お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

GoogleはPyraの何を買ったのか

2003/02/23 17:19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

GoogleがPyra(BLOGソフトBloggerを開発した会社)を買収した話は日本でもニュースになっているし、BLOGの狭い世界では米国でもけっこう話題になっている。

ただ冷静にこの買収を分析すると、Dave Winerが書いたこのコメントにあるように、GoogleがPyraのソースコードを手っ取り早く入手し、企業顧客向け検索機能にBlog機能をバンドルして提供することが、この買収のすべてである、というのが、今のところの感覚としては正しそうな気がする。

Dave Winerは、PyraのCompetitorとも言うべきソフト会社の創業者で、つい最近退社し、アカデミックの世界に移ろうとしている人。本欄でも以前に少しご紹介
した。

「I am the majority shareholder in UserLand Software, which publishes two leading weblog authoring tools, Manila and Radio UserLand. I don't now work for UserLand, but I am obviously interested in its success.」

こういう小ぶりのソフトを開発したベンチャーは、いずれどこかに自社を売却してexitしなければならないというのが宿命だ。自力でどこまで大きくしてどういう価格でいつ売るかの見極めが経営のポイントになる。このディールの買収金額は明らかにされていないが、それほど大きなディールではないはず。今が「売り時」という判断がなされたということだ。Daveは当然、そういうルールを知り尽くしているので、このメモは、なかなか含蓄に富んでいる。

「I think I've seen this happen before, in the Mac software market, in the mid-80s. Charlie Jackson was the first to sell out, to Aldus, and
then Microsoft bought PowerPoint, and then a flood of deals as the monsters of the IBM-compatible software market bought the boutiques of the Mac software market.」

「In a space of two or three months, less than 100 days, the market reshaped after a frenzy of buying. Nothing was ever the same in the Mac market.」

「In other ways, the Blogger-Google deal may signal a change possibly as deep as the personal computer revolution, where huge glass palaces controlled by technologists were routed around, by software and hardware that did the same thing, for a fraction of the cost. Today, the same
software that Vignette sold a few years ago for millions of dollars, can be had for hundreds, and it's much easier to install and use.

So Google bought into this idea. Thanks Google, seriously.」

マック用のユーザ・インタフェースにすぐれたソフトを作っていた会社が80年代に雪崩を打ってIBMコンパチ用ソフトの会社に自社売却したのと同じことが、今、起ころうとしているということ。買い手はGoogleのような新しいビジネスモデルを引っさげた会社だというのが、Daveの視点である。

でもこのメモは、これからが面白くなる。

「Every so often a major company would come for a visit and ask "How much?" -- but the interest usually didn't seem to be that deep, and we never heard the question from Google, even though we know their investors and a few of the execs at Google. They bought Blogger, apparently, without talking to the field of competitors. Microsoft, for example, if they were buying into a new category, would surely negotiate with all the vendors in the space, if only to be sure they weren't paying too much, or overlooking an important competitive issue. Perhaps this is an indication that people are overestimating the importance of the deal to Google.」

つまり、Pyraのcompetitorである自分の会社に対してGoogleは「いくらでお前は会社を売るんだ?」と聞いてきていない(たとえばマイクロソフトだったら全部のcompetitorにまわってから買収金額を決める)から、このディールはGoogleにとって、皆が勝手に想像しているほどには重要なディールではないだろう、と言っている。

「What did Google buy? Pyra claims to have over 1 million Blogger users, with 200,000 active users. But Google didn't buy their content, because Pyra doesn't own it, the users do. They didn't buy access to the content because they already had it.」

「Blogger is not open source, in fact ordinary people can't even purchase a binary license, so there's probably the reason they did the
deal -- to get the source for Blogger, which is now written in Java, and to license it to their corporate users, along with the Google search appliance, which goes for about $25K per box. If this is true, then you will be able to add, say, $1K to the price of the box and get a copy of Blogger along with the search engine, allowing people to create weblogs on a local network. This is very important for business use of weblogs, which is growing now at a fast clip.」

GoogleがPyraの何を買ったのか。ソースコードにしか価値がないというのがDaveの結論なのである。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社