お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ムーアの法則の支配から脱却すべきなのか

2003/02/16 16:09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

「ムーアの法則」ついでに、「Forget Moore's Law」というマイケル・マローンの最新エッセイをご紹介しておこう。

マイケル・マローンは、「マイクロプロセッサ」という半導体の歴史についての本も書いている業界通のジャーナリストである。

「Forget Moore's law because it is unhealthy. Because it has become our obsession. Because high tech has become fixated on it at the expense of
everything else--especially business strategy. It is precisely this fixation, at the cost of other considerations like profit, product, and market, that led to the dot-com bubble and bust.

Forget Moore's law because there are more important things to worry about--like restoring the lost vitality of the electronics industry. The only people who ought to be obsessing about Moore's law are the folks working in the semiconductor industry, and Gordon Moore himself has suggested that even in the chip business his law hasn't always been a helpful fixation. Lately, some disturbing new trends support his case.

But most of all, forget Moore's law because it has become dangerous. It is a runaway train, roaring down a path to disaster, picking up speed at every turn, and we are now going faster than human beings can endure. If we don't figure out how to get off this train soon, we may destroy an industry.」

「ムーアの法則」に執着するな。危険だ。産業全体が壊れてしまうぞ、と彼は主張する。

そしてGoogleのCEO、エリック・シュミットの最近の方針を

「An extraordinary announcement was made a couple of months ago, one that may mark a turning point in the high-tech story.」

と大げさな表現で引用する。

「His words were both simple and devastating: when asked how the 64-bit Itanium, the new megaprocessor from Intel and Hewlett-Packard, would
affect Google, Mr. Schmidt replied that it wouldn't. Google had no intention of buying the superchip. Rather, he said, the company intends to build its future servers with smaller, cheaper processors.」

この議論は、コンピュータ産業の世界ではずっと昔から繰り返し続けられてきた集中対分散の本質的議論であるが、

「In essence, what he said was that Google, the hottest young company in technology, had committed the ultimate apostasy: it had declared its independence from Moore's law.」

Googleのシステムの考え方が、これまでの最先端ユーザのそれと全く違っているということが、本エッセイでは説明されている。

「"We aren't interested in getting maximum power for a high price,"」

「"What we're looking for is maximum functionality and that's a whole different thing."」

そして、マイケルは、続いて、このテーマについてマーク・アンドリーセン(ネットスケープ創業者)と議論する。

「”When I read the Google announcement," he says, "I understood exactly where Mr. Schmidt was going. This is a fundamental, even revolutionary,
change in the IT world, and most people don't even realize it yet. It's going to be disastrous for a lot of the big companies out there."」

「"The rules of this business are changing fast," Mr. Andreessen says, "When we come out of this downturn, high tech is going to look entirely different."」

シュミットとアンドリーセン、二人のビジョナリーは、何か全く新しい世界を垣間見はじめている。

「ムーアの法則」を超克することでハイテク産業が生まれかわるという視点である。

難解な論考ではあるが、ぜひとも熟読吟味されることをお勧めしておこう。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社