お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

William GurleyのSoftware in a boxを読む

2003/02/19 16:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

William Gurleyのコラムが久しぶりにCNETにアップされた。彼はベンチマーク・キャピタルという有力VCのジェネラル・パートナーで、90年代後半、切れ味鋭い分析のコラムを書くことで定評があった。僕も以前に彼のコラムを読もうという文章を書いたことがある。

ITバブル崩壊後、執筆の間隔があいていたのであるが、久しぶりのコラム。タイトルは「Software in a box」。

これまでハードのビジネスよりもソフトのビジネスのほうがいい事業モデルだという常識があったが、

「Most executives in Silicon Valley take it for granted that selling software is a better business model than selling hardware.

In their mind, this goes without saying. The self-evident reasons relate to software's remarkably high gross margins. With near-zero variable costs, software businesses offer the ultimate in scalability. Software businesses are simultaneously less-capital-intensive than hardware. This combination of low capital intensity and high gross margins, also leads to better valuations in the marketplace.」

本当か? というのがテーマである。

ひとつにはハード事業のコスト構造が変化したことが挙げられている。

「The industry has changed in ways that improve the "business model" elements of selling hardware. The key driver is the standardization and general availability of hardware components, particularly those used in generic Intel-based 1U servers. As a result, the hardware is not a proprietary design, but rather a type of packaging. (Think of it as an alternative to a cardboard box.) Combine this availability with the proliferation of Ethernet, TCP/IP, and license-free operating systems
such as Linux and BSD, and this allows a company whose primary competitive advantage is software to deliver that software in a box--a hardware box.」

だから、このコラムのタイトルが「Software in a box」となっているわけだ。

そして、(1) Development complexity and quality assurance (2)Performance (3) Security (4) Provisioning (5) Reliability, stability and customer service (6) Pricing (7) Distributionという七つの要素から、ソフトにコア・コンピタンスを持つベンチャーがハード事業を展開することの意味を考えている。なかなか面白い。

具体的に、この法則があてはまった業界として、ファイアウォール業界を挙げている。

「The firewall market is one in which this software-in-a-box phenomenon has begun to play out. Check Point Software pioneered this space with a software-focused, open-platform business model. Later, vendors like NetScreen began taking market share with a hardware-based delivery platform. In a June 2002 Internet Security report, analyst Bob Lam suggests that more than 50 percent of the 2001 firewall market was hardware-based. Moreover, by 2005, Lam predicts the market will be 70 percent hardware-based.」

ただソフトでも、その特徴によって「In a box」化してハード事業にすべきものと、そうでないものがあるのは当然だ。

「Admittedly, this theory applies much more to functional software, such as firewalls, Web servers, security devices and storage solutions, than it does to high-end applications.」

日本語版も出ているので、ぜひ全文をご一読ください。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社