お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

米国IT産業の底流に流れる「反権威的気分」

2003/04/08 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

先週金曜日は、「Wi-Fi対3G」についてのClay Shirky「Permanet, Nearlynet, and Wireless Data」を題材としたが、この論考への反応BLOGを3つほどご紹介しよう。Clay Shirkyが提示する月一回の論考にはだいたいいくつか反応BLOGが出る。反対意見が載って喧々諤々ということもあるが、今回はみなShirkyに賛意を示している。

1つ目は、CoranteサイトでBLOGを書くDana Blankenhornの反応から。

「Clay Shirky is absolutely right about Wi-Fi killing 3G networks.」

Wi-Fiが3Gを駆逐するというShirkyの考え方に100%同意している。

「Yes, 3G would go everywhere (once it was built) and Wi-Fi will remain adhoc for some years to come. But it's the difference between Microsoft and Linux. Are you betting on one big company to do everything, or 10,000 little companies (and proto-companies) to eventually get it done?」

そしてアナロジーとして、マイクロソフトのLinuxとの関係を示し、1社がすべてを取り仕切る世界と、1万の小さい会社がよってたかって何かを達成するのとどちらがいいんだ?と問う。もちろん後者のほうがいいぞ、というのが含意。

これが、米国IT産業界のAdovocates(声の大きい連中)たちに共通する反権威的な気分の現れである。

日本のIT産業界はどうしても政府・大企業・キャリア中心の世界観が知らず知らずのうちに産業界全体の意見の基調になっているが、米国IT産業界は、こうした反権威的気分が強い。特にシリコンバレーは、それが最も顕著な場所である。この違いこそが、IT産業における起業家精神発揮の彼我の差の最大の要因である、と僕は最近感じている。

次に、Technology関係のBLOGで最も人気のあるサイトTechdirtの反応

「His argument is that "permanets", networks built by a few large entities tend to fail when competing against "nearlynets", networks that are cobbled together randomly by individuals.」

彼も、3Gを「built by a few large entities」、Wi-Fiを「cobbled together randomly by individuals」と表現していて、Danaの書き方ととても似ている。

技術の問題やコストの問題でなく、どういう主体がインフラ構築に関わるのか、という観点がまず反射神経的に来る。そこが反権威的気分の表出だ。

「His argument is that "permanets" are usually high quality - but expensive, and nearlynets are usually lousy but cheap. However, over time, nearlynets improve much faster than permanets get cheap. This makes sense. Any nearlynet has incentive to get better. Permanets, though, have to recover their high initial capital costs, and thus, have less incentive to get cheap quickly.」

という短い文章は、Shirkyの論考のとてもよくまとまったサマリーになっている。

そして3つ目。O'Reilly & AssociatesのCEO、Tim O'ReillyはそのBLOGの中で、

「As is usually the case, Clay reframes the debate in a novel and memorable way, as the face off between high quality and reliable service at a high price (the permanet) and spotty, cheap, and "good enough" service, (the nearlynet). In many ways, Clay's thesis is simply a restatement of Clayton Christianson's disruptive technologies argument」

Shirkyは上手に論理を組み立てているが、Clayton Christiansonのdisruptive technologyの話、つまり「The Innovator's Dilemma」の焼き直しではないか、と言う。ちなみに、「The Innovator's Dilemma」の日本語訳は「イノベーションのジレンマ」。

確かにWi-Fiは、Christiansen教授定義するところのdisruptive technologyに該当する。

「But Clay's clever neologisms stick to the mind like burrs, and his analysis of the user dynamics of the wireless data market will cause you to think differently about this problem from now on. (As Edwin Schlossberg once said, "the skill of writing is to create a context in which other people can think", and Clay does that with a vengeance.)」

まあ「焼き直し」ではあるが、上手に新しい造語を作って論理を展開してくれたので、読者はこれから「think differently about this problem」、この問題について異なった視点から考えることができるだろうとTimは結ぶ。

ところで文中の「the skill of writing is to create a context in which other people canthink」というEdwin Schlossbergの言葉はなかなかいい言葉である。

「書くスキルとは、皆(他の人たち: other people)がその中で考えることができるような(良い)文脈(コンテキスト)を創造することだ。」僕もこの連載で、なるべくそういうことができればいいなと思う。

最後にTimは、

「Clay doesn't mention VoIP, but clearly, all of the same arguments apply. VoIP is a truly disruptive technology, which is just now getting "good enough" to displace the permanet telephony industry of the 20th century.」

ShirkyはVoIP(Voice Over IP)について触れなかったけれど、VoIPもWi-Fi同様のdisruptive technologyであり、20世紀のpermanet的テレコム産業を「Good enough」で置き換えるに違いない、と結んでいる。

VoIPについては明日。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社