お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Wi-Fi投資には危険が一杯

2003/04/02 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

昨日はシスコのLinksys買収の話をしたが、今、米国IT産業で最もホットな話題がWi-Fiをめぐるものであることは間違いない。

しかしこのWi-Fiという技術が消費者にとって魅力的だということと、ベンダーがWi-Fiまわりで魅力的な事業を構築できるかということは、全く別の話である。

MSNのコラム「Why buy wi-fi if you can get it for free?」を読みながら考えてみよう。このコラムはなかなか質が高い。

「The problem is that wireless local-area networking -- commonly known today by the cute marketing term “wi-fi,” short for wireless fidelity -- increasingly looks like the most destructive new technology to come along in recent memory. It is so inexpensive to deploy as a means to access the Internet at high speeds, and use is so addictive, that its very popularity could be its downfall.」

消費者にとって素晴らしい「the most destructive new technology to come along in recent memory」だからこそ、ベンダーとしては破局への道を歩んでいるのかもしれないという問題意識である。

「The paradox is rooted in the weak overall economy. For rather than deploying wi-fi as a means to make money, several large companies recently have announced plans to give it away to build loyalty for their faltering core services.」

第1に、不景気なので、Wi-Fi自身でビジネスを、というのではなく、Wi-Fi無償提供によるコアビジネス競争力強化に走る傾向が指摘されている。

「When you can pick up a piece of cutting-edge technology for the same price as a complimentary toothbrush, you have to figure that something is desperately wrong with the business model. Free wi-fi in hotels is a remarkable first step on a path that will probably progress at warp speed much like cable TV in the 1970s. For a few years, hotels andmotels advertised cable to visitors because it was a differentiating luxury, and they charged a pretty penny. Now it is a standard feature of rooms.」

「ホテルでWi-Fiが無償」というのは、1970年代からケーブルテレビがホテルが備え付けるべき当然の機能になっていったのと同じ方向性だ。

さらに、この文章の後半に具体的な例を含めて詳しい話が出ている。

「With prices like that, it’s easy to see how early efforts to charge a premium for high-speed public wi-fi “hot spots,” such as the T-Mobile-powered spaces in most Starbucks (SBUX, news, msgs) coffee shops, are likely doomed to the scrap heap of digital history.」

のパラグラフに飛んで、続きを読んでください。

第2に、もっと本質的なこととして、

「John Yunker, telecommunications analyst at Pyramid Research, said it happened because wi-fi is built on a standard that gives every hardware and software maker an equal opportunity to make the compliant products. You can't deviate from that standard and still have your products work in the network, so there's little opportunity to innovate cool differentiators. Since wi-fi is one of the few growth areas for technology makers worldwide, virtually every major and most minor chip companies have crowded into the field.」

Wi-Fiは、802.11という標準ゆえ、製品開発において創造性を発揮する余地が極めて限られている上、市場が爆発的に伸びそうなので、ほぼすべてのベンダーが参加し、異常に混みあっているという問題である。その結果、コストダウンはものすごい勢いで進んでいる。

ハイエンドチップのBroadcomとIntersilの話が次に出ているが、

「"In a bull market, having a dominant position in a hot technology that could be a killer app is a huge plus. Today, the Street says price pressure will only worsen from here, making wireless chips a profitless growth engine." Gomberg has gone so far as to recommend Intersil spin off its WLAN business so that investors can focus on its much moreprofitable analog chip business.」

Wi-Fiチップは「profitless growth engine」なので外にスピンオフして、Intersilはもっと儲かるチップに集中すべきだという意見までが紹介されている。

余談になるが、僕が共同代表を務めているPacifica Fundというベンチャーキャピタルでも、Wi-Fiという巨大なOpportunityを投資家としてどうとらえるべきかについて、もう2年以上、常に議論を続けているのだが、このコラムの第2のポイントが投資意思決定における構造的障害であり続けてきた。結局、僕らも、チップの会社への投資はリスクが大きすぎると考えて見送り、Wi-Fiの構造的欠陥であるセキュリティ問題の解決に特化するソフトウェア会社Cranite Systemに1年前に投資した。

今のところ順調に伸びている。

このコラムの結論は、

「The killer apps for investors will probably be software that enhances security and permits seamless roaming between all types of wired and unwired networks.」

であり、この点は、僕らのファンドの考え方に近い。

ベンチャーキャピタルも産業である以上、当然のことだが、競争が存在する。それぞれのファンドが持っている資金の大きさ、パートナーの強みなどなど、手持ちのリソースに違いがある。自らのリソースの現実をベースに、それぞれの世界観を構築し、それに賭けて、投資対象を決めていくところが勝負の分かれ目である。

たとえば、もっと大規模なファンドだと、「市場規模が巨大であることは間違いないので、最後までサバイブしさえすれば巨大ビジネスになる」という全く違う世界観から、新しいチップの会社にハイリスク・ハイリターンを狙って、息の長い大型投資も可能であろう。多様なベンチャーキャピタルが多様な価値判断で多様なベンチャーに投資する姿は、健全な競争であると言えるだろう。

このあたりのベンチャーキャピタル投資の裏話は、折に触れて、またすることにしよう。

ちょっと話が脱線してしまったが、Wi-Fiについては、技術的優秀性ゆえの普及の問題と、事業の蓋然性の問題とを、いつもセットにして考えていかなければならないということである。

このコラムの最後は、「Stupid Network」で有名なコンサルタントDavid Isenbergのアイデアで締めくくられている。Davidについてはいずれまた書くことにする。

「Wi-Fiは駐車場みたいになる」という話らしい。

「Consider, he suggested, the different ways we've become accustomed to paying for parking a car: Sometimes you put a coin in the meter, sometimes you rent space by the month, sometimes the merchant provides a free space outside its property, sometimes the merchant validates at a remote lot because it has no space of its own, sometimes you hunt for a free spot on the curb, sometimes you’re willing to pay a lot to park close to a sports event, and sometimes, you park illegally and eat the ticket. "Whether we end up having free wi-fi at home and in malls, paying a little extra for a higher speed at Starbucks, or stealing someone else’s connection at other times, many different business plans make sense," he says. "There’s nothing that says you need a singlemodel for any given technology. I’m sitting on the edge of my seat waiting to see what's going to happen next; it's one of the most exciting things happening today in communications."」

なるほど、なるほど。

でもこういうアナロジーは面白くてすぐに納得しそうになるけれど、ころっと騙されてもいけないので、ご用心。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社