お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ワイヤレス・インフラを考える上で重要な4つの規格、802.16でブロードバンド巻き返しを図る米国

2003/04/10 09:55
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

規制やキャリアの違い、既存の通信インフラの違い、消費者の生活・行動・消費パターンの違いなどによって、ワイヤレス・インフラ構築は国ごとに異なる道をたどっていきそうであるが、米国のこれからを考える上では、4つの重要なスタンダードがある。

Forbes誌「Wider-Fi」の2ページ目の最後の表を見てください(閲覧には無料の登録が必要)。4つのスタンダードとは、3G、Wi-Fi、Wider-Fi、Mobile-Fiである。

3G、Wi-Fi、Wider-Fi(802.16)、Mobile-Fi(802.20)が重要なスタンダード

3GとWi-Fiは誰でも知っているスタンダードだが、Wider-FiがIEEE 802.16、Mobile-FiがIEEE 802.20。Wider-FiとMobile-Fiという言葉は、Forbes誌が勝手につけた用語であり、IEEEの規格番号で話したほうが通じる。

この記事は、タイトルが「Wider-Fi」となっているように、802.16をメインテーマとしているが、商業誌では802.16に注目した最初の記事ではないかと思う。

「Now it looks like history may repeat itself. In January the industry group that spawned Wi-Fi released a new standard that may put the old one to shame. It extends the wireless range of Wi-Fi from roughly 300 feet to several miles and lets signals bounce around obstacles and penetrate walls; it also fixes security flaws and adds high-quality phone calls. This new standard is dubbed 802.16a by the Institute of Electrical & Electronics Engineers, which disdains catchy names. Some are calling it Wi-Max, but a better tag might be Wider-Fi.」

Wi-Fiに続いて大ブームになる可能性があるスタンダードとして802.16をとらえている。業界ではWiMax(World Interoperability for Microwave Access)という呼称でPromoteしようとしている人たちもいて、名称すらまだ確定していない揺籃段階にある。WirelessMAN(Metro Area Network)と呼ばれることもあるが、Forbes誌は「Wider-Fi」という名称をプッシュしている。

802.16をインテルがプッシュ

4月8日には、この802.16をインテルが強力に後押しするという発表があった。

「Nokia (news - web sites), Finland's mobile telecommunications equipment maker (NOK1V.HE), Ensemble Communications Inc. and the OFDM Forum started the effort two years ago.」

802.16はノキア、アンサンブル、OFDMフォラムなどが中心になってスタンダードが作られて、1月に発表された。このことは、この連載の前身である僕のBLOGの中で書いた

「The 802.16 technology provides a range of up to 31 miles, without needing a direct line of sight to the wireless base station, WiMAX said.」

「The technology offers shared data rates of up to 70 megabits per second, which could easily allow more than 60 businesses with T1-type Internet connections and hundreds of homes with DSL (Digital Subscriber Line) connectivity to simultaneously connect to the Internet, according to WiMAX.」

「The technology can also provide a wireless extension to cable and DSL high-speed connections used in many homes.」

米国ブロードバンドインフラは、現時点で明らかに日本や韓国に遅れをとっているが、802.16にはその挽回への期待がかかっているわけである。

「"The main use for 802.16 will probably be in providing wireless last-mile connectivity out to Wi-Fi networks so you could use it in places where it is not feasible or cost-effective to run cable or fiber optic,"」

802.16へのインテルのサポートについては、CNET Japanのこの記事もあわせてご参照。

テレコム産業瓦解で行き場を失った企業が802.16に流れる

さて、この802.16についてはPacifica Fundの同僚、Tim OrenがそのBLOGの中で、こんなコメントを書いている。

「What is interesting about the WiMax announcement is the number of heretofore proprietary wireless final mile companies signing up, at least nominally, for the 802.16 bandwagon: Airspan, Aperto, Ensemble, Proxim, Alvarion and Wi-Lan (the last two had promiment roles in creating the standard). While Intel's in favor of anything that will deliver more bandwidth - and stimulate the need for more cycles, these guys are in a bet-the-business situation if final-mile wireless converges onto 802.16/a quickly. How will the remaining proprietary OFDM companies - Flarion, Nextnet, Broadstorm, Beamreach - position themselves with respect to the standard? Watch this spot.」

ITバブル崩壊後のテレコム・メルトダウンとも称されるテレコム産業瓦解の中、行き場を失っていた「proprietary wireless final mile companies」(Airspan, Aperto, Ensemble, Proxim, Alvarion and Wi-Lan)が、皆この「802.16 bandwagon(サーカスの先頭を行く楽隊車、勝算のありそうなグループの意)」に乗ったということである。

インテルのサポートは、「anything that will deliver more bandwidth - and stimulate the need for more cycles」。ブロードバンド化が進んでより速いプロセッサを必要とする需要が作り出されるためならば何でもするという意味。

より「通信キャリア」的な802.20

このBandwagonに乗らなかった他の「proprietary OFDM companies(Flarion, Nextnet, Broadstorm, Beamreach)は大丈夫か」とTimは結んでいるが、この先頭に出てきたFlarionが、冒頭の表の4つ目のスタンダード「Mobile-Fi」、802.20を推し進めるハイリスク・ハイリターンを狙うベンチャーである。

冒頭のForbes誌に戻って、

「Meanwhile, a rival group at IEEE is working on 802.20--a kind of Mobile-Fi that promises speedy links in cars and trains traveling at speeds that can exceed 120 miles an hour.」

「Flarion, a Cisco-backed startup, is selling equipment that it hopes will form the basis of the upcoming Mobile-Fi standard. The company is running two trials in South Korea, where new broadband gear is deployed first and fastest.」

802.20は高速で走る車や電車の中でも使えるフルモバイルのキャリア系の技術。

Timは、「Flarionは、802.20を捨てて、802.16へ戦略転換すべきではないか」という意見を持っているが、キャリア系の人たちはそういう考えをとらない。

それは、「3G対Wi-Fi、対立の構造を読み解く」で書いた対立の構造と近いのである。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社