お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

イスラエルのベンチャー投資はなぜ活発なのか

2003/02/05 17:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

Always Onからトニー・パーキンスの「Hot deals and Hot times in Israel」。まずはやっぱりそうなのかと深くため息をつきながらも驚いてしまう「現在は第三次世界大戦の最中にあるのだ」というイスラエル人の世界認識。

「“When did World War II start being called World War II?” Jonathan began. “What’s going on is beyond a skirmish, it’s a titanic struggle of good versus evil.” To support his this view, he noted terrorist events in Kenya Bali, Moscow, Tunisia, and New York. “It is pretty clear we are in a World War III and Israel happens to be on the front lines.”」

しかし、それはさておき。。。。

そんな状況下でも、なぜベンチャー投資とスタートアップが活発で元気がよいのか、というのが本稿のテーマ。
第一にカルチャー。

「Technology and entrepreneurship is about a courage and fostering a ‘change the world’ culture」

第二に内需が小さいからグローバル指向が当たり前であること。

「It is also a given for an Israeli entrepreneur that you have to go global and sell your product in far away places to be successful, which is good training in times you have to strain a little harder to find revenues.」

第三にコア・テクノロジー指向。

「Israeli entrepreneur’s have always been about producing hard core technology.」

具体的に、2003年にIPOを果たす可能性の高い企業として、Business LayersChiaroDealtimeの三社を挙げている。

「all of which are still private and may well go public in 2003. Business Layers is security software and service play, that is experiencing triple digital revenue growth. Backed by $210 million in VC money led by Sevin Rosen (who backed Ciena), Chiaro is a stealth-company that boasts the world's fastest router. Run by Ken Lewis, an ex-Alcatel honcho, Chiaro just beat out Cisco and Juniper for a big US government contract. And Dealtime is a comparison-shopping service for consumers, that is currently the fifth most visited e-commerce site on the web. These numbers are boosted by OEM deals with Google, Alta Vista, Lycos, iWon, and Earthlink. The company also has a seasoned CEO, Dan Ciporin,who was previously VP of card member services at Mastercard.」

この三つのサイトを調べるとよくわかるが、どれもイスラエルの会社ではなく、創業者がイスラエル人のアメリカの会社。この三社がIPOを本当に果たせるかどうかは別として、公開するとすればNASDAQであろう。

自国の才能を開花させるのに、アメリカのインフラ(高等教育、創業インフラ、未公開資金調達インフラ、株式市場)を戦略的に活用するとは、こういうことなのである。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社