お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

3G対Wi-Fi、対立の構造を読み解く

2003/04/04 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

「The Cheap Decade」ので出てきた「Wi-Fi対3G」について、Clay Shirkyが、その最新論考「Permanet, Nearlynet, and Wireless Data」で、Permanet、Nearlynetという言葉を使って、本質的かつ面白い議論を展開している。

ちなみにClay Shirky(コンサルタント)は、月に1回ペースで、非常に質の高いエッセイ「Clay Shirky’s Writings About the Internet: Economics & Culture, Media & Community, Open Source」を、配信登録をした読者に送ってくれる。

このPermanet、Nearlynetという2つの言葉がShirkyの造語なのか、あるコミュニティではよく使われている言葉なのかは、僕は知らないが、

「about the economics of connectivity and about two competing visions for access to our various networks」

「One of these visions is the one everyone wants -- ubiquitous and convenient -- and the other vision is the one we get -- spotty and cobbled together.」

である。あえて日本語に訳すとすれば、Permanetが「いつでもどこでも完璧ネット」、Nearlynetが「不揃いつぎはぎ適当ネット」とでもなるだろうか。

前半の議論は、飛行機内電話とセルラーフォンの違いをアナロジーとして使ってこの2つのコンセプトの違いを説明しているが、結論を急ぎたい人は、先に

「The characteristics of the permanet scenario -- big upfront investment by few enough companies that they get something like monopoly pricing power -- is usually justified by the assumption that users will accept nothing less than total connectivity, and will pay a significant premium
to get it. This may be true in scenarios where there is no alternative, but in scenarios where users can displace even some use from high- to low-priced communications tools, they will.」

から後半を読んでから、最初に戻ったほうがいいかもしれない。

Permanetシナリオは、巨大な先行投資を前提とする。その先行投資は、巨大企業(キャリア)によってしか行なわれないわけだが、事業が成り立つためには、

「users will accept nothing less than total connectivity, and will pay a significant premium to get it」

つまり、ユーザがPermanetの価値に対して高いプレミアムを支払わなければ成立しない。代替技術がない場合にはこのシナリオも成り立つかもしれないが、何か代替技術があれば前提が崩れる。

イリジウムがPermanetにおける失敗の例として挙げられている。

「Motorola's famously disastrous network of 66 satellites that would allow the owner of an Iridium phone to make a phone call from literally anywhere in the world. This was permanet on a global scale. Building and launching the satellites cost billions of dollars, the handsets cost hundreds, the service cost dollars a minute.」

「Iridium was a bet on a single phone that could be used anywhere, but its high cost eroded any reason use an Iridium phone in most of the perfectly prosaic places phone calls actually get made.」

そして、ここからが本題。

「The biggest and most expensive permanet effort right now is wireless data services, principally 3G, the so-called 3rd generation wireless service, and GPRS, the General Packet Radio Service (though the two services are frequently lumped together under the 3G label.)」

現在構築進行中のPermanetが3Gだという議論である。「access data any time anywhere」という価値に対してユーザはどんなコストでも負担するのだろうか。

もっと安くつなぐ方法があるような環境下でも3Gを使うのだろうか。

「The nearlynet to 3G's permanet is Wifi.」

つまり、3Gを脅かすNearlynetこそがWi-Fiというわけだ。
Shirkyは、3GモデルのPermanetishな2つの前提が誤っているという。

「The 3G model is based on two permanetish assumptions -- one, that users have an unlimited demand for data while traveling, and two, that once they get used to using data on their phone, they will use it everywhere. Both assumptions are wrong.」

ただ、現段階では、3GもWi-Fiも発展途上で、両者ともユーザを完璧に満足させるに至っていない。

「Permanet and nearlynet are alternate strategies for evolving over time.」

つまり、これからの進化戦略が両者で異なるのである。

「The permanet strategy is to start with a service that is good but expensive, and to make it cheaper.」

「The nearlynet strategy is to start with a service that is lousy but cheap, and to make it better.」

「The permanet strategy assumes that quality is the key driver of a new service, and permanet has the advantage of being good at every iteration.」

「Nearlynet assumes that cheapness is the essential characteristic, and that users will forgo quality for a sufficient break in price.」

3Gは品質から攻め、Wi-Fiは価格から攻める。

そして、3Gを「make it cheaper」するのとWiFiを「make it better」するのでは、どちらに軍配が上がるか。Shirkyはインセンティブの問題だと主張する。

「The operator of a cheap but lousy service has more incentive to improve quality than the operator of a good but expensive service does to cut prices.」

また、「社会全体のPermanet」を3Gによって実現しなくても、「個人にとってのPermanet」は、多くの人の場合、Wi-Fiで実現されてしまうではないかという最後のポイントは、ことアメリカでは非常に説得力がある。

「Permanet as a personal condition, however, is a different story. From the user's point of view, a kind of permanet exists when they can get to the internet whenever they like.」

「For many people in the laptop tribe, permanet is almost a reality now, with home and office wired, and any hotel or conference they attend Wifi- or ethernet-enabled, at speeds that far outstrip 3G.」

Wi-Fiで、「個人にとってのPermanet」が実現されたら、誰が3Gを使うのか。

車社会の田舎・アメリカで生活している実感からすると、まもなく、僕自身の仕事圏、生活圏のほぼすべて、つまり「個人にとってのPermanet」はWi-Fi普及によって実現されてしまう。これは、紛れもない事実なのである。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社