pre-recorded media art (such as sound recordings and movies) is the method of discovery.」

「Introduction to new artists and their work is done through advertising, paid placement (narrow radio and TV play lists), and other mass marketing techniques. These are very expensive, and the difficulty of rising above the noise becomes yet more and more expensive.」

「A few big hits are viewed as more important than a myriad of small ones, each with a happy artist and happy fans. There seems to be a drive to create a few "superstars" instead of many full-time artists.」

結局は、小さくてもあるサイズのファンベースがあれば、立派にアーティストの生計も成り立つようになるわけだが、そのモデルが全く作れなくなってしまっている、ということを問題視する。そしてその問題の解決こそがテクノロジーの正しい活用法なのだと。

「Small fan bases, even if solid and large enough to fully fund the artist themselves with a very acceptable life compared to other professions, do not fit in this model.」

テクノロジーは本来、多くのタイプのアートの実践をもっともっと安く可能にするものだ。今までかかっていた膨大なコスト(製作・流通・広告)は全部テクノロジーによって劇的に安くなっている。

「Technology is making the cost of practicing many types of art less expensive. For example, recording and editing equipment of high quality that used to cost hundreds of thousands or millions of dollars is becoming something even a hobbyist can afford and use. Manufacturing and distribution of many media forms is becoming almost cost free. Communications to a widely dispersed fan base has dropped to a minor cost as mailing and the need for advertising is replaced with email and web sites.」

DRMは「諸悪の根源」

そしてDRM(Digital Right Management)こそが「諸悪の根源」だという、シリコンバレーのコンセンサスに行き着く。DRMはアートの生態を殺すものだ。DRMは大資本に利する以外、何の利もないと主張する。

「Something that bothers me about the talk about Digital Rights Management (DRM), both technical and legislative, is the whole disregard for the ecosystem needed for widespread advancement of the arts. The freeform of a variety and a mixture of funding models, and the benefits of unintended free release, are part of what makes things work with art and society. Responding to opportunities that present themselves requires flexibility. The DRM systems we hear about today are rigid procrustean beds that could kill this ecology. They are wedded to narrow, simplistic business models, dominated by large publishing businesses.」

そして結論は次の文章に集約される。

「An ecosystem with many ways for unintended free-release is a requirement. Therefore, an ecosystem which looks to a mixture of the traditional amateur, performance, patronage, and commission forms of payment is a requirement. Depending upon rigid enforcement of performance payments will disrupt the balance.」

最後にはっきりと言う。レコード業界や映画産業の連中は間違っていると。

「Listening to representatives from the recording and movie industries, you would think that selling fixed artifacts is the only way that artists can get paid. That has never been the case, and should not be in the future or else society and art itself will suffer. Those publishing businesses may be based on that one form of payment, but the artists' livelihood need not.」

この論考は、ビジョナリーDan Bricklinの、ジョブズに宛てた強いメッセージなのだろう。この考え方を基本に、既存音楽業界の「破壊と創造」をやってくれと。そして、ジョブズももうこの文章を読んだに違いないと思う。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社